Webフォーク村ブログ
吉田拓郎 '70年代フォークソングとともに歩んだ私の青春
     

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント
歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント




  • 拓郎ツアー(02/28)
  • 及川恒平 X'masLive'08 in 前橋(11/24)
  • 猫 ライブ2008 in 前橋(10/23)
  • 四角佳子オンリーライブ’08チケット申込み受付(08/03)
  • 吉田たくろうとミニバンド完全再現ライブ~井上ともやすバンド(07/17)
  • 拓郎オンリーナイトライブ(06/22)
  • 思えば遠くへ来たもんだ~拓郎を探し求めて~(06/18)
  • 緑化ぐんまフェアー~駅前ライブ(05/12)
  • 群馬フォーク村ライブに忠英さん現る!!!(04/29)
  • 久々の軽井沢~君住む街~(04/13)
  • (07/30)
  • 新井コー児 (07/23)
  • みっちゃん (07/19)
  • みっちゃん (06/25)
  • ひま (06/24)
  • BIN (06/23)
  • 新井コー児 (06/22)
  • あこぱらハウス蔵 (04/30)
  • 佐恵子 (04/11)
  • 団塊世代 (04/10)
  • たまりんの気ままなPC日記:結婚しようよ(02/07)
  • 本ナビ!by Tamecom,小説吉田拓郎:たけしの誰でもピカソ(01/10)
  • Newsエンタメ/デジタル,フォーク検定&拓郎検定:オヤジだフォークだ青春だ!熱く語るための検定本出版(01/09)
  • ななのblog:SMAP×SMAP(05/30)
  • たまりんの気ままなPC日記:吉田拓郎が初のバンドツアー 小ホール限定(05/23)
  • たまりんの気ままなPC日記:鈴木ヒロミツさんが死去(03/16)
  • Daily Shit:鈴木ヒロミツさん死去(03/15)
  • Daily Shit:70's フォークの殿堂(03/09)
  • アイドル専科-ポップコーン:野口五郎について-アイドル専科-ポップコーン(02/09)
  • リナの記録:井上陽水(01/12)
  • 2009年02月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (4)
  • 2008年03月 (2)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (14)
  • 2006年09月 (10)
  • 2006年08月 (9)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (11)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (12)
  • 2006年02月 (17)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (11)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (14)
  • 2005年07月 (10)
  • 2005年06月 (3)
  • 2005年05月 (7)
  • 2005年04月 (2)
  • 棚から一掴み (0)
  • 深夜放送 (9)
  • 音楽番組 (3)
  • 吉田拓郎 (66)
  • フォークソング (164)
  • グループサウンズ (9)
  • フュージョン (1)
  • '60年代フォークソング (4)
  • '70年代フォークソング (38)
  • '80年代フォークソング (1)
  • '90年代フォークソング (0)
  • 2000年代フォークソング (0)
  • アーティスト (23)
  • 群馬フォーク村ブログ
  • 同志ってこんなに悲しいんだろう
  • 私の吉田拓郎物語
  • すみれ
  • タクロウマニア
  • よもやまりゅう
  • guitar-column
  • 風景と情景
  • きまま日記
  • 古本のともしび洞-店主の独白
  • 今はまだ人生を語らず
  • たまりんの気ままなPC日記
  • @うまの四方山話(音家日記)
  • 王様たちのピクニック
  • フォーク酒場「落陽」
  • 私設 吉田拓郎ホームページ
  • 吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~
  • TY コンサート事務局
  • IMPERIAL RECORDS
  • 南高節
  • 伊勢正三
  • 山田パンダ
  • 田家秀樹 最新情報
  • 風に吹かれて
  • 管理人へのメールはこちら


  • ブログランキング・にほんブログ村へ


    TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005 Live & His RARE Films



    TSUTAYA online

    楽天トラベル

    標準バナー120x60

    gatewayバナー130-18

    有賀園ゴルフネットトップページ7
    社名ロゴ88×631

    DVD22%OFF120×60

    三井住友VISAカード緑3


    ひま
  • 管理人:ひま
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • *使用方法*





    Just MyShopへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    それぞれの「妹」
    オリジナル・ベスト
    オリジナル・ベスト
    加山雄三

    かぐや姫のヒット曲の中に「妹」という歌があります。また、加山雄三のヒット曲の中にも「僕の妹に」という歌があり、どちらも、嫁いで行く妹を送り出す兄の気持ちを歌い上げています。そして、両方とも二匹目の泥鰌がヒットし、彼らそれぞれの代表曲にもなっています。
    では、この2曲のなかの「兄と妹」の境遇を推察してみることにしましょう。
    まず、加山雄三の方ですが、これは、歌い手のイメージにも左右されますが
    「僕の妹に」に出てくる「兄と妹」は、やはりいいとこの「おぼっちゃま、お嬢さま」で小さい頃は、鎌倉か茅ヶ崎あたりのプール付きの豪邸に住んでいたと推測されます。庭には、緑の芝生が敷き詰められ、二人は幼い頃よくそこで遊びました。二人とも慶応幼稚舎から大学までエリート教育を受け、兄は人柄もよくスポーツ万能で、大学の頃には「若大将」と呼ばれ友情に厚い好青年でした。妹は、伸びやかに育ち、快活明朗でありながらしとやかさも併せ持つ、実の兄さえまぶしく見える美人でした。
    父は旧皇族の血筋をひく家柄に生まれましたが、親の縁談を断り、大学で知り合った酒蔵の娘と大恋愛の末結ばれるのです。しかし、それが原因で親からは勘当されてしまうのですが、もって生まれた才覚と言うか、親からもらった、車(外車)を売り払い、そのお金を元手に貿易商を起業すると、それがとんとん拍子に成功を収め、数年後には従業員100人、年商1億もの大企業に築きあげるのです。
    兄は大学に入ると、勉学の傍ら父の会社を手伝いました。親譲りの才覚は、みるみるうちに会社の売上を伸ばし、大学を卒業する頃には従業員も年商も元の3倍近くにまで発展させるのです。
    妹は2年で、大学に休学届を出すと、イギリスへ留学し、向こうで兄の貿易の仕事もサポートするようになります。やがて、イギリスに支社を設ける兄は、そこに大学時代の親友を派遣、そして、当然の成り行きのように、妹と親友は恋仲になるのです。兄はその辺のこともお見通しで親友を派遣したのでした。続く。。。


    僕の妹に/加山雄三
    作詞:岩谷時子

    僕の妹なら愛ひとすじに
    生きぬいておくれ一人の人に
    小さい頃僕を慕って
    駈けてきた君よ
    それがこの頃ぼくもまぶしい
    美しい娘さ
    涙うかべながら打ち明けた恋
    ぼくがついてるよ幸せになろう
    『よかったな!うれしいよ!
    どんな事があってもくじけるなよ
    ぼくの妹だろ』
    愛することは信じることさ
    君にならばできる
    どんなときにも優しいまごころ
    なくしてはいけない
    そばにいなくなれば淋しいけれど
    ぼくはただ君が幸せならいい

    かぐや姫メンバーズ大全集
    かぐや姫メンバーズ大全集
    南こうせつ,山田パンダ,風 かぐや姫


    スポンサーサイト

    【2005/12/11 18:36】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
    この記事に対するコメント
    理想的な兄
    かぐや姫の「妹」も加山雄三の「僕の妹に」も、登場する兄は妹にとっては理想的な兄なのです。私にも「妹」が一人おりますが、私は彼女にとって間違いなく理想的な兄ではありません。「妹」が結婚する時も、この歌のような感情はありませんでした。ちなみに「妹」の旦那は、大酒のみのヘビースモーカーです。頭も薄いです(笑)しかし、調理などや皿洗いはよくやってくれるそうです。兄とは似ても似つかない。
    さて、続きですが、とりあえず「加山」版「妹」はこれでお終いです。今度は、「かぐや姫」版「妹」です。果たしてどのような境遇がこの「兄と妹」にはあったのでしょうか。お楽しみに。。。
    【2005/12/14 18:48】 URL | ひま #Zk/lHUeI [ 編集]


    この曲みたいな兄がいたら、妹は良い出会いに恵まれて、幸せでしょうね。
    でも、妹にとってあまりにも理想的すぎる兄であれば、どんな素敵な男性も兄以上には思えなかったりして、、、。
    つづきはどうなるのでしょう。
    【2005/12/13 23:16】 URL | 佐恵子 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://hima13.blog11.fc2.com/tb.php/119-6a1d978f
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。