Webフォーク村ブログ
吉田拓郎 '70年代フォークソングとともに歩んだ私の青春
     

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント
歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント




  • 拓郎ツアー(02/28)
  • 及川恒平 X'masLive'08 in 前橋(11/24)
  • 猫 ライブ2008 in 前橋(10/23)
  • 四角佳子オンリーライブ’08チケット申込み受付(08/03)
  • 吉田たくろうとミニバンド完全再現ライブ~井上ともやすバンド(07/17)
  • 拓郎オンリーナイトライブ(06/22)
  • 思えば遠くへ来たもんだ~拓郎を探し求めて~(06/18)
  • 緑化ぐんまフェアー~駅前ライブ(05/12)
  • 群馬フォーク村ライブに忠英さん現る!!!(04/29)
  • 久々の軽井沢~君住む街~(04/13)
  • (07/30)
  • 新井コー児 (07/23)
  • みっちゃん (07/19)
  • みっちゃん (06/25)
  • ひま (06/24)
  • BIN (06/23)
  • 新井コー児 (06/22)
  • あこぱらハウス蔵 (04/30)
  • 佐恵子 (04/11)
  • 団塊世代 (04/10)
  • たまりんの気ままなPC日記:結婚しようよ(02/07)
  • 本ナビ!by Tamecom,小説吉田拓郎:たけしの誰でもピカソ(01/10)
  • Newsエンタメ/デジタル,フォーク検定&拓郎検定:オヤジだフォークだ青春だ!熱く語るための検定本出版(01/09)
  • ななのblog:SMAP×SMAP(05/30)
  • たまりんの気ままなPC日記:吉田拓郎が初のバンドツアー 小ホール限定(05/23)
  • たまりんの気ままなPC日記:鈴木ヒロミツさんが死去(03/16)
  • Daily Shit:鈴木ヒロミツさん死去(03/15)
  • Daily Shit:70's フォークの殿堂(03/09)
  • アイドル専科-ポップコーン:野口五郎について-アイドル専科-ポップコーン(02/09)
  • リナの記録:井上陽水(01/12)
  • 2009年02月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (4)
  • 2008年03月 (2)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (14)
  • 2006年09月 (10)
  • 2006年08月 (9)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (11)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (12)
  • 2006年02月 (17)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (11)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (14)
  • 2005年07月 (10)
  • 2005年06月 (3)
  • 2005年05月 (7)
  • 2005年04月 (2)
  • 棚から一掴み (0)
  • 深夜放送 (9)
  • 音楽番組 (3)
  • 吉田拓郎 (66)
  • フォークソング (164)
  • グループサウンズ (9)
  • フュージョン (1)
  • '60年代フォークソング (4)
  • '70年代フォークソング (38)
  • '80年代フォークソング (1)
  • '90年代フォークソング (0)
  • 2000年代フォークソング (0)
  • アーティスト (23)
  • 群馬フォーク村ブログ
  • 同志ってこんなに悲しいんだろう
  • 私の吉田拓郎物語
  • すみれ
  • タクロウマニア
  • よもやまりゅう
  • guitar-column
  • 風景と情景
  • きまま日記
  • 古本のともしび洞-店主の独白
  • 今はまだ人生を語らず
  • たまりんの気ままなPC日記
  • @うまの四方山話(音家日記)
  • 王様たちのピクニック
  • フォーク酒場「落陽」
  • 私設 吉田拓郎ホームページ
  • 吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~
  • TY コンサート事務局
  • IMPERIAL RECORDS
  • 南高節
  • 伊勢正三
  • 山田パンダ
  • 田家秀樹 最新情報
  • 風に吹かれて
  • 管理人へのメールはこちら


  • ブログランキング・にほんブログ村へ


    TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005 Live & His RARE Films



    TSUTAYA online

    楽天トラベル

    標準バナー120x60

    gatewayバナー130-18

    有賀園ゴルフネットトップページ7
    社名ロゴ88×631

    DVD22%OFF120×60

    三井住友VISAカード緑3


    ひま
  • 管理人:ひま
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • *使用方法*





    Just MyShopへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    アル中な毎日~芋焼酎~
    常温ビール党から、最近は酎杯に鞍替えしました。
    ビールだとお腹がいっぱいになってしまうので
    酎杯に替えてみたのですが
    安い焼酎に、ポッカのグレープフルーツを割って飲んでいます。
    これが、結構はまってしまってね!
    毎晩、至福の時を過ごしています。

    割っちゃうから、銘柄はどこでもいいんですが
    先日、友人からクラス会のハガキ印刷を頼まれまして
    あの往復はがきってやつ
    40枚作ってあげたら、お礼は何がいい?と聞くので
    「芋焼酎」って、答えたら、銘柄は?と聞くので
    わかんない!と答えたら
    これを選んでくれました。

    芋焼酎
    温泉水「寿鶴」仕込み、鹿児島・垂水 「海王」。
    製造元「大海酒造協業組合」、販売元「大海酒造(株)」です。

    焼酎のことはほんとに素人で何にもわかりませんが
    割らずに、口に含んで見ると、流石に美味しいです。

    うちは農家なので、子供の頃から「芋」は嫌と言うほど食べさせられました。
    ですから、芋の香りくらいは判別がつくのです。

    「芋焼酎」ファンになりました。

    さて、「つま恋2006」第三部4曲目は「唇をかみしめて」です。
    この曲は、武田鉄也主演監督「刑事物語:りんごの詩」の主題歌です。
    最初、武田から九州弁(博多?鹿児島?)でという依頼があった?そうですが
    うまくいかなくて広島弁で作ったそうです。

    私は、詩の意味がよくわかりませんでしたけど
    いい歌だと思っていました。
    映画でも最後にこの曲が流れると
    こみ上げるものがありました。

    先日、秋ツアー新潟へ行く前に
    たまたま、awakakさんブログ「同志ってこんなに悲しいんだろう」
    を読んでいたら、この曲のことを書いておられました

    石原信一著「吉田拓郎 挽歌を撃て」八曜社P67に
    この歌のことが書いてあるのです。

    コンサートに行く前の3時間前に、ホテルで読みました。
    涙がぼろぼろこぼれました。

    あの時、拓郎は、相手の告訴に対し、「誣告罪」という聞きなれない
    告訴をしました。当時私は、拓郎ガンバレ、「逆告訴」で対抗!
    とエールをおくっていましたが、相手が、告訴を取り下げると
    拓郎もそれを取り下げてしまいました。

    結局真相は、わからないまま。欲求不満だけが残りました。

    その後、オールナイトニッポンの最終回「離婚告白」でも
    この事件のことに、少し触れていましたね。
    かなり口を閉ざして我慢したようなことを言っておりました。

    その我慢、悔しさを、この「唇をかみしめて」に込めたのでしょうか。

    母親の意見とはいえ、拓郎の「男らしさ」「潔さ」を感じます。

    あの時の、女性は、現在どんな生活を送っているのでしょう?
    げせわな私は、そんなことを思わずにはいられません。

    スポンサーサイト

    【2006/12/03 22:13】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(7) |
    この記事に対するコメント
    j-45さんへ
    あの時の、悔しさを、そのまま普通の歌にしたのでは
    あまりに生々しすぎるという、一種の美学でしょうか
    それにしても、この年になるとだんだん拓郎の歌が
    理解できるようになって、心に染みてきます。
    【2006/12/05 07:26】 URL | ひま #Zk/lHUeI [ 編集]

    ともしび洞さんへ
    そう、そうなんです。
    お腹が、弱いもんでもう何年も常温でした。
    夏の、キンキンに冷えたビールはとても美味しいですが
    お腹には、最悪なんですね。
    それなら、最初から飲まなければいいのにとよく言われますが
    飲まずにいられない。
    日本酒⇒ワイン⇒ビール⇒缶チュウハイ
    そして今は、自分で割って飲んでます。
    【2006/12/05 07:17】 URL | ひま #Zk/lHUeI [ 編集]


    風邪っぴきのくせに、今夜も焼酎を呑んでおります。
    「唇をかみしめて」私も大好きな曲です。
    ラスト近くの歌詞、「こころが寒すぎて 旅にも出れなんだ
    あんたは行きんさい 遠くへ行きんさい 何も無かったんじゃけん」
    と続く箇所を聴いた時に、何故かしらこころが震えました。
    「行くんも、とどまるも、それぞれの道なんよ・・・」
    グッと来ますね。
    【2006/12/04 22:37】 URL | j-45 #- [ 編集]

    常温ビール
    「常温ビール党」って、ビールを冷やさずに飲むのがお好きなんですか?
    【2006/12/04 21:24】 URL | ともしび洞 #swYhfoZY [ 編集]

    佐恵子さんへ
    仕事を終え、毎日、家へ帰って晩酌をするのが
    ささやかな、それでいて、最高の幸せなひと時です。
    私は、飲むと多弁になります。
    普段は無口です。
    管を巻いたり絡んだりする事はありません。
    でも、人と飲むと気を使います。
    とても疲れます。
    だから、一人でTVに管を巻きながら飲むのが一番好きです。
    「唇をかみしめて」
    やはり、博多弁が混ざっていましたか
    「ハブ・ア・ナイスデイ」は、広島弁ですかねえ
    【2006/12/04 20:21】 URL | ひま #Zk/lHUeI [ 編集]


    ひまさん、焼酎飲みながら拓郎をきいているんですか。小さな幸せですね。
    私は紅茶にブランデーをドバドバ入れて飲むのが好きです。寒い夜にはいいです。こんな小さな幸せ、大切ですよね。焼酎ならお湯割りにレモンがいいかな。最近友達との飲み会もしていないな。
    ひまさんは静なお酒でしょうか。私はお酒を飲むとおせっかいになって、妙に人の世話をやきたくなります。

    「唇をかみしめて」は広島弁と博多弁が混じっていると思います。
    「足りんものが あったけん」は博多弁ではないでしょうか。
    広島なら「足りんもんが あったけえ」になりますから。
    「何もなかったんじゃけん」も「何もなかったんじゃけえ」になると思うのです。
    ちがうかな~。
    広島でこの曲を聞くのは本当にうれしかった。
    【2006/12/04 17:18】 URL | 佐恵子 #- [ 編集]


    はじめまして。
    焼酎でたどり着いたんですが・・・吉田拓郎さんも大好きです。
    いろんなことがあったんでしょうね。
    【2006/12/03 22:21】 URL | reirinn #ZYNZsSLg [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://hima13.blog11.fc2.com/tb.php/261-3fdf0d47
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。