Webフォーク村ブログ
吉田拓郎 '70年代フォークソングとともに歩んだ私の青春
     

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント
歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント




  • 拓郎ツアー(02/28)
  • 及川恒平 X'masLive'08 in 前橋(11/24)
  • 猫 ライブ2008 in 前橋(10/23)
  • 四角佳子オンリーライブ’08チケット申込み受付(08/03)
  • 吉田たくろうとミニバンド完全再現ライブ~井上ともやすバンド(07/17)
  • 拓郎オンリーナイトライブ(06/22)
  • 思えば遠くへ来たもんだ~拓郎を探し求めて~(06/18)
  • 緑化ぐんまフェアー~駅前ライブ(05/12)
  • 群馬フォーク村ライブに忠英さん現る!!!(04/29)
  • 久々の軽井沢~君住む街~(04/13)
  • (07/30)
  • 新井コー児 (07/23)
  • みっちゃん (07/19)
  • みっちゃん (06/25)
  • ひま (06/24)
  • BIN (06/23)
  • 新井コー児 (06/22)
  • あこぱらハウス蔵 (04/30)
  • 佐恵子 (04/11)
  • 団塊世代 (04/10)
  • たまりんの気ままなPC日記:結婚しようよ(02/07)
  • 本ナビ!by Tamecom,小説吉田拓郎:たけしの誰でもピカソ(01/10)
  • Newsエンタメ/デジタル,フォーク検定&拓郎検定:オヤジだフォークだ青春だ!熱く語るための検定本出版(01/09)
  • ななのblog:SMAP×SMAP(05/30)
  • たまりんの気ままなPC日記:吉田拓郎が初のバンドツアー 小ホール限定(05/23)
  • たまりんの気ままなPC日記:鈴木ヒロミツさんが死去(03/16)
  • Daily Shit:鈴木ヒロミツさん死去(03/15)
  • Daily Shit:70's フォークの殿堂(03/09)
  • アイドル専科-ポップコーン:野口五郎について-アイドル専科-ポップコーン(02/09)
  • リナの記録:井上陽水(01/12)
  • 2009年02月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (4)
  • 2008年03月 (2)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (14)
  • 2006年09月 (10)
  • 2006年08月 (9)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (11)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (12)
  • 2006年02月 (17)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (11)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (14)
  • 2005年07月 (10)
  • 2005年06月 (3)
  • 2005年05月 (7)
  • 2005年04月 (2)
  • 棚から一掴み (0)
  • 深夜放送 (9)
  • 音楽番組 (3)
  • 吉田拓郎 (66)
  • フォークソング (164)
  • グループサウンズ (9)
  • フュージョン (1)
  • '60年代フォークソング (4)
  • '70年代フォークソング (38)
  • '80年代フォークソング (1)
  • '90年代フォークソング (0)
  • 2000年代フォークソング (0)
  • アーティスト (23)
  • 群馬フォーク村ブログ
  • 同志ってこんなに悲しいんだろう
  • 私の吉田拓郎物語
  • すみれ
  • タクロウマニア
  • よもやまりゅう
  • guitar-column
  • 風景と情景
  • きまま日記
  • 古本のともしび洞-店主の独白
  • 今はまだ人生を語らず
  • たまりんの気ままなPC日記
  • @うまの四方山話(音家日記)
  • 王様たちのピクニック
  • フォーク酒場「落陽」
  • 私設 吉田拓郎ホームページ
  • 吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~
  • TY コンサート事務局
  • IMPERIAL RECORDS
  • 南高節
  • 伊勢正三
  • 山田パンダ
  • 田家秀樹 最新情報
  • 風に吹かれて
  • 管理人へのメールはこちら


  • ブログランキング・にほんブログ村へ


    TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005 Live & His RARE Films



    TSUTAYA online

    楽天トラベル

    標準バナー120x60

    gatewayバナー130-18

    有賀園ゴルフネットトップページ7
    社名ロゴ88×631

    DVD22%OFF120×60

    三井住友VISAカード緑3


    ひま
  • 管理人:ひま
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • *使用方法*





    Just MyShopへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    「うらいべえと」の少女は一体誰!?~吉田拓郎~
    ぷらいべえと
    フォーライフミュージックエンタテインメント [アーティスト] 吉田拓郎
    ASIN:B00005G5HY /CD
    発売日:1990-02-21
    ランキング&評価:---位 4.67
    価格:¥ --- [2006-06-01 Amache]
    5 - そういえば、「くちなしの花」だった
    3 - 歌唱に「芸」があった
    5 - 初期のフォーライフを支えたレコードでした……
    5 - ぷらいべえとな拓郎が素敵
    5 - セルフカバーの原点

    1975年に、拓郎、陽水、小室、泉谷ら4人により
    「フォーライフレコード」が設立されました。
    そして、その年の11月に、拓郎の発案で、
    30万枚限定で、四巨頭揃い踏みによる夢のセッション・アルバム
    「CHRISTMAS」が発売されました。

    xmas

    ところが、これが大誤算で、売れ行きはさっぱりでした。
    内容的には、今更ご紹介するまでもありませんが
    おちゃらけ気分のマスターベーション的アルバムで
    コアなファンはともかく、一般受けは遠かったようです。
    そのおかげで、「フォーライフ」は経営危機にまで陥り
    急遽、1977年4月に応急手当として、拓郎が責任を取り
    発売されたのがこのアルバム「ぷらいべえと」です。

    これが思いのほか売れて、「フォーライフ」は首が繋がったわけです。
    このアルバムは、拓郎のセルフポートレイトとも言われ
    普段たくろうが口ずさんでいる歌や、作曲家吉田拓郎として
    他の歌手に提供した曲のセルフカバーが収められています。

    akuma

    昔、1975年当時のオールナイトニッポンで、「モノホンVSデモテープ大会」と
    題して、提供した歌手の歌と、拓郎のデモテープが放送された事がありました。
    元の曲が、どうアレンジされるのかなどとても興味深い放送でしたね。

    さて、この「ぷらいべえと」のジャケットですが
    森の中に佇んでいる一人の少女をイメージして
    拓郎自信が描いたと言う事は、もう皆さんご存知のとおりです。
    では、この絵の中の少女は一体誰をモデルにしたのか???
    先日「北陸拓ちゃんズ集会」に参加して、この疑問が解明しました。
    メンバーの一人MOTOさんから、帰り際に、一枚のカラーコピーを
    頂きました。それは、1976年?月号の「月刊明星」の切り抜きでした。
    そこに、拓郎のパステル画が掲載されていて、
    その絵の女性が元「キャンディーズ」のランちゃんであると
    解説されているのです。

    先日のフジTVドラマ「ザ・ヒットパレード」にも、キャンディーズの
    役で3人の女の子が出演していましたが、あの時の解散秘話なども
    放送されて、突然の解散告白は、予定されていたわけではないんだと
    今更、「へ~!」と納得してしまいました。

    因みに私は、3人の中では「ランちゃん」ファンでした。
    そう言えば、「ミキちゃん」どこへ行ってしまったんでしょうね?!?




    スポンサーサイト

    【2006/06/01 22:02】 吉田拓郎 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
    この記事に対するコメント
    とも さんへ
    「ルームライト」にしても、「春になれば」にしても
    とてもいい曲なのだけど、拓郎節、2人とも歌いづらそうだったですね
    趣味を一にする仲間とのふれあいは、前段を取っ払っちゃって
    いきなり本題で話せるところがいいですね。
    今年は、日本中のそういった集まりがあればできるだけ
    参加したいと思います。
    ただし、先方が呼んでくれないと行けませんが。。。
    【2006/06/02 20:09】 URL | ひま #Zk/lHUeI [ 編集]


    こんばんは~♪
    Yahoo!ミュージックAll Time吉田拓郎を聴きながらこの記事を読ませていただいておりました。
    すると「ぷらいべえと」からルームライトが・・・
    このアルバムの拓郎の声どれもハスキーで素敵です。
    中でも「春になれば」が私のお気に入り。
    ジャケットの女の子はランちゃんがモデルだったんだぁ~!!
    ちっとも知りませんでした。
    それに先日は楽しいひと時を過ごされたようで羨ましい限りです。
    出会いってやはり大事にしたいですね・・・


    【2006/06/01 22:57】 URL | とも #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://hima13.blog11.fc2.com/tb.php/192-5992cec6
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。