Webフォーク村ブログ
吉田拓郎 '70年代フォークソングとともに歩んだ私の青春
     

02 | 2006/03 | 04
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント
歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント




  • 拓郎ツアー(02/28)
  • 及川恒平 X'masLive'08 in 前橋(11/24)
  • 猫 ライブ2008 in 前橋(10/23)
  • 四角佳子オンリーライブ’08チケット申込み受付(08/03)
  • 吉田たくろうとミニバンド完全再現ライブ~井上ともやすバンド(07/17)
  • 拓郎オンリーナイトライブ(06/22)
  • 思えば遠くへ来たもんだ~拓郎を探し求めて~(06/18)
  • 緑化ぐんまフェアー~駅前ライブ(05/12)
  • 群馬フォーク村ライブに忠英さん現る!!!(04/29)
  • 久々の軽井沢~君住む街~(04/13)
  • (07/30)
  • 新井コー児 (07/23)
  • みっちゃん (07/19)
  • みっちゃん (06/25)
  • ひま (06/24)
  • BIN (06/23)
  • 新井コー児 (06/22)
  • あこぱらハウス蔵 (04/30)
  • 佐恵子 (04/11)
  • 団塊世代 (04/10)
  • たまりんの気ままなPC日記:結婚しようよ(02/07)
  • 本ナビ!by Tamecom,小説吉田拓郎:たけしの誰でもピカソ(01/10)
  • Newsエンタメ/デジタル,フォーク検定&拓郎検定:オヤジだフォークだ青春だ!熱く語るための検定本出版(01/09)
  • ななのblog:SMAP×SMAP(05/30)
  • たまりんの気ままなPC日記:吉田拓郎が初のバンドツアー 小ホール限定(05/23)
  • たまりんの気ままなPC日記:鈴木ヒロミツさんが死去(03/16)
  • Daily Shit:鈴木ヒロミツさん死去(03/15)
  • Daily Shit:70's フォークの殿堂(03/09)
  • アイドル専科-ポップコーン:野口五郎について-アイドル専科-ポップコーン(02/09)
  • リナの記録:井上陽水(01/12)
  • 2009年02月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (4)
  • 2008年03月 (2)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (14)
  • 2006年09月 (10)
  • 2006年08月 (9)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (11)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (12)
  • 2006年02月 (17)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (11)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (14)
  • 2005年07月 (10)
  • 2005年06月 (3)
  • 2005年05月 (7)
  • 2005年04月 (2)
  • 棚から一掴み (0)
  • 深夜放送 (9)
  • 音楽番組 (3)
  • 吉田拓郎 (66)
  • フォークソング (164)
  • グループサウンズ (9)
  • フュージョン (1)
  • '60年代フォークソング (4)
  • '70年代フォークソング (38)
  • '80年代フォークソング (1)
  • '90年代フォークソング (0)
  • 2000年代フォークソング (0)
  • アーティスト (23)
  • 群馬フォーク村ブログ
  • 同志ってこんなに悲しいんだろう
  • 私の吉田拓郎物語
  • すみれ
  • タクロウマニア
  • よもやまりゅう
  • guitar-column
  • 風景と情景
  • きまま日記
  • 古本のともしび洞-店主の独白
  • 今はまだ人生を語らず
  • たまりんの気ままなPC日記
  • @うまの四方山話(音家日記)
  • 王様たちのピクニック
  • フォーク酒場「落陽」
  • 私設 吉田拓郎ホームページ
  • 吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~
  • TY コンサート事務局
  • IMPERIAL RECORDS
  • 南高節
  • 伊勢正三
  • 山田パンダ
  • 田家秀樹 最新情報
  • 風に吹かれて
  • 管理人へのメールはこちら


  • ブログランキング・にほんブログ村へ


    TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005 Live & His RARE Films



    TSUTAYA online

    楽天トラベル

    標準バナー120x60

    gatewayバナー130-18

    有賀園ゴルフネットトップページ7
    社名ロゴ88×631

    DVD22%OFF120×60

    三井住友VISAカード緑3


    ひま
  • 管理人:ひま
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • *使用方法*





    Just MyShopへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    アマゾン遅いぞ!!もう買わない!~吉田拓郎DVD
    takurou DVD

    ようやく、私のところへも「拓郎2005」のDVDが届きました。
    それにしても、遅すぎる、アマゾン!
    なんのための予約なのか?!?
    普通にCDショップで予約した方がずっと早かった。
    以前の「つま恋'70」も遅かったですが
    アマゾンの姿勢を疑う。
    今度からは「セブンイレブン」にしよう。

    まあ、遅い話はこのくらいにして
    今、さっそく楽しんでいます。
    ちょうど「春だったね」を歌っているところ。
    昨年のフォーラムが蘇ってきます。
    いいな~~やっぱり
    DVDだと超至近距離だから、感動がまた一つ違うよね!
    今日はこのくらいで、じっくり楽しむこととします。
    おやすみなさい。。。


    全部抱きしめて・・・振り付けを覚えておきましょうね。つま恋でやるよ!


    旧友再会フォーエバーヤング・・・いけねえ、涙出てきた


    越えて行けそこ~
    越えて行けそれを~


    アンコ~ル!アンコ~ル!アンコ~ル!

    スポンサーサイト
    【2006/03/30 20:41】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |
    シンシア~By 拓郎&ムッシュ
    minami


    シンシアプレミアム

    南沙織 歌手デビュー35周年記念商品

    紙ジャケットによるオリジナル・アルバム全タイトル+初商品化スペシャルDVD

    ●南 沙織 歌手デビュー35周年記念商品「Cynthia Premium」予約受付中!
    本土復帰前年の1971年に南の風の香りとともに沖縄からシンシアがやってきた。「17才」で鮮烈なデビューを飾り、テレビが生み出した初めてのアイドルとして、歌謡曲とポップスが融合した独自のテイストの歌手として多くのヒット曲を歌い70年代を席巻した。そんなシンシアが残した21枚の全アルバムと初めて商品化となるスペシャルDVDが手に入る最後のチャンスです!あの頃の熱狂と感動と興奮をこのBOXでふたたび感じてください!!

    だそうです。
    シンシアといえば、なんと言っても、名盤「今はまだ人生を語らず」の中の
    ムッシュかまやつとデュエットしている「シンシア」ですよね!
    1974年11月12日(火)フジTVで放送された「ミュージックフェア'74」では、
    拓郎と南沙織が「春の風が吹いてたら」をデュエットしてましたよね。
    なかなかいい光景でした。
    私は、当時「アグネス」ファンだったので、南沙織はさほど興味は
    なかったですが、「♪シンシア」は、拓郎ならではの爽やかな曲でした。
    「つま恋」でもきっと盛り上がるでしょうね。

    ♪懐かしい人や町をたずねて汽車を降りてみても
    ♪目に映るもんは時の流れだけ心が砕けて行く
    ♪帰ってゆく場所もないのなら行きずりのふれあいで
    ♪なぐさめあうのもいいさ
    ♪シンシア うっう~ そんな時
    ♪シンシア うっう~ 君の声が
    ♪戻っておいでよと歌ってる
    ♪君の部屋のカーテンやカーペットは色あせてはいないかい


    (シンシア 作詞/作曲:吉田拓郎)



    【2006/03/27 20:26】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
    青春のうた BEST Collection ~1970年代中期②Vol.2
    青春のうた4

    青春のうた BEST Collection ~1970年代中期②のつづきです。
    ③私は泣いています/りりィ[1974.3]作詞/作曲:りりィ

    りりィといえば、ロングヘアーの女ベイシストという、とても
    かっこいいイメージがありましたが、先日のTV「徳光&コロッケの
    名曲の時間ですよ」に出演していた彼女はすっかり天然の
    おばさんになっていましたね!
    1978.11.25第34回の拓郎セイヤングは、りりィがゲストでした。
    昔は拓郎とりりィは、よく酒を飲みに言ったり結構仲が良かった
    ようです。中にはラジオでは言えない「やばい話」もあったと
    言っています。???
    りりィの他の歌では、「似顔絵」や「風の街」などが好きです。

    ④冬の稲妻/アリス[1977.10]作詞:谷村新司/作曲:堀内孝雄

    1972年頃でしたか、日比谷野音でフォークコンサートがあった時
    開場待ちをしていた、私たちの目の前を、ロンドンブーツのお兄さん
    達が通り過ぎて行きました。なんとそれがアリスだったのですねえ。
    谷村新司とバンバンとのセイヤングはよく聞いていました。
    「天才バカシリーズ」夜の夜中にラジオを聞きながら一人くすくす
    笑っていました。
    「アリス」と言えば「アリス出版」を思い出してしまいますが、、、
    アハハ、わかる人にはわかる。
    アリスの曲では、昨年NHK紅白でも歌われましたが、彼らの代表曲
    でもある「遠くで汽笛を聞きながら」が一番すきですね。

    南高節コンサート~ギターを鳴らせ~
    kousetu

    昨日(19日)は、群馬の伊勢崎で開かれた、南高節のコンサートへ行ってきました。高節は2004年3月のライブ以来です。前回は、前半ほとんどかぐや姫解散後の曲で、今一つ盛り上がりにかけていました。しかも「ああ旅の宿」で、盆踊りみたいな振り付けをやらされて、ちょい無理があるんじゃないの~と正直思いました。
    ところが昨日のライブは違いましたね。オープニングから、あの懐かしい曲「好きだった人」をうたってくれて、ストーンと70年代にワープしました。そのあとは交互にかぐや姫時代の歌と解散後の歌をやってくれて飽きさせませんでしたね。調子に乗って「ベンチャーズ」の曲を3曲もやってくれましたよ。結構高節うまいんですよね!以前NHKBS2の「ベンチャーズトリビュート」にも確か出てましたよね。そうそう、ベンチャーズと言えば今は亡きあの「村下孝蔵」も凄くうまいんですよね。余談でした。
    さて、高節ですが、9月の「つま恋」の話も出ました。拓郎から持ちかけられた時の話や、「75年つま恋」の時の想い出も語ってくれました。あとはねえ、ビージーズの「マサチューセッツ」や拓郎の「たどり着いたらいつも雨降り」も歌ってくれましたね!なんか、昨年のフォーラム追加コンサートで、拓郎が高節の歌を歌ってくれたんですって?そのお礼とか言ってましたよ。
    あっという間の2時間が過ぎ、アンコールは定番の「満天の星」。振り付け恥ずかしかったけどプライドを捨てて私も一緒に踊りました。今年の「つま恋」でもきっとやるんでしょうね。拓郎の「全部抱きしめて」もやると言ってましたから、凄いことになるでしょうね!3万人の盆踊り大会?!?
    いや~それにしてもよかった!とても楽しく懐かしい内容でした。
    ああ、忘れないうちに情報(古いけど)です。
    6月8日(木)に群馬県民会館でまた、やります。チケット発売中(こちら)ですよ。それからかぐや姫オタクのKさん、お会いできて嬉しかったです。「つま恋」一緒に行きましょう。
    青春のうた BEST Collection ~1970年代中期②
    seisyun4

    CD付きマガジン「青春のうた」が届いた。
    今回は、1970年代中期(73~75)だ。
    ちょうど大学2年生の頃だったろうか

    '73年は、アルバムにもなった、拓郎のライブがあった年だ。
    中野サンプラザ、今も鮮明に覚えている。
    11月26日の初日だ。
    レコードになったのは、なんと翌日の27日のライブの方だった。
    当時付き合っていた千葉館山出身の女の子と見に行った。
    その後半年もしないうちに振られてしまうのだが
    彼女のことは、大学を卒業してからもしばらく引きずっていた。
    彼女も大の拓郎ファンだったが、今も同じ気持ちでいるのだろうか
    まあ、そんなことはどうでもいいや!

    さて、「青春のうた」収録曲です。

    ①夢の中へ/井上陽水[1973.3]作詞/作曲:井上陽水

    この曲は、、東宝映画『放課後』の主題歌だった。
    『放課後』は見ていないが、確か、栗田ひろみが主人公だったと思う。
    髪の長い2本の前歯が印象的な少女だった。
    ところで、この歌の中で盛んに言っている「探し物」とは一体何だったのか?
    興味深いブログを発見した、「アフィリエイトは我が魂に及び」をご参照あれ!

    記事によると、「探し物」とは「大麻」ではないか、
    警察が大麻を捜し回る姿を詞にしたのではないかという考察である
    確かにそう言われればそう読めなくもないし、
    実際4年後に陽水は大麻不法所持で捕まっている。
    しかし、それではあまりにも夢がない。
    一方、このブログでは、次のような読者の意見も載せている。

    「探しもの」とは、「青春」と置き換えるのが極めて妥当であり、
    素直な受け取り方だろう。青春の空虚に満ちた実態を見事に
    抽出してみせた歌詞である。と

    ②めまい/小椋佳[1975.11]作詞/作曲:小椋佳

    私は、初期の小椋佳の歌が好きだ。
    「さらば青春」とか「しおさいの詩」などだ。
    この「めまい」とか「シクラメンのかほり」以降の彼の作品はあまり心に響かない。

    1969年頃は学生運動が盛んな時期であった。
    そんな時、ある女子大生が鉄道自殺した。
    死後、彼女の下宿から10数冊にも及ぶ大学ノートに綴られた「日記」が発見された。父親によって整理され、同人誌「那須文学」に掲載され大きな反響を呼び、1971年新潮社より「二十歳の原点」として刊行された。
    当時私は高校生だったが、他所の学校の文化祭で、よくこの「二十歳の原点」が
    テーマとして取り上げられ、そのBGMとして、小椋佳の「さらば青春」とか
    「しおさいの詩」とかがよく流れていた。
    学生運動のことはよくわからなかったが、「青春とは」「人間とは」「生きるとは」
    と言うような自己への問いかけはなんとなく共感を覚えた。

    関係ないけど、小椋佳の小椋は、彼の奥さんの出身地からとったと言うことを聞いたことがある。
    しかし、『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、小椋佳の名は、
    大学在学中に法律の勉強で福島に滞在中、周りの住民の姓のほとんどが
    「小椋」姓であったことにより命名したものであるらしい。
    人間の記憶なんていいかげんなものだ!

    つづく。。。
    かぐや姫フォーエバーDVD
    kaguyahime

    ヤフーオークションでかぐや姫のDVDを見つけました。
    「かぐや姫 伝説のライブ 初DVD化!!」

    ・神田共立講堂1975年4月12日
    つま恋1975年8月2日☆☆☆
    ・渋谷公会堂1977年12月26日
    ・横浜スタジオ1978年5月13日
    など全27曲のライブが収録されています。

    山本コータローがナレーションをやっています。

    あの頃の正やんの声が私は好きですね
    今、何であんな(失礼)声になってしまったのでしょうか
    病気でもしたのでしょうか

    まあ、拓郎もあの頃のがらがら声のシャウトはもうできませんけどね

    それにしても、70年代の、かぐや姫!最高ですね!
    歌がどうとか、演奏がどうとか関係なく、あのトリオは、永久不滅です。
    正に、「センセーショナルバンド」です。
    【2006/03/10 21:50】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
    今、若者の間では~~「GOING UNDER GROUND」のコンサート
    going

    先日の2月21日、NHK-BSで、「GOING UNDER GROUND」のコンサート風景とインタビューが放送されました。
    彼らは、「ブルーハーツ」に憧れ中学生の時から活動を始めたようです。
    ナレーションでも言ってましたが、彼らの歌には甘酸っぱい「切なさ」を感じます。
    コンサートは、2006年1月15日@ZEPP東京、ツアー「orion」最終日の模様を中心に放送されました。
    武道館?と見間違うほどの人の入りです。
    ヴォーカルの松本素生君は、決していい男ではないけど
    その楽曲の新鮮さ、同世代の若者の視点での歌詞が多くの人の支持を受けています。
    私は、最初、「ブルーハーツ」はパンクかと思って感心を示さなかったのですが、
    「リンダリンダ」を聞いて、一発で好きになりました。
    「GOING UNDER GROUND」は、「ブルーハーツ」になりたいとの思いで
    バンドを始めたようですが、松本素生君の楽曲はベースに「ブルーハーツ」があるものの見事に彼の独自色を出しています。
    若者の支持を受けるのも納得できます。

    さて、明日9日、NHK BSハイビジョンで23:00から再放送されますので
    騙されたと思って聞いて御覧なさい。きっと、好きになりますよ!


    【2006/03/08 21:59】 アーティスト | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    先行予約って一体なに!?!~拓郎&かぐや姫inつま恋2006
    つま


    先月11日より、ホームページ及びハガキによる先行予約受け付けがありました。
    「つま恋」へ行きたいと言うほとんどの方が、この予約に応募したと思います。
    そして、今日3月7日現在、そのほとんどの方(100%)が「当選」したと思います。

    しかし、一応一般チケット発売は4月29日からとなっております。

    昨日、プレリザーブご案内と言うことで、「ぴあ」からメールが来ました。
    【先行販売「プレリザーブ」受付期間】3月6日(月) 6:00PM ~ 3月13日(月) 9:00AM
    で、申し込むと、4月下旬にチケットが発送されるようです。
    オフィシャルホームページ先行受付でも、チケット発送は7月下旬~8月上旬頃と言うことですよね!
    一体どうなっているんでしょう???

    案外予想に反して申し込みが少なかったのでしょうか。1万人程度?とか。。。

    一応、私は、この「プレリザーブ」でも予約しておきました。
    4月に、席がわかるんですからね。見逃す手はないですよ!

    さて、皆さんは、交通手段とか、宿泊とかはもう確保なさったのでしょうか?
    私は、拓郎と同じA型なので、この辺のことは事前に準備しておかないと気がすまない性質です。
    4月に下見を兼ねて「つま恋」に行って来ようと、予約をしました。
    桜がちょうどいい頃でしょうか。

    旅の楽しいところは、この事前準備やら旅の計画をする時が一番いいですね!!!

    【2006/03/07 21:09】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
    いつかは、マーチン
    マーチン


    今日、高崎の楽器店で、初めて「マーチン(D42)」と「ギブソン」を
    弾かせてもらいました。両方とも50万台の代物です。
    今まで、ヤマハの3万円のギターしか弾いていませんでしたから感動物でしたね。
    技術もあるけど、やっぱり物が違うといい音を奏でます。
    私は、「マーチン」の音のほうが好きです。
    同じマーチンでも「D42(50万)」と「D18(25万)」とでは
    大分音が違います。と言うか、やっぱ値段の差がありますね。
    楽器店のお兄さんが親切で、約1時間も居座ってしまいました。
    買えない値段でもないけど、大金です。プロじゃないんだし
    傷つけたら困るから、買っても多分弾かないで飾っておくと思います。
    まだ、当分3万円のヤマハギターで我慢しましょうか。

    ところで、最近のミュージシャンのステージでは、
    エレアコが多いのでしょうか?
    昔は、マイクで拾ってましたよね。
    そういう意味では、純粋な「D45」などを
    弾くことは少ないのでしょうかねえ?

    【2006/03/05 22:29】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(14) |
    ローリング・ストーンズ日本公演
    r1

    ローリング・ストーンズの追加公演が決定しました。
    4月2日(日)さいたまスーパーアリーナです。
    詳しくは下記へアクセスしてください。
    http://www.jec-international.co.jp/#saitama


    r2

    おっ!日曜なら行けると思い、チケット代金を見たら
    な・な・なんと

    S席¥35,000 A席¥28,000 B席¥18,000
    ゴールデンサークル席¥65,000(各税込)


    ちくしょう!!!人の足元見やがって!!!
    う~ん、今回逃したら次回はないのか。。。
    さあ、あなたならどうする?!?

    【2006/03/04 22:10】 アーティスト | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |
    井上陽水コンサートin群馬
    井上陽水

    5月19日(金)に、群馬県民会館で井上陽水のコンサートがあります。
    チケット一般発売は3月25日ですが、チケットぴあで先行予約を
    受け付けています。
    早速、予約しました。
    3月10日に結果がわかります。
    陽水は、やはり学生時代、東京のどこだったか忘れましたが
    確か、五輪真弓とのジョイントだったような記憶があります。
    元々陽水のコンサートは、とても暗くてね
    お通夜のようでしたよ。
    今は、ポップでとても明るいですよね。
    30年ぶりとても楽しみです。


    拓郎&かぐや姫inつま恋2006~当選メール
    tumagoi2006

    「つま恋」当選メールが届きましたね!
    息子名でも申し込みましたから、これで8枚ゲットです。
    具体的なチケット購入方法は書いてありませんでしたから
    郵便を待ってということになるのでしょうか?
    実際チケットが届くまで心配ですね。
    他にも手配をしてあるので、これでバスツアー仲間のチケットが
    賄えるかも知れません。

    群馬からのバスツアー参加者、継続して募集しています。
    9月23日、朝、高崎駅に4時半に集合できる方対象です。
    バスツアー代金は、宿代込み(静岡カントリー朝食付)で25000円です。
    コンサートチケットは各自で、ご購入下さい。
    こちらで入手したチケットがあまれば、ご用意できる場合もあります。
    バスの中では、大ビンゴ大会、賞品は、拓郎レアグッズや
    かぐや姫レア?グッズなどを準備しています。
    また、弾き語り、拓郎&かぐや姫ユニゾン大合唱も企画しています。
    前泊(24日)をご希望の方には、高崎駅近辺のホテルを手配します。
    お申し込みは、このブログ左サイドの「拓郎&かぐや姫inつま恋2006
    プライベートバスツアー」よりお申し込みください。

    上記のほかに焼津の旅館も20人分確保しています。
    独自にバスツアーなど企画している方、ご相談に応じます。
    宿代は、朝食付で約15000円です。
    また、5~6人の相部屋でもいいと言う方、ご連絡ください。

    それから、75年の時のライブ音源(オールナイトニッポン放送)も
    無料貸し出ししています。


    さあ、いよいよ動き出しましたよ。
    テンションあげていきまっしょい!!!
    【2006/03/02 21:11】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(10) |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。