Webフォーク村ブログ
吉田拓郎 '70年代フォークソングとともに歩んだ私の青春
     

09 | 2006/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント
歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント




  • 拓郎ツアー(02/28)
  • 及川恒平 X'masLive'08 in 前橋(11/24)
  • 猫 ライブ2008 in 前橋(10/23)
  • 四角佳子オンリーライブ’08チケット申込み受付(08/03)
  • 吉田たくろうとミニバンド完全再現ライブ~井上ともやすバンド(07/17)
  • 拓郎オンリーナイトライブ(06/22)
  • 思えば遠くへ来たもんだ~拓郎を探し求めて~(06/18)
  • 緑化ぐんまフェアー~駅前ライブ(05/12)
  • 群馬フォーク村ライブに忠英さん現る!!!(04/29)
  • 久々の軽井沢~君住む街~(04/13)
  • (07/30)
  • 新井コー児 (07/23)
  • みっちゃん (07/19)
  • みっちゃん (06/25)
  • ひま (06/24)
  • BIN (06/23)
  • 新井コー児 (06/22)
  • あこぱらハウス蔵 (04/30)
  • 佐恵子 (04/11)
  • 団塊世代 (04/10)
  • たまりんの気ままなPC日記:結婚しようよ(02/07)
  • 本ナビ!by Tamecom,小説吉田拓郎:たけしの誰でもピカソ(01/10)
  • Newsエンタメ/デジタル,フォーク検定&拓郎検定:オヤジだフォークだ青春だ!熱く語るための検定本出版(01/09)
  • ななのblog:SMAP×SMAP(05/30)
  • たまりんの気ままなPC日記:吉田拓郎が初のバンドツアー 小ホール限定(05/23)
  • たまりんの気ままなPC日記:鈴木ヒロミツさんが死去(03/16)
  • Daily Shit:鈴木ヒロミツさん死去(03/15)
  • Daily Shit:70's フォークの殿堂(03/09)
  • アイドル専科-ポップコーン:野口五郎について-アイドル専科-ポップコーン(02/09)
  • リナの記録:井上陽水(01/12)
  • 2009年02月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (4)
  • 2008年03月 (2)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (14)
  • 2006年09月 (10)
  • 2006年08月 (9)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (11)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (12)
  • 2006年02月 (17)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (11)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (14)
  • 2005年07月 (10)
  • 2005年06月 (3)
  • 2005年05月 (7)
  • 2005年04月 (2)
  • 棚から一掴み (0)
  • 深夜放送 (9)
  • 音楽番組 (3)
  • 吉田拓郎 (66)
  • フォークソング (164)
  • グループサウンズ (9)
  • フュージョン (1)
  • '60年代フォークソング (4)
  • '70年代フォークソング (38)
  • '80年代フォークソング (1)
  • '90年代フォークソング (0)
  • 2000年代フォークソング (0)
  • アーティスト (23)
  • 群馬フォーク村ブログ
  • 同志ってこんなに悲しいんだろう
  • 私の吉田拓郎物語
  • すみれ
  • タクロウマニア
  • よもやまりゅう
  • guitar-column
  • 風景と情景
  • きまま日記
  • 古本のともしび洞-店主の独白
  • 今はまだ人生を語らず
  • たまりんの気ままなPC日記
  • @うまの四方山話(音家日記)
  • 王様たちのピクニック
  • フォーク酒場「落陽」
  • 私設 吉田拓郎ホームページ
  • 吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~
  • TY コンサート事務局
  • IMPERIAL RECORDS
  • 南高節
  • 伊勢正三
  • 山田パンダ
  • 田家秀樹 最新情報
  • 風に吹かれて
  • 管理人へのメールはこちら


  • ブログランキング・にほんブログ村へ


    TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005 Live & His RARE Films



    TSUTAYA online

    楽天トラベル

    標準バナー120x60

    gatewayバナー130-18

    有賀園ゴルフネットトップページ7
    社名ロゴ88×631

    DVD22%OFF120×60

    三井住友VISAカード緑3


    ひま
  • 管理人:ひま
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • *使用方法*





    Just MyShopへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    武道館ライブ11/10~拓郎秋ツアー~
    tumagoi2006_1

    武道館と言えば、なんと言ってもビートルズですが
    それ以前ですと、東京オリンピックで
    日本柔道が、へーシングに負けた光景が
    今も脳裏に浮かびます。かなり古いですけど
    いずれも小学校の時ですね。

    最近?では、76年に「南高節」の日本人アーティスト
    初めての武道館ライブを見に行ったことがあります。
    確か、正面2階席でしたね。レコードにもなってます。
    あまりよく覚えてませんが「たぬき囃子」の
    掛け声をやらされたような、、、

    それから、爆風スランプの「大きな玉ねぎの下で」を聞くと、
    帰りに振り向いて見上げた、あの葱坊主が思い浮かびます。

    拓郎が、初めて、武道館でライブをやったのは
    82年の「王様達のハイキング」でしょうか
    あの頃は、ちりちりな頭をして、かなりビジュアルに
    凝ってましたよね。

    「つま恋」に思い入れがある人と同様
    「武道館」に思い入れがある人もかなりなもんです。
    私としては、「つま恋」であれほど大人数の中で
    米粒みたいな拓郎を見て、なんでまた
    武道館のような広いところで見なくてはいけないのか
    理解に苦しみます。やっぱ、思い入れのある人が多いということでしょうか

    さて、「つま恋2006」7曲目は「ともだち」です。
    この曲は、「よしだたくろう・オン・ステージ!!ともだち」
    のライブアルバムB⑦に収録されています。

    先日の、秋ツアー大宮で、この曲は広島を出て状況する時の友人との別れを歌ったというようなことを拓郎が話しておりました。
    昔70年代に、拓郎は友人と絶交をしたようなことを言っており
    この「ともだち」の歌がそのことだと長い間ずっと信じていました。

    この歌の中の「私」はてっきり拓郎本人だと思い込んでおりましたが、大宮での話からすると、旅に出る「ともだち」そのものが拓郎だったということになります。
    想像の域を出ませんが、間違っていたらゴメンナサイ。

    スポンサーサイト
    【2006/10/31 21:51】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |
    つま恋2006総集編~ダイジェスト版?~
    つま恋2

    総集編ご覧になりましたか?
    随分ばっさりカットしましたねえ!
    まあ、4時間だから仕方ないけど
    それに、DVDが売れなくなるからね。

    ビデオではなくて、ちゃんと3時と7時半に
    TVの前で正座して見ましたよ。

    すっかり薄れてきた、つま恋の感触が
    少し戻って来ました。
    今日の天気もまたあの時を思い出させるような
    上天気の1日でしたね。

    やっぱ、圧巻は、落陽花火とサプライズでした。
    なぜか、今日のBS2の方がこの間のハイビジョンより
    くっきり映っています。
    しかし、アンコール曲、こうして改めて聞くと
    いい曲に聞こえるから不思議だよね。

    ちょっと早いですが、私的には、今年の重大ニュースは
    「北朝鮮核実験」と「つま恋2006」をエントリーします。

    そうそう、今日「イーオン」で抹茶ソフトクリームを食べました。
    これで、アイス屋は3か店制覇しました。
    【2006/10/29 22:18】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |
    路上ライブ~群馬フォーク村~
    赤城山

    今日は、赤城山へ紅葉狩りに行ってきました。
    まだ、紅葉最盛期には早いようです。
    赤城大洞へつくと、いくらかもやって来ました。

    赤城3

    大沼の手前に「覚満淵」というところがあります。
    赤城山の大沼の東に広がる湿原で、小尾瀬とも呼ばれ、
    前橋から車で50分の距離にある別天地です。
    高山植物と珍しい植物相が見られ、学術的にも重要視されています。
    整備された遊歩道を行けば、一周30分ほどで回ることができます。
    霧が出てきましたが、それがまたロマンチックでいい感じでした。

    イーオン

    午後は、先日オープンした「イーオン」に行って
    夕食をとり、明日の朝食の買出しをしました。
    私の大好きな「紅玉」が一個98円で売っていましたので
    10個買い占めてきました。

    さて、イーオンには、1階に
    「セントラルコート」と言って、北側エスカレートのそばに
    ちょっとした、催しが開ける広場があります。
    更に、真中のエスカレートのところに「サブコート」があり
    多目的スペースとして、一般の文化的活動などに開放されると言う事です。

    イーオン

    群馬フォーク村の活動の一つとして、路上ライブも考えてるところですが
    今まで、高崎駅西口広場を候補にしていたのですが
    夏の暑いときや、冬場はちょっと無理があります。

    その点、この「サティー」の「サブコート」は
    屋内であり、夏は冷房、冬は暖房が効いており快適です。
    更に駐車場の心配も要らないので、絶好のライブ広場だとひらめきました。

    近々、担当者に相談しようと思っています。


    【2006/10/28 22:50】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |
    初日限定3時間たっぷり燃え尽きました~秋ツアー~
    aki3 aki4 aki2

    昨夜は、拓郎秋ツアー大宮初日に行ってまいりました。
    ソニックシティーでは、雨の中、もう外から並んでいます。

    いつも思うんだけど、指定席なのになぜ並ぶんだろうね?

    ロビーが狭いという事でしょうか
    その点、よく行く東京国際フォーラムはいいですね。
    ゆったりしている感じでね。

    ロビーに入ると真っ先にグッズコーナーに駆けつけました。
    つま恋では、時間がありすぎて、あとでいいや
    といっているまに帰り支度となってしまいました。
    まあ、デザインが今一つでしたけどね。。。

    秋ツアーグッズ、結構いけてますよ!!!
    グッズ1 グッズ2

    「ラベルTシャツ」と「イラストマグカップ」以外はお勧めです。

    今回のロゴは「TA960」です。どういう意味だろう?
    デザインは好きですね。
    「TA960」ああ!タクロオかあ?!くだらないなあ!
    デザインはいいんだけど、内容がくだらん。

    「つま恋」ロゴ「Ima」は、デザインは最悪だけど
    こめられてる意味が素晴らしかった。

    omiya
    5000円以上買うと、もれなく、会場限定キーホルダーがもらえます。
    もし、1万円以上買う方は、5000円ずつ2回に分けて買いましょうね。
    一辺に買うと、キーホルダー一個しかもらえません。
    面倒でも、2回に分けて買えば、2個もらえます。

    私は、買ってから気づいた。残念。。。

    それから、キャップは早めに買いましょうね。
    大宮では、早々に売り切れてしまいました。

    さて、コンサートの内容ですが
    どうせ、また、どっかのサイトでネタバレするでしょうから
    ここでは、多くは語りません。

    総じて、バックが瀬尾バンドなので、
    「2005年ツアー」「つま恋2006」とあまり変わりはありませんが、
    拓郎の「つま恋こぼれ話」は面白かったです。

    曲は、流石に今回は全部わかって、楽しむことができましたよ。
    「この指止まれ」って、私にとっては、かなり新しい部類の
    曲なんですが、ここのポイントで、みんな立つんですねえ!
    知りませんでした!

    それにしても、まるまる3時間!!
    こんなに唄うのは、大宮初日だけだと拓郎言ってました。
    MCも、大宮で試して、もし受けたら金沢以降でも
    話すと言ってました。

    いやいや、「つま恋」での欲求不満が見事に燃え尽きました。
    きちんと、逝かせてくれましたよ!
    野外も独特な雰囲気があるけど
    屋内の閉鎖された空間が、やっぱ、好きだなあ。

    この次は、新潟参戦です。
    かなり、前ですぞ!よろしく!

    【2006/10/24 21:08】 吉田拓郎 | TRACKBACK(1) | COMMENT(10) |
    みんな丸くなったね!~つま恋2006~
    イーオン

    今週1週間は、秋晴れのいい天気が続きましたね。
    そんな中、家の近所に巨大なショッピングセンターが本日開店しました。
    サティと170の専門店(35の飲食店を含む)が入ってます。
    総売り場面積22万平方メートル!
    10シネマある映画館も併設されています。
    北関東一だそうです。
    こんな田舎の田んぼのど真ん中に
    これほど大きな建物が建っている光景は
    ちょっと異様にも感じます。

    17日から、プレオープンだったので早速会社帰りに寄って見ました。
    アクセス道路は、大渋滞!3000台収容の駐車場はほぼ満杯です。
    4階の駐車場に止め中へ入りました。

    1~3階のフロアに170もの店舗が並びます。
    いや、凄いですね!
    高崎の街・人が、全部引っ越してきたようなイメージです。
    スーパー、ブティック、宝石店、床屋、楽器屋、本屋、マクド、ミスド、
    サーティーワンアイス、などありとあらゆるお店が軒を連ねます。
    ウィンドショッピングしているだけでも、いい運動になります。
    犬の散歩はできませんが、、、
    子供連れでしたら、休日は一日ここで過ごせるでしょう。

    拓郎つま恋3

    さて、「つま恋2006」
    5曲目「淋しき街」/CDAL「LONG TIME NO SEE」
    6曲目「消えてゆくもの」/CDAL「こんにちわ」
    2曲とも、1~2回は聞いた事がありますが
    題名が思い浮かびません。

    コンサート前には曲順についてあちこちのサイトで
    最初は、懐かしい曲を5~6曲たたみ掛けるように歌って
    一気にテンションを盛り上げるに違いないと予想していました。

    宛てがはずれましたね!
    出だし、確かにテンション上がりましたが
    最初から、スタンディングのままで、最後まで持つのかい
    8時間だよ、ずっと立っていられるの!?

    この題名の浮かばない5曲目からは一挙に盛り下がり
    そうそうに座ってしまいました。

    31年ぶりということで、観客は当時のテンションを
    挑発するような盛り上げを期待していたのでしょうか。
    残念ながら?拓郎は既にすっかり丸くなってしまっていて
    挑発の「ち」の字もありません。
    こうした、拓郎に肩透かしを味わった方も多いかも知れませんね。

    私の後ろの通路に陣取った40前後の若者?は
    すっかり酩酊状態で、なにやら、悪口雑言わめいていました。
    「ぶっ殺すぞ~」とかまるでやくざです。
    気になって、コンサートどころではありません。
    ちょっと憂鬱になりました。
    そうこうしているうちに、やはり係員に注意され
    どこかへ行ってしまいました。
    一体何を期待して「つま恋」にやって来たのでしょう。
    「拓郎」に野次を飛ばして、客に嫌がらせをするということは
    「かぐや姫」ファンだったのでしょうか!?
    おっと、これは失言です。
    「かぐや姫」ファンはもっと紳士ですよね。
    じゃあ「泉谷しげる」ファンが紛れ込んでいたのかもしれませんね。
    これも、まずいかな。。。
    【2006/10/20 21:46】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
    360度大パノラマってどうよ!~つま恋2006~
    谷川岳2

    先週の土曜日に、水上の「谷川岳」に行って来ました。
    生まれてからずっと群馬に住んでいながら
    「谷川岳」を訪れたのは、初めてのことです。
    意外にも紅葉にはちと早かったようです。
    土合駅から、高速ロープウェイで天神平まで登ったのですが
    着いてみると、ご覧のありさまです。

    谷川岳1

    うたい文句の「360度、壮大な大パノラマ」ってどこ???
    視界10m、うっかりすると、遭難しそうです。
    日頃の心がけ行いが悪いのでしょうか
    早々に下山し、紅葉を求めて、照葉峡
    奈良俣ダムを過ぎてしばらくすると、湯ノ小屋沢沿いの景観が一変します。
    素晴らしい紅葉です。話には聞いていたけどこれほどとは思いませんでした。

    紅葉

    天気が晴れだったら、きっともっと素晴らしかったでしょう。

    さて、「つま恋」4曲目は『ひらひら』です。
    LIVE’73
    LIVE’73

    この曲は、1973年12月に発売されたアルバム「Live'73」の
    B面5曲目に収められています。詞:岡本おさみ/曲:吉田拓郎
    都会の人間模様といいましょうか、はたまた人間関係といいましょうか
    詞と曲が見事にマッチした、コンビ作品の中でもベスト5に入る
    名曲だと思います。
    我々くらいの年になると、もう一線からははずれていますから
    幸か不幸か「ひらひら」状態は既に過去の話になっています。
    「つま恋」で一緒に観戦した、大学時代の友人は、某商社に勤めており今も一線で頑張っているようですが、接待接待で大変なようです。接待といっても内実は「男芸者」で、「ひらひら」な世界に埋没している毎日だそうです。体を壊さなければ良いのですが、それだけが心配です。

    【2006/10/16 22:18】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    いや~!不覚でした!~マークⅡ~
    seisyunnouta

    「マークⅡ」と言えば、「オンステージともだち」や
    「LIVE'73」で、すっかりおなじみの歌ですが
    CD付きマガジン『青春のうた』第19号を読んで私は愕然とした。

    同誌によると、この歌は、'70年3月にエレックから
    「イメージの詩」のB面として発売された。
    しかし、このバージョンの音源は自主制作版
    「古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう」
    収録のもので、ドラムレスだった。
    これが不満だった拓郎の希望で、ジャズギタリスト
    沢田駿吾のカルテットをバックに再録音され5月20日に発売された。

    mark2

    不覚にも、私はこの記念すべきデビューシングル音源を
    今の今まで聞いた事がなかった。
    『青春のうた』第19号で、デビュー曲がジャズバージョンだった
    ことを知り、改めて聞いてみた。

    なんと新鮮なんだろう。
    まるで、拓郎の新曲を聞いているようだ。
    すばらしい!!!
    【2006/10/13 22:39】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(7) |
    群馬フォーク村の集いへのお誘い~70年代フォーク~
    群馬フォーク村「初顔合わせの集い」へのお誘い

    稲穂

    秋冷の候、いかがお過ごしでしょうか
    「つま恋」熱も少しずつ冷め始めた頃ではないでしょうか
    そんなことを見越してか、10/23、29には
    NHKで「つま恋」の特集をやります。
    くれぐれも、ビデオチェックお忘れなきよう!
    とりわけ、23日は、秋ツアー初日が、大宮で開かれます。
    出かける前に必ず録画予約しておきましょうね。

    青空

    大宮のチケット、私のところにも届きました。
    20列あたりですから、まあまあと言うところでしょうか
    「つま恋2006」では、C2の最後尾でしたから
    ステージ上での拓郎は、米粒でしたね。
    今回はそんなことはないと思います。
    つま恋が終って始めてのライブですから
    きっと、いろんな、話がでることでしょう。
    とても楽しみです。

    秋桜

    前置きが長くなりました。
    さて、本題ですが、、、

    来月11月に、下記の通り
    『群馬フォーク村初顔合わせの集い』を開催します。
    既にフォーク村会員に申し込まれた方、これから申し込む方、
    また、会員には加入しないけど『集い』に参加してみたい方、
    などなど、県内、県外、年齢など一切問いません。
    60年代、70年代フォークにどっぷり浸かりたい方
    是非ご参加ください。

    参加申込はこちらよりどうぞ。
    申込締切は11月4日(土)までです。
    よろしくお願いします。

    -・-・-・-・< 記 >・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
    1.日時:平成18年11月18日(土)、6:00PM~
    2.場所:レストランモンドォール
        群馬県前橋市石倉町2-4-1 ロングサンドホテル1F
        TEL.0120-038391
        URL.http://www.longsand.com/hotel/mdr.htm
         ※宿泊:http://www.longsand.com/hotel/
         ※駐車場あり。JR新前橋駅より徒歩10分(送迎可)
    3.会費:6000円(フリードリンク)
    4.集いの主な内容
       ・フォークソング歌いまくり。(全員歌っていただきます)
       ・群馬フォーク村の今後の運営について
        ※当日は、ヤマハ(AG)、マーチン(AG:D-28)、グレコ(SA)
         トーカイ(RS)などご用意いたします。
    -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
    【2006/10/11 16:13】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |
    つま恋打ち上げパーティー~つま恋2006~
    打ち上げ

    今日、つま恋打ち上げパーティーを開きました。
    急な話だったので、いろいろ事情があり
    参加できなかった方もおりましたが
    総勢10人で細々と盛り上がりました。

    いや~みんなフォークについてはそれぞれ相当濃い
    こだわりを持っっているようで頼もしい限りです。

    5時から2時間の予定でしたが
    あっという間に、過ぎてしまったので
    1時間延長してもらいました。

    自己紹介の後、歌のコーナーでは
    かぐや姫、陽水、拓郎、果ては
    デルシャノン「悲しき街角」まで飛び出しました。
    幅が広い!

    11月18日の「群馬フォーク村の集い」が楽しみです。

    PS:告知
    コー児

    参加者の一人に若手で、「新井コー児」という作家名の絵描きさんがおりました。
    ジャンル?は「漫画絵画」だそうです。
    拓郎おたくな方で、毎年北海道の「居酒屋拓郎」に顔を出しているそうです。
    「居酒屋拓郎」の情報をいろいろ聞かせてもらいました。
    今度下記のとおり、銀座で個展を開くそうです。
    是非行ってあげてください。
    彼の作品には、拓郎のLPのジャケットが必ず描かれています。
    本人がいましたら、是非声をかけてやってください。
    「拓郎」の一言で、絵はそっちのけで反応しますよ。
    -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
    2006年11月6日(月)~11日(土)
    11:30~19:00(最終日は17:00まで)
    なびす画廊
    銀座1-5ギンザファーストビル3F
    http://www.nabis-g.com/exhibition/2006/arai-k.html
    -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

    【2006/10/09 22:18】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
    少年の心~つま恋2006~
    今日、4時頃、犬の散歩に行ったら、北東の赤城山の方に虹を見ました。
    子供の頃は外でばかり遊んでいたから、
    虹なんてしょっちゅう見られましたよね。
    大人になってからは、会社でも家でも、あんまり外に出ないから
    めったに虹なんて見ることはありません。

    一説では、「少年の心」を失ったら
    もう虹を見ることはできないと聞いたことがあります。
    と言うことは、私の心は「少年」の頃のまま?
    純粋と言うこと?えへへ。。。

    新星堂1

    先日「新星堂」の通販で拓郎のCDなど2枚を購入したら、今日それが届きました。

    新星堂2

    うれしいのは、つま恋2006のポスターが2枚同梱されていたことです。
    「新星堂」の店頭には、置いてないようで、対象CDを買うと
    応募ハガキが付いていて、それを送ると先着順で送ってもらえるようですね。

    皆さん、すぐにお近くの新星堂に駆けつけましょう。
    フォークエイジの小冊子は、TAKEFREEで置いてありますから
    「つま恋2006DVD」を予約したついでにどさっと持ち帰りましょう。
    【2006/10/07 21:25】 フォークソング | TRACKBACK(1) | COMMENT(1) |
    時計にはじかれていた日々~つま恋2006~
    吉田町

    T'sが更新されています。
    秋のツアーもまた引き続いて瀬尾バンドとやるらしいですね。
    「つま恋2006」を見逃した人のための「つま恋追加公演」みたいなものですね。
    つま恋参加組みにとっては打ち上げみたいな意味もあるかも知れません。
    今回のつま恋では、記念写真も撮れず、グッズも買えず後悔しきりです。
    秋ツアーではどんなグッズが販売されるのでしょう?
    つま恋グッズの追加販売やって欲しいですよね。

    あの趣味の悪いヴィンテージキャップが
    オークションで12000円の値がついてますよ!!!

    そう言えば、秋ツアーのスポンサーはどこなんでしょう???

    さて、「つま恋2006」3曲目は「海を泳ぐ男」です。

    この曲は、1992年7月に発売されたアルバム
    「吉田町の唄」の6曲目に収録されています。

    と、後になって調べてわかったのですが
    私は、この曲を1~2回しか聞いてなかったので
    全く題名は思い浮かびませんでした。

    実は今回「つま恋2006」に参加するに当たり
    拓郎の全アルバム曲を事前に聞いて、
    曲目リストも作っておいたのですが
    歌いだしの歌詞までは用意してなかったので
    のっけから、つまづいてしまいました。

    どうも1980年以降の曲は題名が覚えられません。

    因みに、このアルバムの中には名曲があります。

    ③夏・二人で(詞・曲/及川恒平)
    ⑦今度はいったい何度目の引越しになるんだろう(詞・曲/吉田拓郎)
    ⑩吉田町の唄(詞・曲/吉田拓郎)




    【2006/10/06 21:00】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    ひょっとしたらつま恋?!?~つま恋2006~
    サンデー毎日

    今日、会社の生協で、何気なく数冊の週刊誌を見ていたら
    サンデー毎日(10/15)の巻頭グラビアにつま恋のカラー写真が
    4ページに渡って掲載されていました。

    拓郎がシャウトして、反り返るシーン、かっこいい!!!

    病院とかの待合にあるのを、持ち帰ってはいけませんよ!

    さて、つま恋、2曲目
    「ペニーレーンでバーボン」
    1974年12月アルバム「今はまだ人生を語らず」
    のA面、1曲目の曲です。
    拓郎のアルバムで一番好きなのを一枚挙げろと言われれば
    迷うことなく、このアルバムを挙げますね。

    74年の秋ツアーは二晩続けて見に行きました。
    当時、この曲は「原宿ペニーレーンで飲んだくれて」という題名でした。

    バックバンドが、浜省率いる「愛奴」というグループでした。
    浜省はドラムやっていましたね。
    シンバルを何度か倒して、拓郎のご機嫌を損ねました。
    (拓郎のオールナイトニッポン談)

    2日行った初日に、ピックを投げるという行為を目撃したので
    二日目には、なんとか拾おうと待機していたところ
    案の定投げました。
    野球のホームランボールと同じように
    いっせいに、人が群がりました。

    私もその放物線の軌跡に近いところにいたので
    すぐさま飛びつきましたが、ダメでした。
    やがて、群がってた観客も諦めて席に着いた頃
    隣の席の友人が、「ひひひ」と、おかしな笑みを浮かべ
    なにやら白いものを私に見せるではありませんか

    おおお~~~!!!

    なななんと~、友人が拾っていたのだ。

    確か御茶ノ水にある「カワセ楽器」のピックだったと思います。

    その友人とは、今回の「つま恋2006」で、一緒にライブを楽しみました。
    当時のピックは、額に入れて飾ってあるそうです。

    いつか、ひまコレクション館が出来たら、寄贈してもらいましょう。

    この曲で私が書きたいことは
    「同志ってこんなに悲しいんだろう」ブログのawakakさんが
    既に書いていますので止めます。

    taku1974sibuya7.jpg
    (1974年10月29日神田共立講堂)

    【2006/10/05 21:46】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
    じんわり実感が湧いてくる今日この頃~つま恋2006~
    1曲目

    こんばんは、時の流れは早いもので
    あれから、もう2週間が過ぎようとしています。
    秋冷の候、いかがお過ごしでしょうか

    私はといえば、バスツアーの残骸がまだ片付かずにいます。
    ビデオ録画も、ゆっくり見ていません。
    今度の三連休にじっくり味わいたいと思います。

    さて、「つま恋2006」を、振り返ってみましょう。

    1曲目:「旧友再会フォーエバーヤング」

    今更、紹介するまでもありませんが
    1982年に山本コータローと山田パンダのデュオのために
    つくった歌で1984年には、そのままのタイトルで
    拓郎自信がアルバム及びシングルを出しました。

    このアルバムは、70年代の代表作「今はまだ人生を語らず」
    以降、80年代の代表作と言われています。

    B面④、「one last night」が翌年の「つま恋'85」に
    シンクロしていたとは、当時誰も気づかなかったでしょう。

    今回の、拓郎の1曲目の予想が当たっていた人は
    おそらく一人もいなかったのではないでしょうか。
    かく言うわたしも、当たりませんでした。

    こうして、聞いて見ると、ごく当たり前と言えば
    当たり前なのですが。。。
    「かぐや姫」との「つま恋」での再会、
    すっかり丸くなった「観客」との再会、
    ぴったしの選曲だと思います。

    この年になって、歌詞の内容がよ~くわかる1曲です。

    私にとっての「マッターホルン」の1合目が
    「つま恋2006」です。
    もう登り始めてるんですねえ!

    【2006/10/04 21:44】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    つま恋の記事いろいろ~つま恋2006~
    週刊ポスト

    今日は。会社帰りに本屋へ立ち寄りました。
    どなたの情報でしたか
    今日発売の「AERA」に「つま恋」の記事が載るとか
    カラーでしけど、たった2ページでした。

    ついでにと思い他の週刊誌も覗いて見ました。
    「週刊朝日」に田家秀樹が記事を書いています。
    2ページ、写真は、ありません。

    案外良かったのが「週刊ポスト」です。
    白黒ですが、最初の拓郎とかぐや姫の写真が
    どーんと2ページ見開きで載っています。
    お勧めですぞい。

    「つま恋」の記事は結構あちこちの新聞にも載っていますね
    読売、朝日、日経、、、
    驚いたのは、群馬のローカル新聞
    「上毛新聞」の別紙スポーツ版にも、
    今頃評論家の記事が載っていました。
    minibasu

    オークションでは、ミニチュアバスが
    通販の2倍の値段で、落札されています。

    このコンサートの経済効果は凄いんでないの!!!
    【2006/10/02 21:30】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。