Webフォーク村ブログ
吉田拓郎 '70年代フォークソングとともに歩んだ私の青春
     

03 | 2006/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント
歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント




  • 拓郎ツアー(02/28)
  • 及川恒平 X'masLive'08 in 前橋(11/24)
  • 猫 ライブ2008 in 前橋(10/23)
  • 四角佳子オンリーライブ’08チケット申込み受付(08/03)
  • 吉田たくろうとミニバンド完全再現ライブ~井上ともやすバンド(07/17)
  • 拓郎オンリーナイトライブ(06/22)
  • 思えば遠くへ来たもんだ~拓郎を探し求めて~(06/18)
  • 緑化ぐんまフェアー~駅前ライブ(05/12)
  • 群馬フォーク村ライブに忠英さん現る!!!(04/29)
  • 久々の軽井沢~君住む街~(04/13)
  • (07/30)
  • 新井コー児 (07/23)
  • みっちゃん (07/19)
  • みっちゃん (06/25)
  • ひま (06/24)
  • BIN (06/23)
  • 新井コー児 (06/22)
  • あこぱらハウス蔵 (04/30)
  • 佐恵子 (04/11)
  • 団塊世代 (04/10)
  • たまりんの気ままなPC日記:結婚しようよ(02/07)
  • 本ナビ!by Tamecom,小説吉田拓郎:たけしの誰でもピカソ(01/10)
  • Newsエンタメ/デジタル,フォーク検定&拓郎検定:オヤジだフォークだ青春だ!熱く語るための検定本出版(01/09)
  • ななのblog:SMAP×SMAP(05/30)
  • たまりんの気ままなPC日記:吉田拓郎が初のバンドツアー 小ホール限定(05/23)
  • たまりんの気ままなPC日記:鈴木ヒロミツさんが死去(03/16)
  • Daily Shit:鈴木ヒロミツさん死去(03/15)
  • Daily Shit:70's フォークの殿堂(03/09)
  • アイドル専科-ポップコーン:野口五郎について-アイドル専科-ポップコーン(02/09)
  • リナの記録:井上陽水(01/12)
  • 2009年02月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (4)
  • 2008年03月 (2)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (14)
  • 2006年09月 (10)
  • 2006年08月 (9)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (11)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (12)
  • 2006年02月 (17)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (11)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (14)
  • 2005年07月 (10)
  • 2005年06月 (3)
  • 2005年05月 (7)
  • 2005年04月 (2)
  • 棚から一掴み (0)
  • 深夜放送 (9)
  • 音楽番組 (3)
  • 吉田拓郎 (66)
  • フォークソング (164)
  • グループサウンズ (9)
  • フュージョン (1)
  • '60年代フォークソング (4)
  • '70年代フォークソング (38)
  • '80年代フォークソング (1)
  • '90年代フォークソング (0)
  • 2000年代フォークソング (0)
  • アーティスト (23)
  • 群馬フォーク村ブログ
  • 同志ってこんなに悲しいんだろう
  • 私の吉田拓郎物語
  • すみれ
  • タクロウマニア
  • よもやまりゅう
  • guitar-column
  • 風景と情景
  • きまま日記
  • 古本のともしび洞-店主の独白
  • 今はまだ人生を語らず
  • たまりんの気ままなPC日記
  • @うまの四方山話(音家日記)
  • 王様たちのピクニック
  • フォーク酒場「落陽」
  • 私設 吉田拓郎ホームページ
  • 吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~
  • TY コンサート事務局
  • IMPERIAL RECORDS
  • 南高節
  • 伊勢正三
  • 山田パンダ
  • 田家秀樹 最新情報
  • 風に吹かれて
  • 管理人へのメールはこちら


  • ブログランキング・にほんブログ村へ


    TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005 Live & His RARE Films



    TSUTAYA online

    楽天トラベル

    標準バナー120x60

    gatewayバナー130-18

    有賀園ゴルフネットトップページ7
    社名ロゴ88×631

    DVD22%OFF120×60

    三井住友VISAカード緑3


    ひま
  • 管理人:ひま
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • *使用方法*





    Just MyShopへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    つま恋2006バスツアー
    koukoku2

    群馬発、つま恋2006バスツアーをタウン誌に載せました。
    高崎地区、前橋地区で合計28万世帯に配られます。

    koukoku1

    果たして何人の人が興味を示すか。
    今のところ問い合わせは3件だけです。
    群馬には、拓郎或いはかぐや姫の熱狂的ファンは少ないのかも知れません。

    tumagoicm

    楽器屋さん、レストラン、理容室、セブンイレブンなどにも
    広告を貼らせてもらいました。

    kanbai

    今朝の「読売新聞」に、つま恋2006の完売御礼が掲載されていました。
    3万枚全部売れたということでしょうね!
    先日の「クローズアップ現代」の宣伝効果は大きかったと思います。

    folkj2006

    ところで、7月29日の「サマーフォークジャンボリーインぐんま」の
    チケットが2000枚売れたそうです。
    あと1000枚以上売れないと、ペイしないそうです。
    是非買ってあげてください。
    お申込はこちらです。
    私は、小室さんと、正やんに会えるのが楽しみです。

    kousetu6.8

    もう一つ、売れ行きが芳しくないのが
    6月8日の群馬県民会館で開かれる「南高節ギターを鳴らせ」コンサートです。
    約2000人収容の会場チケットが、まだ半分しか売れてないようです。
    こちらも是非買ってあげてください。
    お申込は、下記までよろしくお願いします。
    ①社会福祉法人しののめ会「とも」TEL.027-267-1770
    ②群馬県民会館TEL.027-232-1111
    この「ギターを鳴らせ」ツアーコンサートは
    3月に伊勢崎文化会館に行ってきましたが
    懐かしい曲をたくさんやってくれてとても良かったですよ。
    もちろん私も6月行きます。

    スポンサーサイト
    【2006/04/30 11:55】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
    青春のうた BEST Collection 第5号~1960年代後期①
    青春のうた5

    今日は、青春のうた BEST Collection 第5号の紹介ですが、
    いろいろ忙しぶっている間に、第6号、第7号が届いてしまいました。
    遅ればせながら、一応紹介しておきましょうね。

    ①悲しくてやりきれない/ザ・フォーククルセダーズ[1968.3]
    作詞:サトウ・ハチロー/作曲:加藤和彦

    フォークルといえばやはり「帰って来たヨッパライ」ですね。
    中三か高一の頃だったと思います。
    初めてラジオで聞いた時には、凄い衝撃がありました。
    こういう手法もありなのか!?と。。。
    なんと二百八十三万枚約14億を売り上げたんだそうですね。
    現在でもミリオンを達成すれば凄いことですから
    37年前の当時とすれば、一つの事件だったことは間違いないでしょう。
    確かに、あの頃ラジオやTVでは毎日のようにかかっていました。
    同じようにテープの回転を変えた歌がいろいろ出ました。
    例えば、ダ・ダーツの「ケメ子の歌」とかね。
    その後、フォークルは2枚目のシングルとして
    「イムジン河」を出すのですが
    これがすぐに発売禁止となりました。
    とてもいい歌で、新鮮な衝撃を受けましたね。
    なぜ、発売禁止となったのか、当時はよくわかりませんでした。
    やたら、発売自粛とか、放送自粛とかありましたね。
    高田渡の「自衛隊に入ろう」も発売放送禁止となりました。
    禁止となると、余計に聞きたくなるのが人間の心情です。
    「イムジン河」に関しては、その後長い間悶々とした意識がありました。
    10年くらい前にNHKBS2で「はしだのりひこ」が歌った時は
    とても感動しました。
    その後、2002年にリマスタリングされCDとなって34年ぶりに
    日の目を見ることになりました。
    もちろん真っ先に買いましたよ。
    再結成フォークルのCDやTVも見ました。
    後日談で聞いたのですが、坂崎の声が加藤和彦と合っていたので
    これは、一緒にやろうと言うことで復活が実現したようですね。
    どうして、はしだのりひこと再結成しないのかと
    不思議に思っていたのですが
    もともとは、加藤と北山修がオリジナルメンバーで
    解散記念の筈が「帰って来たヨッパライ」が
    大ヒットしたので、1年間限定で解散を延長したという。
    延長するについて、もう一人のメンバーが参加できず
    急遽、同じ同志社大学の別のサークルで活動していた
    「はしだのりひこ」を引き入れ、おなじみのフォークルが
    復活したのだそうです。
    私がフォークルを知ったのは既に「はしだ」が参加していた
    時だったので、フォークルと言えば、この3人という
    イメージがとても強いのです。
    だから、坂崎もいいのだけれど、ノスタルジーからすると
    どうしても「はしだ」との3人なのですねえ。
    つづく。。。かな?
    クローズアップ現代~青春回帰~吉田拓郎
    dankai1

    来年2007年から団塊の世代(昭和22年1947年生まれ)の人々が一斉に60歳になり定年を迎えます。その数1000万人と言われています。
    最近「2007年問題」と言う言葉をよく耳にしますが、この問題と言うのは「ノウハウの継承」に付いて、いろいろと弊害が出るのではないかと心配されていることです。
    実際、昨年の、みずほ銀行やUFJ銀行の合併時に発生した、口座の二重引き落しなどといった口座振替システムにおけるトラブルもその一つと言われています。

    石油販売会社の役員をやっている私の先輩は、こう言っています。
    「2007年以降は、ガソリンが確実に売れなくなる。」
    定年を迎えた団塊の世代は、通勤がなくなります。
    定年になったら旅行でも、という方がよくいますが、そうそう毎日旅行するわけにも行きませんし、すぐに飽きてしまいます。また、「大きい車はもう要らない」と言うことで
    小型車や軽自動車に乗り換える方が多くなります。ますますガソリンの消費が少なくなり、その上、個人スタンドのオーナーも加齢が進み後継者もいないと言うことで、閉店が多くなります。昨今の石油価格上昇はその消費の減少に拍車をかけることでしょう。

    dankai2

    一方悪いことばかりではありません。
    団塊の世代はそのほとんどが「仕事人間」です。
    猛烈時代を背負って、バブルでリストラにあった人もいるでしょう。
    彼らの多くは、無趣味でましてPCなどもできません。
    その生きがいのすべてであった、会社や家族から放り出された時
    彼らの行き着くところは、「青春への回帰」なのです。
    dankai3

    今朝の読売新聞或いは、NHKのクローズアップ現代でも紹介されていましたが
    「博報堂推進室調査」によると、50代が考える「自分達の世代を表すモノや会話」としてそのベスト5に「グループサウンズ」「フォークソング」「ビートルズ」など音楽に関わる言葉が三つも出てきたと報じています。

    また、都内やその近郊で最近「フォーク酒場」や「フォーク喫茶」などが賑わいを見せており、楽器店などでも高額な「フォークギター」や「エレキギター」などが売れているそうです。2007年以降は確実に第2次フォークブームとなることでしょう。
    そして、このブームはさらにプレ団塊の世代、ニューミュージック世代へと広まり、終わりのないブームとなることでしょう。ある意味、日本の文化が大きなうねりをあげて転換して行くかも知れません。これは大変楽しみなことでもあります。その切っ掛けとなるのは間違いなく「つま恋2006」なのです。
    dankai4


    【2006/04/19 22:05】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(11) |
    聖地「つま恋」レポ Vol.5
    tumakoimap

    一通り、下見を済ませたので、また、今夜の宿泊地「つま恋」へ戻りました。
    宿泊客は、北ゲートから入ります。
    私が予約したのは、「サウスウィング」の
    「春の湯ったりバイキングサウスウィングプラン」でした。
    「サウスウィング」は斜面の地形を利用した面白いつくりになっています。
    southw

    部屋はツインで、一般のホテルと大して変わりありません。
    唯一良かったことと言えば、トイレがウォシュレットだったことくらいでしょうか。
    heya

    この宿泊プランの得点は、「つま恋温泉森林乃湯」が入り放題なのと
    お土産が5%引き、その他室内プールが500円で利用できることなどです。
    私は、温泉はさほど好きなほうではありませんが
    一応、記念なので入ることにしました。
    sinrinnoyu

    「森林乃湯」は「サウスウィング」からはちょっと離れたところにあります。
    歩くには、やや寒いし距離もあるので、車で行きました。
    今流行りの「日帰り温泉」へ行く感じですね。
    旅館の外風呂というイメージではありません。
    「内の湯」と「外の湯」と言うのがあって日替わりで男女が別れます。
    今日は、男性は「内の湯」でした。
    お風呂のバリエーションは、「日帰り温泉」とあまり変わりません。
    私は、露天風呂の方へ入りました。
    目の前は、まさに森林です。
    気持ちはいいですが、ちょっと殺風景ですね。
    せめて桜の木でも植えて置けばいいのにと思いました。
    パンフレットを見ると、「外の湯」のほうが規模も大きく
    眺望もいいようです。残念でした。

    夕食が5時半からでしたので、風呂から上がり
    真っ先に食堂へ、出かけました。
    食事はバイキング形式で、メニューもとても豊富でした。
    私は根が貧乏性なので、こういう時は、いつも欲張って
    たくさん取ってしまいます。
    食べ終わったら、また取りに行けばいいものを
    つい、お皿いっぱいに盛ってしまうのです。
    それから、今回は、「つま恋ビール」という地ビールも注文しました。
    コクがあってなかなか美味しかったですよ。
    もういっぱい飲みたかったのですが、明日も早いので我慢しました。

    miyage

    部屋に戻る前に、お土産やに寄って行き家族へのお土産と、
    なにか記念になるものをと思いましたが、たいしたものがなく
    スタッフホルダー?を購入しました。
    stafh


    ああ、いい忘れました。
    ギフトショップでは、しっかり再発された「つま恋75」DVDが売られていました。

    【2006/04/13 21:28】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |
    聖地「つま恋」レポ Vol.4
    umi1

    せっかくここまできたのだから、海まで行って見ようと
    車のエンジンをかけたら、燃料がもうガス欠寸前でした。
    メーターは、群馬から370Kmを過ぎていました。
    国道150号線に出て、スタンドに立ち寄った時には
    時計は、11時をまわっていました。
    お腹がグーグー鳴っています。
    今朝は、5時前に朝食を取って以来何も食べていません。
    人間の方の燃料も補給しなければなりません。
    スタンドの、お兄さんに、どこか美味しいところはないか
    尋ねたところ、御前崎灯台の向こうに「なぶら市場」という
    お土産やがあり、そこに行けば美味しい海のものが
    食べられるだろうと言うことでした。
    早速車を発進、一路御前崎灯台を目指して、アクセルを踏みました。
    浜岡原発を通り過ぎてから、信号を右に曲がりしばらくすると
    右側に太平洋が開けて来ました。
    umi2

    お天気が薄曇なので、海の色も灰色です。
    それでも、1年ぶりの海なので、とても心が踊りました。
    しばらく海沿いを走るとやがて、右側に市場らしき建物が見えてきました。
    おじさんの誘導に従い、駐車場の端っこに車を停め
    早速うまそうな食堂をあさりました。
    どこも美味しそうだけど、なるべく珍しいものと思って
    探したところ、かつおの漬け丼と言うのが目にとまりました。
    マグロの漬け丼は、群馬でも普通にありますけれど
    かつおの漬け丼は珍しいですね。
    お新香と味噌汁付で1000円です。
    nabura

    ところで「なぶら市場」の「なぶら」とは
    港町御前崎の方言で「カツオの群れ」のことだそうです。
    味はやはり群馬では味わえない美味しさです。
    もっとも、普段から大してうまいものを食べていませんから
    なんとも言えませんけど、柔らかくて、生臭くありませんでした。

    さて、バスツアーでは、帰りに焼津ICで降りて
    「焼津魚センター」に寄る予定ですが
    この「なぶら市場」にも寄って見たいですね。
    マイカーでいかれる方、是非寄って見てください。お勧めです。

    明日は、どこにも寄らず、まっすぐ群馬へ帰る予定ですから
    今日の内に「焼津魚センター」も下調べをしようと
    ちょっと足を伸ばして見ました。
    規模は、「なぶら市場」よりも大分大きいですが
    食堂が今一のような気がします。
    お土産を2~3購入して早々に「つま恋」に戻りました。
    途中「吉田町」という町を通ったので
    記念に、吉田町役場の写真を撮ってきました。
    yosidamati

    拓郎が作った「吉田町の唄」は確か新潟県でしたよね。
    そう言えば、「吉田町の唄」って、「めだかの兄弟」に似ていませんか
    私だけ?
    【2006/04/12 22:48】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    聖地「つま恋」レポ Vol.3
    basu

    食品の持込について、フロントのお兄さんに聞いたところ
    基本的には一切禁止だそうです。
    詳細は、「サンデーフォーク」さんに聞いてくれとのことです。
    しかし、オフィシャルサイトでは「瓶、カン類、お弁当などの食べ物」と
    あるだけで、一切の食品禁止とは書いてありません。
    と言うことで、行間を読むと
    zeri

    紙パックジュース類、ウイダーinゼリー、菓子類はOKと勝手に判断しました。
    そもそも、主催者側で食事を用意すると言っても
    一時に3万人に対応なんか、常識で考えても無理な話です。
    初売りの福袋売り場状態は必至です。

    それに、東京ドームなんかでもそうでしたが
    人の足元を見て、べらぼうな値段を要求します。
    一方で持ち込み禁止にして、一方で高額で売る
    大体のお決まりですね。

    75年の時は、物が投げられたようで、そういう意味では
    缶類、瓶類は、凶器にもなりますから持ち込み禁止は理解できます。

    しかし、お酒もちょっぴり飲みたいですねえ。不謹慎でしょうか。
    紙パックのビールってないでしょうか。

    携帯は一番繋がりにくいというボーダフォンでもちゃんと繋がりました。

    当日は、コンサート終了後、皆さんどうされるんでしょうか?
    東京、大阪あたりでしたら、日帰りも十分可能でしょう。
    私は、群馬からなので、日帰りはちょっときついです。
    まあ、そんな訳でバスツアーを企画したのです。。。
    車内泊という手もあるのですが、ライブでぐったり疲れるでしょうから
    やっぱり、ちゃんとしたところに泊まりたいですよね。
    30年前と違いますから。。。
    一応、23日の夜は、ホテルを20人分予約しました。
    場所は、つま恋から車で30分くらい南下したところです。
    今回の下見でちゃんと見てきましたよ。↓
    hamaoka

    静岡カントリー浜岡ホテルです。
    どうです、凄い豪華でしょう!
    2002年のワールドカップの時は、ベッカムなど欧州チームが泊まったそうです。
    これで、朝食付き15000円ですから、まあまあじゃないですか!?
    【2006/04/11 21:39】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
    聖地「つま恋」レポ Vol.2
    南ゲート

    ここがチケットとリストバンドを引き換えする、南ゲートです。
    かなり狭い感じですよね。
    ここに、3万人が殺到するんだろうか。

    南ゲート2

    入場ゲートのお姉さんに頼んで、宿泊客と言うことで、中へ入れていただきました。

    案内図

    案内看板を見て、とりあえずライブ会場を探すことにしました。

    桜1

    園内は、あちこちに桜の木が植えてあって、もう満開は過ぎておりましたが
    花びらがちらちら散って、とても感じが良かったです。

    道

    道なりに800mくらい歩いて行くと、右側に丸い大きなサッカー場が
    見えてきました。
    えっ!?もしかしてここ?!?
    75年の5万人だか7万人だか集まったと言うことが頭の中に
    インプットされていたので、ちょっと意外な感じがしました。
    想像していたより大分狭い感じがします。
    本当に、ここに3万人入るの?
    70cm×80cmのスペースで詰め込めば治まるのかなあ

    左センター右
     
    ステージセンターの場所から見た光景です。

    では、反対に最後部から見てみましょう。
    最後部

    最後部からステージの方を見るとこんな感じです。
    最後部でも、それほど遠いという感じは受けません。
    もちろんステージ上の人なんてよく見えませんけど
    雰囲気は十分味わえるのではないでしょうか。

    すり鉢

    最後部の端っこは、すり鉢状になっています。
    この部分は、おそらくブロック席には含まれていないのでしょう。
    しかし、見晴らしもよく寝そべることもできますので
    ある意味特等席ともいえます。
    ゆったりしたいと言う方には、お勧めです。
    【2006/04/10 22:51】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |
    聖地「つま恋」レポ Vol.1
    4月8日(土)・9日(日)と「つま恋」へ下見に行ってまいりました。
    9月のバスツアーのシミュレーションを行うのです。
    群馬の自宅を朝5時に出発しました。
    前橋インターより関越高速を終点練馬までまっしぐらです。
    谷原交差点で環八へ右折、東名高速を目指します。
    環八はいつも混むというイメージがあったので覚悟をしていたのですが
    朝早かったせいか、案外スムーズでした。
    東名入り口の目印、砧公園が見えてきました。
    次の信号を右折で、東名高速に乗れます。
    時計は6時36分、群馬からここまで約1時間半です。
    東名も渋滞と言うイメージがあったのですがすいすい流れていました。
    さあ、こっから、掛川までが長道中です。
    とりあえず、「港北PA」でトイレタイムを取りました。
    朝早かったのでそろそろお腹がすいてきました。
    8時7分「富士川PA」で2回目の休憩を取り、缶コーヒーを補給
    一人の運転なので緊張します。
    行きは拓郎のCDをずっとかけていました。
    大声で、一緒に歌います。車の中なので恥ずかしくはありません。
    そんな風にして退屈さを紛らわせて行くうちに前方に「菊川出口」の
    看板が見えてきました。
    次は、いよいよ「掛川」です。
    なんか、胸がどきどきするようなわくわくするような
    きっと巡礼者もこんな気持ちなんでしょうね。
    9時10分、「掛川」インターを降りました。
    なんと4時間10分でたどり着きました。
    本番では、遅くとも11時には着きたいと思っているので
    事故でもない限り余裕の到着です。
    インターを降りて、突き当りを左に曲がり、しばらくすると
    また、T字路にぶつかります。
    kanban1

    つま恋北ゲート、南ゲートの大きな看板が目の前に見えます。
    ここを、右に曲がってしばらくすると、大きな駐車場にぶつかります。
    どうやらここが日帰り客用の駐車場のようです。
    tumakoi_p


    【2006/04/09 23:07】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
    つま恋下見
    つま

    明後日8日の土曜日は、聖地「つま恋」へ9月のライブの下見に行ってきます。
    ライブ会場はもちろん、つま恋周辺の散策や、駐車場、静岡カントリーホテルなども調査?してきます。
    それから持ち込み禁止されている物として以下のものがありますが

    ■ 「つま恋」内に持ち込みできないもの
    ①瓶、カン類、
    ②お弁当などの食べ物、
    ③パラソル、テント、クーラーボックス、キックボード、折りたたみイス、スケートボード、ローラーブレード、折りたたみ自転車、花火などの火薬類、炭火、カセットコンロ類、バーベキューも禁止


    ①に付いては、紙パック飲料はいいのか?ペットボトルは?
    暑さ寒さも彼岸までと言うが、やはり日中は相当な暑さが予想される。
    水分補給をしないと脱水症状を起こす、それこそ死人が出るよ!

    ②については、菓子類や、パン、ウイダーinゼリーは?
    主催者側で、売店を開くそうだが、3万人が集中したらほとんど
    福袋状態になるのは必死。しかも足元を見て、高いに決まってる。
    可能であるなら、上記のものを自分で用意したほうが懸命だろう。
    因みに、ウイダーinゼリーで何時間持つか実験した人がいる。
    参考までにこちらをご覧あれ。

    ③に付いては、さすがにキャンプをする奴はいないだろうけど
    とにかく70センチ×80センチのスペースはほとんど体育館座りだよね。

    折りたたみクッションだけでお尻が痛くならないだろうか。やはりキャンプ用の敷物などを持ってゆきたいところですよね。

    以上のようなことを確認してきます。
    上記以外に、確認したい項目があれば、コメントかメールで
    お知らせください。

    あと、問題はトイレですよね~
    こればっかりは、携帯個室を持ってゆくわけには行かないから
    主催者側に十分な設備を望むだけです。
    或いは、集中しない時間、曲の途中に行くしかないですよね。
    【2006/04/06 22:04】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
    今日は拓ちゃん誕生日おめでとう(^_^)/
    いくつになってもhappy birthday
    いくつになってもhappy birthday
    吉田拓郎


    神様、もしも神様という方がおられたら
    神様私はあなたに感謝いたします
    吉田拓郎という人生の師をお与え下さったことを
    喜び悲しみ苦しみに出会うたび
    師は私を祝福しお導きになられました
    師なくしては、私は一歩たりとも前へ進めません
    どうか、神様これからも師が共にあられんことを
    祈願いたします。



    【2006/04/05 19:08】 吉田拓郎 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    風邪~伽草子より~By 吉田拓郎
    御伽草子

    先週中ごろから、咳がちょっと出ていましたが
    ここ何年も「風邪」をひいたことがなかったので
    油断というか、過信してしまいました。
    息子の引越しやらいささか無理をしたせいか
    今日は、咳をすると、気管が痛いです。
    熱も37.2度と危なっかしくなってきたので
    会社を早退しました。

    しかし、人が苦しそうに咳をしているのに
    誰も「大丈夫?」とか言ってくれません。
    私は、スタッフが顔色が悪いとすぐに声をかけるのに
    みんな、冷たい奴ばかり。。。

    ほんとは、こんなブログ書いてないで早く寝ればいいんですけどね。
    アーメンなんて言えばよく眠れるような。。。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。