Webフォーク村ブログ
吉田拓郎 '70年代フォークソングとともに歩んだ私の青春
     

02 | 2007/03 | 04
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント
歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント




  • 拓郎ツアー(02/28)
  • 及川恒平 X'masLive'08 in 前橋(11/24)
  • 猫 ライブ2008 in 前橋(10/23)
  • 四角佳子オンリーライブ’08チケット申込み受付(08/03)
  • 吉田たくろうとミニバンド完全再現ライブ~井上ともやすバンド(07/17)
  • 拓郎オンリーナイトライブ(06/22)
  • 思えば遠くへ来たもんだ~拓郎を探し求めて~(06/18)
  • 緑化ぐんまフェアー~駅前ライブ(05/12)
  • 群馬フォーク村ライブに忠英さん現る!!!(04/29)
  • 久々の軽井沢~君住む街~(04/13)
  • (07/30)
  • 新井コー児 (07/23)
  • みっちゃん (07/19)
  • みっちゃん (06/25)
  • ひま (06/24)
  • BIN (06/23)
  • 新井コー児 (06/22)
  • あこぱらハウス蔵 (04/30)
  • 佐恵子 (04/11)
  • 団塊世代 (04/10)
  • たまりんの気ままなPC日記:結婚しようよ(02/07)
  • 本ナビ!by Tamecom,小説吉田拓郎:たけしの誰でもピカソ(01/10)
  • Newsエンタメ/デジタル,フォーク検定&拓郎検定:オヤジだフォークだ青春だ!熱く語るための検定本出版(01/09)
  • ななのblog:SMAP×SMAP(05/30)
  • たまりんの気ままなPC日記:吉田拓郎が初のバンドツアー 小ホール限定(05/23)
  • たまりんの気ままなPC日記:鈴木ヒロミツさんが死去(03/16)
  • Daily Shit:鈴木ヒロミツさん死去(03/15)
  • Daily Shit:70's フォークの殿堂(03/09)
  • アイドル専科-ポップコーン:野口五郎について-アイドル専科-ポップコーン(02/09)
  • リナの記録:井上陽水(01/12)
  • 2009年02月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (4)
  • 2008年03月 (2)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (14)
  • 2006年09月 (10)
  • 2006年08月 (9)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (11)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (12)
  • 2006年02月 (17)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (11)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (14)
  • 2005年07月 (10)
  • 2005年06月 (3)
  • 2005年05月 (7)
  • 2005年04月 (2)
  • 棚から一掴み (0)
  • 深夜放送 (9)
  • 音楽番組 (3)
  • 吉田拓郎 (66)
  • フォークソング (164)
  • グループサウンズ (9)
  • フュージョン (1)
  • '60年代フォークソング (4)
  • '70年代フォークソング (38)
  • '80年代フォークソング (1)
  • '90年代フォークソング (0)
  • 2000年代フォークソング (0)
  • アーティスト (23)
  • 群馬フォーク村ブログ
  • 同志ってこんなに悲しいんだろう
  • 私の吉田拓郎物語
  • すみれ
  • タクロウマニア
  • よもやまりゅう
  • guitar-column
  • 風景と情景
  • きまま日記
  • 古本のともしび洞-店主の独白
  • 今はまだ人生を語らず
  • たまりんの気ままなPC日記
  • @うまの四方山話(音家日記)
  • 王様たちのピクニック
  • フォーク酒場「落陽」
  • 私設 吉田拓郎ホームページ
  • 吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~
  • TY コンサート事務局
  • IMPERIAL RECORDS
  • 南高節
  • 伊勢正三
  • 山田パンダ
  • 田家秀樹 最新情報
  • 風に吹かれて
  • 管理人へのメールはこちら


  • ブログランキング・にほんブログ村へ


    TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005 Live & His RARE Films



    TSUTAYA online

    楽天トラベル

    標準バナー120x60

    gatewayバナー130-18

    有賀園ゴルフネットトップページ7
    社名ロゴ88×631

    DVD22%OFF120×60

    三井住友VISAカード緑3


    ひま
  • 管理人:ひま
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • *使用方法*





    Just MyShopへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    今日までそして明日から~By吉田拓郎~
    daidou1

    あなたは、タイムマシンに乗って、過去に戻り
    もう一度人生をやり直したいと思いますか。

    まあ、難しいことは考えずに単純に過去のあの時へ
    1回だけ戻れるとしたら、どうします。

    ただし、現在へは、二度と戻れません。

    私は、過去を思い出として懐かしむ事はありますが
    絶対に戻りたいとは思いません。

    ターニングポイントは、沢山ありました。

    あの時、右の道を選択していたらどうなっていただろう。
    あの時、彼女と別れなかったらどうなっていただろう。
    あの時、今の会社を選ばなかったらどうなっていただろう。

    とかね。。。

    ナンセンスと言われてしまえばそれまでですが

    例えば、「つま恋2006バスツアー」を企画していなかったら
    多分、「群馬フォーク村」の結成はなかったかも知れません。
    そして、多くのフォーク村会員との出会いはなかったでしょう。
    これは、いい方の選択をしたんだと思います。

    結婚を意識した女性は何人かいました。
    最終的に、現在の妻を選んだわけですが
    その結果は、いいのか悪いのか
    すべてが、繋がっていて、今があるのだとすれば
    「よかった」としか言い様がないでしょう。

    妻にとって見れば、
    今がいいのか悪いのか
    悪いとすれば、私と結婚したことをきっと後悔している事でしょう。

    過去、明日が来るのが、怖いと思った時期がありました。
    今は、明日を待つのがとても楽しみです。

    今日までそして明日から
    振り返って見るのもいいさ~
    道草食うのもいいさ~
    僕らの旅は果てしなく続く~



    春の風が運ぶのは
    甘い花の香りと 君の笑顔
    幼い恋の思い出も
    いつしか あざやかに 
    この胸によみがえる時がある
    君は今ごろどうしているの
    幸せならそれでいい
    涙で枕をぬらしていないか
    心を傷めていないか

    眠れぬ夜には あの頃に
    二人で歌った歌を口ずさむのさ
    初めて知った口づけは震えて
    何も覚えていないものだね
    凍えた心を溶かして欲しい
    君にもう一度会えたなら
    僕はその手を離さないだろう
    後悔するのはもうごめんさ

    夢から目覚めた時のように
    いつしか流れて行った歳月を
    追いかけ手をのばしてみても
    かげろうのようにむなしく消えてゆく君よ
    凍えた心を溶かして欲しい
    君にもう一度会えたなら
    僕はその手を離さないだろう
    後悔するのはもうごめんさ


    スポンサーサイト
    【2007/03/24 21:14】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
    なんと!!!歯が折れました!!!

    オオオ~~~~!!!


    なんと、歯が折れました。↓↓↓

    イカの燻製を食べていたら
    なにやら、異物の感触!!!

    直感的に、歯だ、、、、、!!!!

    取り出して見ると
    以前から、気になっていた、昔神経を抜いた「死に体」の歯でした。

    珊瑚同様、人間の歯は神経を抜くと、死ぬと聞いていました。

    正に、今日、20年以上も主人に仕えた分身が逝きました。

    丁重に葬りたいと思います。
    群馬フォーク村:第1回フォークギター教室(初歩)
    ion

    18日日曜日は、群馬フォーク村第1回ギター教室(初歩)を開催しました。
    フォーク村としては、初めての公的活動になります。

    講師7人、受講者20名、このくらいが一番教えやすいかもしれません。
    講師1人あたり、受講者2~3人になります。

    今回は、初歩と言う事だったのですが
    かなりハイレベルな方もいらっしゃって
    その辺は、募集の仕方にも、問題があったかも知れません。

    総体的には、70点くらいかなと自己満足しています。

    私が、高2の時、初めてギターをはじめた時には
    教えてくれる人なんかいませんでした。
    と言うか、知りませんでした。

    ひたすら、コードを覚え、テープを聞いて、練習したもんです。

    特に、拓郎の曲は、コードが単純なので、その辺は楽でした。

    ユーミンや、オフコースは弾けませんでしたね。

    その後、会社に入ってから20年余りギターは触っていませんでした。

    4年前から、また、ギターを引っ張り出して、今はとても楽しい毎日です。

    【2007/03/19 21:31】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
    夢一夜~不倫の歌~南こうせつ
    夢一夜

    この歌は、宇崎竜童の妻、阿木燿子が作詞したものです。
    確か、化粧品のCMソングになっていましたよね。

    内容は一言で言えば「不倫」の歌です。
    切ないまでに、身勝手な男に溺れて行く様を描いています。

    高節は「不倫」をしたかどうか知りませんが
    コンサートでは、いつも、この歌への思い入れを語っています。

    一般道徳で言えば、「不倫」は道徳に反している行為と
    言う事になるのでしょう。

    しかし、演歌しかりですが、どうしてこう道徳に反していると
    わかっていながら「不倫」の歌がヒットするのでしょう。

    それは、人間誰しも、そういう行為に、
    密かにあこがれているからではないでしょうか。

    しかし、現実は悲惨です。
    どちらか一方が必ず、傷つき、犠牲になります。

    一夫多妻制(又は一妻多夫制)には「不倫」という定義はないのでしょうね。

    「不倫」は成就してしまうと白けてしまうことが多いようです。
    やはり「禁断の実」は甘いのでしょうか。


    夢一夜 南こうせつ

    阿木燿子 作詞
    南こうせつ 作曲

    素肌に片袖 通しただけで
    色とりどりに 脱ぎ散らかした
    床にひろがる 絹の海
    着てゆく服が まだ決まらない
    いらだたしさに 唇かんで
    私ほんのり 涙ぐむ
    貴方に逢う日の ときめきは
    あこがれよりも 苦しみめいて
    ああ 夢一夜
    一夜限りに咲く花のよう
    匂い立つ

    恋するなんて 無駄なことだと
    例えば人に 言ってはみても
    貴方の誘い 拒めない
    最後の仕上げに 手鏡見れば
    明かりの下で 笑ったはずが
    影を集める 泣きぼくろ
    貴方に逢う日の ときめきは
    喜びよりも せつなさばかり
    ああ 夢一夜
    一夜限りと言いきかせては
    紅をひく

    貴方を愛した はかなさで
    私はひとつ 大人になった
    ああ 夢一夜
    一夜限りで醒めてく夢に
    身をまかす


    【2007/03/17 20:53】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |
    「モップス」の鈴木ヒロミツさん死去
    モップス

    GS「モップス」の鈴木ヒロミツさんがお亡くなりになったそうです。
    肝細胞がんだったそうです。拓郎と同じ60歳。

    鈴木ヒロミツさんと言えば、1960年代後半から70年代前半にかけて、
    グループサウンズ「モップス」のボーカルとして活躍しました。
    「朝まで待てない」「たどり着いたらいつも雨ふり」などをヒットさせました。
    井上陽水とも親交が深く、彼が歌う「傘がない」は必聴です。
    役者としても、個性的でまだまだこれからの人なのに
    また、惜しい人が逝ってしまいました。

    70年代のフォークが新録音で発売決定 !
    70’sfolk

    70’S フォークの殿堂「ケン&メリー、我が良き友よ、遠い世界に。。。」
    インディペンデントレーベル [アーティスト] オムニバス
    ASIN:B000NIVN0A /CD
    発売日:2007-04-18
    ランキング&評価:---位
    価格:¥ 3,000 [2007-03-08 Amache]

    団塊の世代の青春回帰がここ数年話題になっています。
    団塊の世代に限らず、70年代をリアルタイムに過ごした
    中高年の間で、フォークソングのムーブメントが広がっています。
    群馬では「カバコン」と言って、60~80年代の歌を
    アコースティックに拘ってカバーするというコンテストが
    先日公的機関により開催されました。

    そんなおり
    ジャパンミュージックシステムと言うところから
    『70's フォークの殿堂』CDが4月18日に発売されるそうです。

    収録されるのはBUZZの「ケンとメリー~愛と風のように~」からシモンズの「恋人もいないのに」など7アーティスト全15曲。すべてが本人による新レコーディング作品だそうです。

    <全収録曲>

    ■斉藤哲夫/「されど私の人生は」「ピエロ」
    拓郎ファンにはおなじみです。
    拓郎が歌ったおかげで、随分印税が入ったそうです。
    それによって、吉田拓郎が売れていることを知ったそうです。

    ■中川五郎/「腰まで泥まみれ」「Come to bed side」
    「受験生のブルース」や「主婦のブルース」の原曲を作った人。
    「腰まで・・・」は風刺の利いた反戦歌ですね。

    ■シモンズ/「恋人もいないのに」「愛する喜びを愛する人に」
    女性デュオ、当時はピンクピクルスというデュオもいました。
    「恋人も・・・」は西岡たかしさん作曲です。

    ■BUZZ/「愛と風のように」「君を迎えに来たよ」
    「愛と・・・」は日産スカイラインのCMソングでした。
    波長の長い独特なビブラートが心地よいです。
    「はつかり5号」も好きです。

    ■加奈崎芳太郎/「ちどり足」「最後の誘惑」「さなえちゃん」
    元「古井戸」ですね。
    なぜか、「さなえちゃん」と、RCSの「僕の好きな先生」が
    ダブります。

    ■ムッシュかまやつ/「我が良きともよ」「どうにかなるさ」
    つま恋2006がなつかしい!!!

    ■西岡たかし」/「食パンさん」「遠い世界に」
    「五つの赤いふうせん」のリーダー
    拓郎とも「10年目のギター」で共演しました。
    【2007/03/08 21:36】 フォークソング | TRACKBACK(1) | COMMENT(2) |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。