Webフォーク村ブログ
吉田拓郎 '70年代フォークソングとともに歩んだ私の青春
     

06 | 2006/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント
歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント




  • 拓郎ツアー(02/28)
  • 及川恒平 X'masLive'08 in 前橋(11/24)
  • 猫 ライブ2008 in 前橋(10/23)
  • 四角佳子オンリーライブ’08チケット申込み受付(08/03)
  • 吉田たくろうとミニバンド完全再現ライブ~井上ともやすバンド(07/17)
  • 拓郎オンリーナイトライブ(06/22)
  • 思えば遠くへ来たもんだ~拓郎を探し求めて~(06/18)
  • 緑化ぐんまフェアー~駅前ライブ(05/12)
  • 群馬フォーク村ライブに忠英さん現る!!!(04/29)
  • 久々の軽井沢~君住む街~(04/13)
  • (07/30)
  • 新井コー児 (07/23)
  • みっちゃん (07/19)
  • みっちゃん (06/25)
  • ひま (06/24)
  • BIN (06/23)
  • 新井コー児 (06/22)
  • あこぱらハウス蔵 (04/30)
  • 佐恵子 (04/11)
  • 団塊世代 (04/10)
  • たまりんの気ままなPC日記:結婚しようよ(02/07)
  • 本ナビ!by Tamecom,小説吉田拓郎:たけしの誰でもピカソ(01/10)
  • Newsエンタメ/デジタル,フォーク検定&拓郎検定:オヤジだフォークだ青春だ!熱く語るための検定本出版(01/09)
  • ななのblog:SMAP×SMAP(05/30)
  • たまりんの気ままなPC日記:吉田拓郎が初のバンドツアー 小ホール限定(05/23)
  • たまりんの気ままなPC日記:鈴木ヒロミツさんが死去(03/16)
  • Daily Shit:鈴木ヒロミツさん死去(03/15)
  • Daily Shit:70's フォークの殿堂(03/09)
  • アイドル専科-ポップコーン:野口五郎について-アイドル専科-ポップコーン(02/09)
  • リナの記録:井上陽水(01/12)
  • 2009年02月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (4)
  • 2008年03月 (2)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (14)
  • 2006年09月 (10)
  • 2006年08月 (9)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (11)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (12)
  • 2006年02月 (17)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (11)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (14)
  • 2005年07月 (10)
  • 2005年06月 (3)
  • 2005年05月 (7)
  • 2005年04月 (2)
  • 棚から一掴み (0)
  • 深夜放送 (9)
  • 音楽番組 (3)
  • 吉田拓郎 (66)
  • フォークソング (164)
  • グループサウンズ (9)
  • フュージョン (1)
  • '60年代フォークソング (4)
  • '70年代フォークソング (38)
  • '80年代フォークソング (1)
  • '90年代フォークソング (0)
  • 2000年代フォークソング (0)
  • アーティスト (23)
  • 群馬フォーク村ブログ
  • 同志ってこんなに悲しいんだろう
  • 私の吉田拓郎物語
  • すみれ
  • タクロウマニア
  • よもやまりゅう
  • guitar-column
  • 風景と情景
  • きまま日記
  • 古本のともしび洞-店主の独白
  • 今はまだ人生を語らず
  • たまりんの気ままなPC日記
  • @うまの四方山話(音家日記)
  • 王様たちのピクニック
  • フォーク酒場「落陽」
  • 私設 吉田拓郎ホームページ
  • 吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~
  • TY コンサート事務局
  • IMPERIAL RECORDS
  • 南高節
  • 伊勢正三
  • 山田パンダ
  • 田家秀樹 最新情報
  • 風に吹かれて
  • 管理人へのメールはこちら


  • ブログランキング・にほんブログ村へ


    TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005 Live & His RARE Films



    TSUTAYA online

    楽天トラベル

    標準バナー120x60

    gatewayバナー130-18

    有賀園ゴルフネットトップページ7
    社名ロゴ88×631

    DVD22%OFF120×60

    三井住友VISAカード緑3


    ひま
  • 管理人:ひま
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • *使用方法*





    Just MyShopへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    つま恋チケット悲喜交々
    主催者に問いたい。
    D・E・Fブロックで、音響ブース、照明ブースの裏の席の観客は
    どうやって、ステージを見たらいいのか?
    音だけで我慢しろと言うのか?!
    広場は、まっ平らである。
    tumagiyagai

    (ステージから見た会場)
    左センター右

    E・F席チケットの方、がっかりする事はない。
    F席の外側はすり鉢状になっているので
    ステージがよく見える。
    いっそ、最初からそこに席を確保した方が利口かも知れない。
    すり鉢



    スポンサーサイト
    【2006/07/30 22:49】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
    去年よりよかったです!~サマーフォークジャンボリーin群馬~
    janboGT

    先ほど、終演になりました。
    大盛り上がりでしたねえ!

    最前列でしたから、一人占めみたいで余計に気分よかったです。

    今年は、南高節が来られないので盛り上がりに欠けるかなと
    心配していましたら、やはり、チケットがなかなか売れなかったようです。
    来年は、もう出来ないかも知れないと友人のイベンターが言ってました。
    その代わり、来年は拓郎を交渉しているようです。
    私的には、その方がいいのですが。。。

    今日の出演者
    トップバッターは、杉田二郎です。
    彼は去年も出たし、流石に手馴れたもんです。
    小室さんが、「二郎さんが司会やるの初めて見た」と言ってました。
    曲目は、去年と同じでした。MCの内容も同じでした。
    違う歌も聞きたかったのですが残念です。

    二番手は
    「紙ふうせん」でした。
    赤い鳥時代の歌「竹田の子守唄」は、流石にうまいですねえ。
    新曲などもやりましたが、やはり昔の歌がいいです。
    「冬が来る前に」懐かしいですね。

    三番手:因幡晃
    因幡と言えば「別涙」や「わかってください」ですよね。
    歌は相変わらずうまい。高音衰えていませんでした。
    私は、彼のワンマンコンサートに行くほどのファンではありませんでしたが、一度は見たいと思っていたところです。
    彼は、拉致被害者家族連絡会にも関わっているようで
    「恵(めぐみ)」と言う歌を歌いました。
    ギターの頭にブルーのリボンを着けていたので
    なにか、関係があるのかなと思っていたらやはりでしたね。
    30周年記念の新曲「人生それは終わりのない旅」もなかなかでした。

    3組終わったところで、トイレタイムです。
    5000人も集まると、トイレは男子も女子も行列です。
    女性も中高年になると、男子トイレに堂々と入ってくるので困ります。
    いや、ほんの一部の方だとは思いますが。。。
    私は秘密のトイレの場所を知っていたので、並ばずすいすいでした。
    つま恋はどうなるのか???トイレ。。。

    さあ、後半の一番手です。
    待ってました、正やん!
    高節はもう4回もライブを見ましたが
    正やんは初めてです。

    曲目は
    ①置手紙②ささやかなこの人生③海岸通④なごり雪⑤22才の別れ
    いい歌ばかりでしょう。
    ギター流石にうまい!
    「なごり雪」でちょっとうるうる来てしまいました。
    いままで、正やんは、かぐや姫のメンバーというイメージばかりでしたが
    単独で十分聞き応えがあります。
    見直しました。
    10月22日に、群馬の伊勢崎文化会館に来るそうなので行こうと思います。

    正やんアンコールの嵐でした。
    なかなか立ち去らないので、ほんとにアンコールやるのかなと思ったら
    次の出番の太田裕美と1曲ジョイントやりました。
    太田裕美、変わんないですね。
    可愛いです。未だに舌足らず。
    最後の曲「木綿のハンカチーフ」は会場大合唱でした。
    わざわざ四国からやってきた裕美ファンのSさんお疲れ様でした。

    とりは六文銭です。
    いや、違った「まるで六文銭のように」でした。

    何が、見たかったかって、小室さんもさることながら
    拓郎が34年前に愛したというあの「四角佳子」です。
    じっくり観察しましたよ。
    スリムですね。えくぼがいいですね。あそこに惚れたのかな?

    六文銭は1曲1曲「ため息」が出ました。
    日本のフォークの元祖と言いましょうか
    なかなか聞かせてくれます。

    最後は、全員で「旅立ちの歌」「翼をください」観客も大合唱。
    4時間のコンサートでしたが、あっという間でしたね。

    まあ、ざっとこんな感じでしょうか。

    えっ!?ゲリラライブですか?
    一応やりましたよ!
    心配していたガードマンにも止められることなく
    でも、群馬の中高年はShyというか
    みんな遠巻きでこちらを眺めていました。
    演奏もにわか作りですから、まああんなもんでしょう。
    やる事に意義があるんです。と自分を慰める。

    「群馬フォーク村会員募集」のチラシ200枚配りました。
    群馬の中高年フォークファンを一つにまとめます。
    来年から本格的に「群馬フォーク村」としての活動を
    始めようと思っていますが、いいきっかけ作りが出来ました。

    【2006/07/29 23:26】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |
    つま恋グッズ~拓郎&かぐや姫Tシャツ~
    Tsyatu1

    つま恋グッズ、もう何か注文しましたか?
    私はTシャツを2種注文しましたが
    どうにも待ちきれず
    今週のゲリラライブには是非着たいものですから
    自分で作ってしまいました。

    まず、ユニクロで真っ白いTシャツ690円を購入
    それから、電気屋で「アイロン転写紙」というのを購入1000円くらいです。

    T

    それに自分でデザイン?した図柄を
    インクジェットプリンターで普通に印刷し
    Tシャツに乗せ、アイロンで20秒くらい
    Tsyatu2

    ほら、出来上がり!!!

    売っているような、仕上がりにはできませんけど
    まあまあじゃないですか
    そう思いません?
    【2006/07/24 21:45】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |
    路上ライブ~フォークの原点~
    路上2

    今日は、29日の「フォークジャンボリーイン群馬」ゲリラライブの最後の練習と言うことで、高崎駅路上でやろうと意気込んで行って見ました。
    いや~、すでに、先客がいましたよ。

    路上1

    高崎駅前は、階層が2階構造になっていまして
    1階層に先客がいれば、2階層でやれば、
    お互い音が聞こえず迷惑にはなりません。

    1階層には、イケメンのデュオで「ゆず」風なバンドが既にやっていました。
    ギャラリーは女子高生でいっぱいです。
    曲はオリジナルのようで、ハーモニカやピアニカを使っていました。
    かなり場慣れしているという感じですね。
    10分くらい観察しましたが、客層や、歌のジャンル?が、
    我々とはちょっと違う感じです。
    バッティングはしませんね。

    と言うわけで、一番綺麗だった女の子の顔など思い出し、
    2階に会場を求め移動しました。
    そしたら、なんと、2階層にもいました。

    路上3

    こちらは一人で何やら叫んでいます。
    一人もギャラリーはいません。
    近づいて話しかけました。
    20歳代で、サラリーマン、RCサクセッションファン。
    高崎駅前では、「鯵(あじ)?」さんで通っているようです。

    陽水をリクエストしました。「帰れない二人」をやりました。
    上手い!
    馬鹿テクです。
    次にやったのが、RCの「スローバラード」!やりますね!!!
    聞き入ってしまいました。
    若いのに、ブルージーです。
    俄然興味が湧きました。
    女子高生が集まらないのが残念ですが。。。

    路上4

    結局、我々中高年バンドは、早々と尻尾を巻いて退散、
    家へ帰って、もう一度、練習しました。
    29日はいきなり本番ゲリラになりそうです。
    応援よろしく!!!

    【2006/07/22 21:52】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
    同棲時代~神田川~
    神田川

    来週29日の「フォークジャンボリーイン群馬」で
    ゲリラライブをすべく、伊勢崎のかぐや姫ファンと
    ここ3週間、ギターの練習をしています。

    70年代フォーク10曲、拓郎の曲10曲、かぐや姫の曲10曲
    合計、約30曲、2時間の予定です。

    ガードマンに止められなければ、中高年ばかりですから
    盛り上がると思います。

    以下、選曲

    ①若者たち/ブロードサイドフォー
    ②戦争を知らない子供たち/ジローズ
    ③翼をください/赤い鳥
    ④遠い世界に/五つの赤い風船
    ⑤あの素晴しい愛をもう一度/加藤&北山
    ⑥風/はしだ&シューベルツ
    ⑦イムジン河/フォークル
    ⑧500マイル/ボブディラン
    ⑨岬めぐり/山本コータロー&ウィークエンド
    ⑩夢の中へ/井上陽水

    ①マキシーのために/ かぐや姫
    ②おはようおやすみ日曜日/かぐや姫
    ③おもかげ色の空/かぐや姫
    ④青春の傷み/かぐや姫
    ⑤加茂の流れに/かぐや姫
    ⑥僕の胸でおやすみ/ かぐや姫
    ⑦好きだった人/かぐや姫
    ⑧22才の別れ/風
    ⑨なごり雪/イルカ
    ⑩神田川/かぐや姫

    ①たどりついたらいつも雨ふり/吉田拓郎
    ②恋の歌/吉田拓郎
    ③こうき心/吉田拓郎
    ④結婚しようよ/吉田拓郎
    ⑤旅の宿/吉田拓郎
    ⑥今日までそして明日から/吉田拓郎
    ⑦どうしてこんなに悲しいんだろう/吉田拓郎
    ⑧夏休み/吉田拓郎
    ⑨祭りのあと/吉田拓郎
    ⑩落陽/吉田拓郎


    ところで、最近「神田川」「赤ちょうちん」のビデオを入手しました。
    私は、70年代、ちょうどこの頃、東京で5年間過ごしました。

    最初は、池袋、次が上板橋、そして一番思い出深いのが下井草でした。
    当時、学生の間でも「同棲」が流行っていましたが
    まだまだ、市民権を得ていず、少なからず「後ろめたさ」はありました。

    しかし、映画の「神田川」や「赤ちょうちん」のような
    一種退廃的な感覚はありませんでしたよね。
    ある意味いい加減で、楽しい毎日でした。と思います。

    先日、フォーク酒場「昭和」に行く前に
    ほんとに久しぶりに「御茶ノ水」で降りてみました。

    駅も綺麗になったし、駅前も随分変わりました。
    私がよく行った、画材屋「レモン」もまだありましたよ。

    れもn




    祭りのあと~秋ツアー決定~
    明日に向かって1

    「つま恋」の後の、秋ツアーが発表されましたね!
    題して。。。
    「TAKURO 2006秋~ミノルホド コウベヲタレル イナホカナ~」!!

    群馬から近い会場はみんな平日ですね

    初日の「大宮ソニック」が一番近くていいのだけれど
    23日の月曜じゃあ、会社休めないし
    仕事終わってから、急いで電車に飛び乗っても
    開演にはとても間に合わない
    せめて、あと30分遅ければねえ

    そんな訳で、今回は、11/2(木)に休み取って
    新潟県民会館に行こうと思っています。

    11/10(金)の武道館も行きたいところですが
    やっぱ、休めません。

    今回は、一応沖縄から北海道まで縦断するんですねえ!
    武道館を除いて、大体2000人のキャパ
    ここ3年間のツアーとほとんど同じですね。
    来年は都内で1000人程度のキャパでやりたいという噂ですが

    バンド編成は、5~6人になるのでしょうか???

    私は拓郎一人だけの弾き語りを切望します。
    音楽的に優れたものというより「生」の拓郎を感じたい!

    さて、秋ツアーの話に戻しますが
    今回は、もう一回、12/2(土)神戸国際会館、
    これ、泊りがけで行こうと思います。

    しかし。。。

    「つま恋」が終わったら、自分どうなってしまうんだろう!
    という、不安てありません?

    燃え尽きてしまうというか
    頭が空っぽになりそうな、そんな気がして
    仕方がありません。

    【2006/07/19 18:50】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |
    親と子供
    初めて子供ができた時はとても感動しました。
    また、この子供のためにがんばらねばと
    心新たにしたりします。

    孫が、生まれた時はまた違う感動があるのでしょう。
    私はまだ、この感動を味わっていません。

    さて、不幸にしてまだ子供が物心つかないうちに
    妻と別れるという状況に追い込まれたとき
    子供のためには、親権はやはり母親の方がいいのかも知れません。

    子供は、母親の元でいろいろ父親のことについて
    母親の口を通して知ることになります。
    言い方を変えれば、母親のオブラートに包まれて
    父親像を作り上げるのです。

    こういう状況で、父親は何の反論もできません。
    いざ、娘が結婚するときなど、父親の出席は
    拒否されます。或いは、通知されません。

    しかし、そのことについて、
    父親は、一抹の寂しさはあるにしても
    娘には娘の人生、父には父の人生があると
    自分を納得させるのです。

    いつか、わかるときがくる
    そのためにも、自分は死ぬまでがんばる
    いや、永遠にわからないかもしれない

    それでもいい
    それぞれの人生なんだから


    【2006/07/18 22:26】 吉田拓郎 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
    30年を2時間半で。。。~森山良子~
    あなたが好きで
    あなたが好きで
    森山良子

    森山良子といえば、「涙そうそう」や「さとうきび畑」が
    大ヒットして、今正に旬なシンガーソングライターです。
    TVにも、よく出演し、ライブコンサートも超満員です。

    2月に、群馬の笠懸野文化ホールに見に行きましたが
    その中で最近リクエストが多い曲として
    30年を2時間半で...」という、
    一人芝居風な歌を歌いました。
    内容は、デパ地下で昔の恋人に再会して
    30年前を思い出しながら食事をし、お酒を飲み、
    そして、何もなく、別れるという話を
    一人芝居風、実況中継風に語り唄うのです。

    私も、一緒に行った友人(男)も
    この歌に、つい涙腺が緩んでしまいました。

    自分も同じ経験をしたからとかじゃなくて
    30年という年月を、歩いてきたということの
    感慨のようなものを、改めて感じたからです。

    先日もTBS「ぴったしかんかん」で
    この歌をフルバージョンで歌いました。

    おそらく、このTVを見ていた人は
    特に中高年の方々は、聞き入ってしまったのではないでしょうか。

    最近、この手の「人生を振り返る」的なものを
    見たり聞いたりすると、つい涙腺が緩んでしまいます。

    おそらく、「つま恋」では、
    ぼろぼろになってしまうのではないでしょうか。


    【2006/07/17 19:18】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    hirosima

    先日、記事「台風よこないでくれ」で私が書いたのと
    同じような、不安の記事が「あいみやホームページ」のBBSに投稿されていました。

    それは「オフィシャルツアー」のことです。

    コンサートは、台風とか荒天の場合、順延又は中止となっています。

    ところが、「オフィシャルツアー」の場合、
    ツアーが開始されたら、つまり、東京発のバスツアーを例にとると
    東京駅7:30集合のバスが発車すると、
    その時点でツアーは開始されたと言う事になり
    「つま恋」に着いて、又はバスの中で、
    コンサートが中止になろうが、順延になろうが
    ツアーは成立し、代金は返還されません。


    悲惨なのは、「航空機プラン」ですよね!
    金銭的にも、物理的にも、どうにもなりません。
    そうなったら、東京見物でもしますか?
    ちょっと、これは過激な発言でした。ごめんなさい。

    まあ、人の事はともかく「お前はどうなんだ?!?」と言われそうですが
    ご多分にもれず、私の企画のバスツアーも、キャンセル不可です。

    コンサートが中止になった場合、つまり暴風雨の場合は
    「ある雨の日の情景ツアー」に変更になります。

    「雨のつま恋」を南ゲートより観覧、荒波の御前崎観覧、
    タービンの羽根が破損した「浜岡原発」見学、etc...
    ホテルでは、鬱憤晴らしの「拓郎&かぐや姫」パーティーを
    考えています。ホテルと交渉中。別途パーティー費が必要になります。

    順延の場合は、結果的に「前泊」と同様の形になります。
    帰りは夜中です。九州・沖縄から参加の方は
    申し訳ないですが、月曜の会社出勤は無理だと思います。


    【2006/07/11 21:36】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |
    つま恋2006のイベントオフィシャルグッズ発売開始
    tumagoi2006

    つま恋2006のイベントオフィシャルグッズ、でましたねえ!
    しかし、拓郎本人考案のロゴ!どうよ?って感じ!
    ちょっと、センス疑っちゃう。

    「am I ma」って、どういう意味?
    「I am a boy.」の「I am」?
    それとも、「今、イマ、いま」ということ?

    期待してただけに、がっかりしちゃった。

    私は、写真のTシャツと、イラストのTシャツを注文しました。

    T2T1


    【2006/07/10 21:29】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
    鬼が笑う来年の話~拓郎を群馬に呼ぶ会~
    「つま恋」が終わったあとの、来年の拓郎のスケジュールは正式には決まってないようですが、小規模でやりたいという話はどこかのサイトで聞きましたよね。

    信頼される???筋からの情報では、都内を中心に、1000人規模で、ちまちまやるということらしいです。

    ここしばらく、拓郎は群馬には来てくれません。
    1900年代は、群馬県民会館に来たことがあります。
    私は、当時群馬にはいなかったので行きませんでしたが
    拓郎本人にとっては群馬はあまりいい印象はないようです。

    中途半端なんでしょうね。群馬って!?

    でも、陽水や千春や高節は来てくれています。

    今度、「拓郎を群馬に呼ぶ会」を友人と2人だけで結成しました。
    千人や二千人程度は、宣伝しなくても拓郎ならすぐに集まるでしょう。
    あとは、拓郎本人の気持ち次第です。


    【2006/07/06 23:12】 吉田拓郎 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
    70年代アイドル~南沙織~
    sinnsia

    いよいよ発売されました。
    南沙織Cynthia Premium !
    南沙織歌手デビュー35周年記念商品です。
    すべてのオリジナル・アルバム全21タイトルを紙ジャケ復刻。
    CDサイズのオールカラー写真集、そしてDVD付と最後で最大の
    プレミアム・ボックス。
    監修:シンシア
    【完全生産限定盤】39800円
    BOX仕様/紙ジャケット仕様(CD21枚+DVD1枚)+別冊ブック(シンシアによる書き下ろし各アルバムについてのエッセイ 約150ページ)

    【BOX 内容】
    ■CD 21枚・・・アルバム未収録のシングル曲をボーナス・トラックとして収録
    01.17才 (1971/10/1)
    02.潮風のメロディ (1971/12/5)
    03.純潔/ともだち (1972/6/21)
    04.哀愁のページ (1972/9/21)
    05.早春のハーモニー (1972/12/21)
    06.傷つく世代 (1973/5/21)
    07.20才まえ (1973/9/21)
    08.ひとかけらの純情 (1974/2/21)
    09.夏の感情 (1974/7/21)
    10.20才 (1974/12/10)
    11.シンシア・ストリート(1975/6/21)
    12.人恋しくて (1975/12/5)
    13.素顔のままで (1976/4/21)
    14.哀しい妖精 (1976/9/21)
    15.ジャニスへの手紙 (1976/12/21)
    16.午後のシンシア (1977/4/1)
    17.Hello ! Cynthia (1977/8/21)
    18.I've been mellow (1978/6/1)
    19.Simplicity (1978/10/1)
    20.MATURITY (1992/6/21)
    21.Art Of Loving (1993/10/1) *ボーナス・トラック2曲
    ■DVD 1枚・・・シンシア本人が一番形に残したい映像を
    テレビの音楽番組より8曲選んで収録

    どうです。豪華ですね。
    一体誰が買うんでしょう?
    もち、当時のシンシアファン。
    拓郎もその一人でしょうか。
    MFにもムッシュかまやつと共演しましたよね。

    当時私はごく普通のファンでしたから
    39800円出して買うつもりはありませんが
    中高年ファンは買うんでしょうね、きっと!

    わからないでもないですよ。
    私もアグネスのBOXがでたらたぶん買うでしょうから。

    でも、天地真理は絶対買いませんよ!!!

    【2006/07/05 21:09】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |
    雨具ポンチョ~つま恋グッズ~
    ポンチョ2

    先日の日曜日に、「百円ショップ」に、封筒を買いに行ったついでに
    「つま恋」で、何か使えるものはないかと、探って見ました。
    そしたら、ポンチョが100円で売ってました。

    ポンチョ

    この前スポーツ用品店では、品物も良かったですけど2000円でしたね。
    私は、100円のもので十分のような気がします。
    1回で捨てても、惜しくはないです。
    いや、ゴミは持ち帰りましょうね!

    それから、チケットと一緒に渡される
    折りたたみクッションと言うのがありますね
    あれと同じかと想像されるものを見つけました。

    ザブトン2

    これを、例の座椅子と併用するといいかも知れません。

    【2006/07/04 20:26】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |
    青春の傷み~復活かぐや姫~
    青春の傷み

    群馬の熱狂的「かぐや姫&風」ファンのKさんによると、
    大阪の「かぐや姫オフ会」では、宴会の途中で帰る人がいると
    「おもかげ色の空」のさびの部分を、皆で大合唱
    その人が、お店から出て見えなくなるまで唄うのだそうです。
    なんか、かぐや姫ファンらしい光景ですね!
    この歌は「好きだった人」の最後の部分で
    どんちゃん騒ぎの大合唱してるやつです。

    拓郎の歌で、こんな風に、友を送り出して
    あげられるような歌ありましたかねえ?

    【2006/07/03 21:27】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
    ビートルズソロ特集再放送~NHKBS2~
    もう始まってしまいましたが
    NHKBS2でビートルズソロ特集をやっています。
    去年?やった三夜分を、一挙にやります。
    ビデオ録画すぐにでもオンしましょうね!

    続いて10時半から、「このうた」という
    内容は見てみないとわかりませんが
    必見の番組があります。

    さらにさらに、11時からは
    「黄金の洋楽ライブ」
    今夜は「ビーチボーイズ」です。
    とりあえず、チェックしておきましょうね!

    以上、ワールドカップの狭間、
    寝不足が解消しないあなた!
    まだまだ、ねむっちゃあいけませんぞ!

    ジョンレノン凄い!
    始めて聞く曲だぁ!!!

    【2006/07/01 19:44】 音楽番組 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。