Webフォーク村ブログ
吉田拓郎 '70年代フォークソングとともに歩んだ私の青春
     

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント
歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント




  • 拓郎ツアー(02/28)
  • 及川恒平 X'masLive'08 in 前橋(11/24)
  • 猫 ライブ2008 in 前橋(10/23)
  • 四角佳子オンリーライブ’08チケット申込み受付(08/03)
  • 吉田たくろうとミニバンド完全再現ライブ~井上ともやすバンド(07/17)
  • 拓郎オンリーナイトライブ(06/22)
  • 思えば遠くへ来たもんだ~拓郎を探し求めて~(06/18)
  • 緑化ぐんまフェアー~駅前ライブ(05/12)
  • 群馬フォーク村ライブに忠英さん現る!!!(04/29)
  • 久々の軽井沢~君住む街~(04/13)
  • (07/30)
  • 新井コー児 (07/23)
  • みっちゃん (07/19)
  • みっちゃん (06/25)
  • ひま (06/24)
  • BIN (06/23)
  • 新井コー児 (06/22)
  • あこぱらハウス蔵 (04/30)
  • 佐恵子 (04/11)
  • 団塊世代 (04/10)
  • たまりんの気ままなPC日記:結婚しようよ(02/07)
  • 本ナビ!by Tamecom,小説吉田拓郎:たけしの誰でもピカソ(01/10)
  • Newsエンタメ/デジタル,フォーク検定&拓郎検定:オヤジだフォークだ青春だ!熱く語るための検定本出版(01/09)
  • ななのblog:SMAP×SMAP(05/30)
  • たまりんの気ままなPC日記:吉田拓郎が初のバンドツアー 小ホール限定(05/23)
  • たまりんの気ままなPC日記:鈴木ヒロミツさんが死去(03/16)
  • Daily Shit:鈴木ヒロミツさん死去(03/15)
  • Daily Shit:70's フォークの殿堂(03/09)
  • アイドル専科-ポップコーン:野口五郎について-アイドル専科-ポップコーン(02/09)
  • リナの記録:井上陽水(01/12)
  • 2009年02月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (4)
  • 2008年03月 (2)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (14)
  • 2006年09月 (10)
  • 2006年08月 (9)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (11)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (12)
  • 2006年02月 (17)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (11)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (14)
  • 2005年07月 (10)
  • 2005年06月 (3)
  • 2005年05月 (7)
  • 2005年04月 (2)
  • 棚から一掴み (0)
  • 深夜放送 (9)
  • 音楽番組 (3)
  • 吉田拓郎 (66)
  • フォークソング (164)
  • グループサウンズ (9)
  • フュージョン (1)
  • '60年代フォークソング (4)
  • '70年代フォークソング (38)
  • '80年代フォークソング (1)
  • '90年代フォークソング (0)
  • 2000年代フォークソング (0)
  • アーティスト (23)
  • 群馬フォーク村ブログ
  • 同志ってこんなに悲しいんだろう
  • 私の吉田拓郎物語
  • すみれ
  • タクロウマニア
  • よもやまりゅう
  • guitar-column
  • 風景と情景
  • きまま日記
  • 古本のともしび洞-店主の独白
  • 今はまだ人生を語らず
  • たまりんの気ままなPC日記
  • @うまの四方山話(音家日記)
  • 王様たちのピクニック
  • フォーク酒場「落陽」
  • 私設 吉田拓郎ホームページ
  • 吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~
  • TY コンサート事務局
  • IMPERIAL RECORDS
  • 南高節
  • 伊勢正三
  • 山田パンダ
  • 田家秀樹 最新情報
  • 風に吹かれて
  • 管理人へのメールはこちら


  • ブログランキング・にほんブログ村へ


    TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005 Live & His RARE Films



    TSUTAYA online

    楽天トラベル

    標準バナー120x60

    gatewayバナー130-18

    有賀園ゴルフネットトップページ7
    社名ロゴ88×631

    DVD22%OFF120×60

    三井住友VISAカード緑3


    ひま
  • 管理人:ひま
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • *使用方法*





    Just MyShopへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    恥ずかしながら~クリスマスポエム
    xmas

    恥ずかしながら、クリスマスポエムをアップしました。↓
    http://www.rose.ne.jp/~hima13/poem/poem_top.htm

    <聖夜>

    お願いだ 僕の話を黙って聞いてくれ
    今日は いつもの冗談なんかじゃないんだ
    きっと君も感じていただろう
    このままいつまでも言い出せないままじゃ
    二人とも不幸になっちまう
    そんな気がするよ

    僕たちもう 子供じゃないよね
    別れの理由(わけ)もわかっている筈さ
    朝が来れば夢も覚めるね
    唇ふれあい ぬくもり抱いても
    確かめられるのは
    むなしさだけじゃ なかったかい

    こうして二人向かい合わせで
    何度も語り合ったよね
    煙草の煙にむせる真似して
    僕を笑わせてくれたっけ
    コーヒーカップに
    思い出たくさん浮かべてみたら
    どれも溶けきれないまま…
    今だって好きさ変わらないよ

    化粧の仕方もとてもうまくなって
    涙を見せたら台無しじゃないか
    弱虫だったね 君はいつも
    静かな夜だよ この街にも季節が流れ
    最後の時を恋人みたいに
    腕組み歩くのもいいさ

    さよならを言うよ 僕から先にね
    初めて出会った時のように
    笑顔で送ってくれるね
    君には何もしてあげられなかったけど
    せめて君の幸せ祈るよ
    もう二度と会えないから

    もう二度と

    会えないから

    スポンサーサイト

    【2005/12/03 18:58】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |
    この記事に対するコメント
    たえこ さんへ
    そう、この詩は、正直いうとかなり「外雪」を意識して作りました。「不幸になっちまう」って言うところは、拓郎になりきっていますよね。
    【2005/12/04 21:26】 URL | ひま #Zk/lHUeI [ 編集]


    はじめまして おじゃまいたします。
    ひまさんもブログもってらしたんですね。
    佐恵子さんにしてもみんな詩人ですね。
    ひまさんは男性だからこの詩を読んで第2の拓郎というか
    「外は白い雪の夜」パート2・隠されてたドラマという感じでした。
    今日はさかのぼって見させて頂きます。
    【2005/12/04 20:14】 URL | たえこ #- [ 編集]

    やめてくださいよ!
    いや~、辛い失恋の想い出の方がずっと多いです。
    「かっこいい」だなんて心にもないこと言わないで下さいよ。
    私の数少ない詩は、全部実話からきています。
    「松本隆」のように創作はできません。はい
    【2005/12/04 17:17】 URL | ひま #Zk/lHUeI [ 編集]

    実話?
    実は、実話なんですか??
    いいなあ、ひまさん、美しい思い出がいっぱいあって。
    きっと、ひまさんってかっこいい人なんだろうなあ。
    【2005/12/04 16:13】 URL | awakiak #- [ 編集]

    佐恵子さんへ
    人の別れにはそれぞれいろいろな訳があります。
    私は大学を卒業して、東京から群馬へ帰らねばなりませんでした。
    彼女は、岐阜で女姉妹の長女、やはり田舎へ戻る運命を背負わされていました。
    いっそ、憎しみあって別れる方が楽だったかもしれません。
    【2005/12/04 08:19】 URL | ひま #Zk/lHUeI [ 編集]


    「さよなら」聞くのがこわかったから
    わざとふざけてごまかしてた。
    あなたが笑ってくれれば、なんとかなる気がして。

    このままじゃ私達、だめになると分かってた。
    「さよなら」を決めてくれてありがとう。

    だけど、だけど涙が出てしまう。
    女は愛に生きてるから、明日からの自分が頼りないの。
    少しだけあなたの胸で泣いてもいいかな。
    明日からは、一人ベッドの中で泣くから。

    別れは悲しいけれど、涙涸れるほど泣ける恋の思い出があって今の私があると思います。恋を愛に育てるのは大変だけど、他人同士の男女がお互いを見返りなしで思いやれることができたら素敵ですよね。
    ひまさんの優しさがあふれている詩ですね。
    【2005/12/04 00:17】 URL | 佐恵子 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://hima13.blog11.fc2.com/tb.php/115-18e4d265
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。