Webフォーク村ブログ
吉田拓郎 '70年代フォークソングとともに歩んだ私の青春
     

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント
歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント




  • 拓郎ツアー(02/28)
  • 及川恒平 X'masLive'08 in 前橋(11/24)
  • 猫 ライブ2008 in 前橋(10/23)
  • 四角佳子オンリーライブ’08チケット申込み受付(08/03)
  • 吉田たくろうとミニバンド完全再現ライブ~井上ともやすバンド(07/17)
  • 拓郎オンリーナイトライブ(06/22)
  • 思えば遠くへ来たもんだ~拓郎を探し求めて~(06/18)
  • 緑化ぐんまフェアー~駅前ライブ(05/12)
  • 群馬フォーク村ライブに忠英さん現る!!!(04/29)
  • 久々の軽井沢~君住む街~(04/13)
  • (07/30)
  • 新井コー児 (07/23)
  • みっちゃん (07/19)
  • みっちゃん (06/25)
  • ひま (06/24)
  • BIN (06/23)
  • 新井コー児 (06/22)
  • あこぱらハウス蔵 (04/30)
  • 佐恵子 (04/11)
  • 団塊世代 (04/10)
  • たまりんの気ままなPC日記:結婚しようよ(02/07)
  • 本ナビ!by Tamecom,小説吉田拓郎:たけしの誰でもピカソ(01/10)
  • Newsエンタメ/デジタル,フォーク検定&拓郎検定:オヤジだフォークだ青春だ!熱く語るための検定本出版(01/09)
  • ななのblog:SMAP×SMAP(05/30)
  • たまりんの気ままなPC日記:吉田拓郎が初のバンドツアー 小ホール限定(05/23)
  • たまりんの気ままなPC日記:鈴木ヒロミツさんが死去(03/16)
  • Daily Shit:鈴木ヒロミツさん死去(03/15)
  • Daily Shit:70's フォークの殿堂(03/09)
  • アイドル専科-ポップコーン:野口五郎について-アイドル専科-ポップコーン(02/09)
  • リナの記録:井上陽水(01/12)
  • 2009年02月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (4)
  • 2008年03月 (2)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (14)
  • 2006年09月 (10)
  • 2006年08月 (9)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (11)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (12)
  • 2006年02月 (17)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (11)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (14)
  • 2005年07月 (10)
  • 2005年06月 (3)
  • 2005年05月 (7)
  • 2005年04月 (2)
  • 棚から一掴み (0)
  • 深夜放送 (9)
  • 音楽番組 (3)
  • 吉田拓郎 (66)
  • フォークソング (164)
  • グループサウンズ (9)
  • フュージョン (1)
  • '60年代フォークソング (4)
  • '70年代フォークソング (38)
  • '80年代フォークソング (1)
  • '90年代フォークソング (0)
  • 2000年代フォークソング (0)
  • アーティスト (23)
  • 群馬フォーク村ブログ
  • 同志ってこんなに悲しいんだろう
  • 私の吉田拓郎物語
  • すみれ
  • タクロウマニア
  • よもやまりゅう
  • guitar-column
  • 風景と情景
  • きまま日記
  • 古本のともしび洞-店主の独白
  • 今はまだ人生を語らず
  • たまりんの気ままなPC日記
  • @うまの四方山話(音家日記)
  • 王様たちのピクニック
  • フォーク酒場「落陽」
  • 私設 吉田拓郎ホームページ
  • 吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~
  • TY コンサート事務局
  • IMPERIAL RECORDS
  • 南高節
  • 伊勢正三
  • 山田パンダ
  • 田家秀樹 最新情報
  • 風に吹かれて
  • 管理人へのメールはこちら


  • ブログランキング・にほんブログ村へ


    TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005 Live & His RARE Films



    TSUTAYA online

    楽天トラベル

    標準バナー120x60

    gatewayバナー130-18

    有賀園ゴルフネットトップページ7
    社名ロゴ88×631

    DVD22%OFF120×60

    三井住友VISAカード緑3


    ひま
  • 管理人:ひま
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • *使用方法*





    Just MyShopへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    埼玉S氏土蔵忘年会~70年代フォーク~
    Shaouse

    16日土曜日は、「つま恋バスツアー」にご参加いただいた
    埼玉県在住のS氏別邸へ「忘年会」ということで
    お招き頂きました。

    バスツアーでは、参加者の職業とか必要以上の
    個人情報はお聞きしなかったので
    Sさんも何をなさっている方なのか存じ上げませんでした。

    S氏別邸までは、やはり「つま恋バスツアー」参加者の
    デザイナー「コー児」さんに道案内してもらいました。

    「コー児」さんのお話によると
    Sさんは、歯医者さんをやっており
    別邸は、ご実家の蔵を改造してスタジオにしたとか。。。

    マーチンコレクターで、その他にも
    名器をたくさん所蔵されておられるようです。

    高崎から、30分くらい走ったでしょうか
    とある田舎道(未舗装)を少し入ると
    やがて大きな蔵が見えて来ました。
    ここがS氏別邸のようです。

    「でかい!」
    私の家も農家なので「蔵」はありますが
    S氏の蔵はうちの2倍くらいあります。

    元は、相当な豪農だったに違いありません。
    早速中に入れてもらいました。

    蔵の正面を増築して、トイレや台所が設置されていました。
    そして、あの重い蔵の扉を開けて
    「おh~!」息を呑む凄さ
    壁一面杉の無垢板が張ってあり
    そこにはいろんな、私が見たこともないような
    ギターが飾られて?いました。

    部屋の正面には、これまた凄い!
    高そうなアンプや、スピーカーがびっしり
    まるでプロのスタジオですね。

    shouse

    やがて10人くらいの人が集まってきました。
    みんなギターや歌が巧そうで
    私は、初対面という事もあり
    さらに、車だったのでお酒も飲めず
    超緊張しました。

    S氏の乾杯で、忘年会が始まり
    まず、長野からいらっしゃったという
    中島みゆきファンの方から
    ライブがスタートしました。

    こういう雰囲気は私はやばいです
    早めに唄ってしまおうと
    ずうずうしくも壁にかけてあった
    見た目高そうなS氏のギター(メーカーは聞く勇気もありませんでした)
    をお借りして、3曲ばかり拓郎の曲を唄いました。

    集まった人たちは
    拓郎ファンと言う人はほとんどいなかったのですが
    どういうわけか
    私の後、必ず1曲拓郎を唄うというルールができてしまい
    私が帰った12時以降も、そのルールが守られたようです。

    なんか、白い水にスポイトで赤を落とした時のように
    皆さんにご迷惑をかけてしまったようで
    複雑な気持ちです。

    まあ、それは自意識過剰というもので
    さほどの影響はなかったでしょうが。。。

    たいへんいいものを見せていただきました。
    私も定年後は、退職金でS氏別邸のようなスタジオを
    作って見たいものです。

    私の場合、退職金もビビたるものなので
    趣味を兼ねて、自分で改造に挑戦したいと思っています。

    さて、「つま恋2006」第三部8曲目は
    「シンシア」に続いてムッシュとのデュオ「我が良き友よ」です。

    この唄は、夏目漱石の小説「坊ちゃん」を連想します。
    拓郎が、青春時代を送った60年代は
    まだ、ああいう世界が残っていたのでしょね

    70年代になぜあの唄がヒットしたのか
    あの頃、下駄をならして、腰に手拭ぶら下げてたやつなんて
    中村雅俊くらいしかいませんでしたよね。

    この曲のレコーディングの時に
    どうも何かが足りないというので
    「バンジョー」を入れたところ
    それらしくなったと言う事を
    以前ラジオで聞いたことがあります。
    スポンサーサイト

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://hima13.blog11.fc2.com/tb.php/268-63ec4153
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。