Webフォーク村ブログ
吉田拓郎 '70年代フォークソングとともに歩んだ私の青春
     

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント
歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント




  • 拓郎ツアー(02/28)
  • 及川恒平 X'masLive'08 in 前橋(11/24)
  • 猫 ライブ2008 in 前橋(10/23)
  • 四角佳子オンリーライブ’08チケット申込み受付(08/03)
  • 吉田たくろうとミニバンド完全再現ライブ~井上ともやすバンド(07/17)
  • 拓郎オンリーナイトライブ(06/22)
  • 思えば遠くへ来たもんだ~拓郎を探し求めて~(06/18)
  • 緑化ぐんまフェアー~駅前ライブ(05/12)
  • 群馬フォーク村ライブに忠英さん現る!!!(04/29)
  • 久々の軽井沢~君住む街~(04/13)
  • (07/30)
  • 新井コー児 (07/23)
  • みっちゃん (07/19)
  • みっちゃん (06/25)
  • ひま (06/24)
  • BIN (06/23)
  • 新井コー児 (06/22)
  • あこぱらハウス蔵 (04/30)
  • 佐恵子 (04/11)
  • 団塊世代 (04/10)
  • たまりんの気ままなPC日記:結婚しようよ(02/07)
  • 本ナビ!by Tamecom,小説吉田拓郎:たけしの誰でもピカソ(01/10)
  • Newsエンタメ/デジタル,フォーク検定&拓郎検定:オヤジだフォークだ青春だ!熱く語るための検定本出版(01/09)
  • ななのblog:SMAP×SMAP(05/30)
  • たまりんの気ままなPC日記:吉田拓郎が初のバンドツアー 小ホール限定(05/23)
  • たまりんの気ままなPC日記:鈴木ヒロミツさんが死去(03/16)
  • Daily Shit:鈴木ヒロミツさん死去(03/15)
  • Daily Shit:70's フォークの殿堂(03/09)
  • アイドル専科-ポップコーン:野口五郎について-アイドル専科-ポップコーン(02/09)
  • リナの記録:井上陽水(01/12)
  • 2009年02月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (4)
  • 2008年03月 (2)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (14)
  • 2006年09月 (10)
  • 2006年08月 (9)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (11)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (12)
  • 2006年02月 (17)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (11)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (14)
  • 2005年07月 (10)
  • 2005年06月 (3)
  • 2005年05月 (7)
  • 2005年04月 (2)
  • 棚から一掴み (0)
  • 深夜放送 (9)
  • 音楽番組 (3)
  • 吉田拓郎 (66)
  • フォークソング (164)
  • グループサウンズ (9)
  • フュージョン (1)
  • '60年代フォークソング (4)
  • '70年代フォークソング (38)
  • '80年代フォークソング (1)
  • '90年代フォークソング (0)
  • 2000年代フォークソング (0)
  • アーティスト (23)
  • 群馬フォーク村ブログ
  • 同志ってこんなに悲しいんだろう
  • 私の吉田拓郎物語
  • すみれ
  • タクロウマニア
  • よもやまりゅう
  • guitar-column
  • 風景と情景
  • きまま日記
  • 古本のともしび洞-店主の独白
  • 今はまだ人生を語らず
  • たまりんの気ままなPC日記
  • @うまの四方山話(音家日記)
  • 王様たちのピクニック
  • フォーク酒場「落陽」
  • 私設 吉田拓郎ホームページ
  • 吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~
  • TY コンサート事務局
  • IMPERIAL RECORDS
  • 南高節
  • 伊勢正三
  • 山田パンダ
  • 田家秀樹 最新情報
  • 風に吹かれて
  • 管理人へのメールはこちら


  • ブログランキング・にほんブログ村へ


    TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005 Live & His RARE Films



    TSUTAYA online

    楽天トラベル

    標準バナー120x60

    gatewayバナー130-18

    有賀園ゴルフネットトップページ7
    社名ロゴ88×631

    DVD22%OFF120×60

    三井住友VISAカード緑3


    ひま
  • 管理人:ひま
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • *使用方法*





    Just MyShopへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    夢一夜~不倫の歌~南こうせつ
    夢一夜

    この歌は、宇崎竜童の妻、阿木燿子が作詞したものです。
    確か、化粧品のCMソングになっていましたよね。

    内容は一言で言えば「不倫」の歌です。
    切ないまでに、身勝手な男に溺れて行く様を描いています。

    高節は「不倫」をしたかどうか知りませんが
    コンサートでは、いつも、この歌への思い入れを語っています。

    一般道徳で言えば、「不倫」は道徳に反している行為と
    言う事になるのでしょう。

    しかし、演歌しかりですが、どうしてこう道徳に反していると
    わかっていながら「不倫」の歌がヒットするのでしょう。

    それは、人間誰しも、そういう行為に、
    密かにあこがれているからではないでしょうか。

    しかし、現実は悲惨です。
    どちらか一方が必ず、傷つき、犠牲になります。

    一夫多妻制(又は一妻多夫制)には「不倫」という定義はないのでしょうね。

    「不倫」は成就してしまうと白けてしまうことが多いようです。
    やはり「禁断の実」は甘いのでしょうか。


    夢一夜 南こうせつ

    阿木燿子 作詞
    南こうせつ 作曲

    素肌に片袖 通しただけで
    色とりどりに 脱ぎ散らかした
    床にひろがる 絹の海
    着てゆく服が まだ決まらない
    いらだたしさに 唇かんで
    私ほんのり 涙ぐむ
    貴方に逢う日の ときめきは
    あこがれよりも 苦しみめいて
    ああ 夢一夜
    一夜限りに咲く花のよう
    匂い立つ

    恋するなんて 無駄なことだと
    例えば人に 言ってはみても
    貴方の誘い 拒めない
    最後の仕上げに 手鏡見れば
    明かりの下で 笑ったはずが
    影を集める 泣きぼくろ
    貴方に逢う日の ときめきは
    喜びよりも せつなさばかり
    ああ 夢一夜
    一夜限りと言いきかせては
    紅をひく

    貴方を愛した はかなさで
    私はひとつ 大人になった
    ああ 夢一夜
    一夜限りで醒めてく夢に
    身をまかす

    スポンサーサイト

    【2007/03/17 20:53】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |
    この記事に対するコメント

    この曲は、@うまのレパートリー曲で、だいぶ歌わされてます(笑)
    個人的には「愛する人へ」が好きなんですが、皆、『知らない』って(笑)
    で、「 セレクションに5時」って、その流れの曲ですよね。
    【2007/03/18 20:32】 URL | @うま #- [ 編集]

    佐恵子さんへ
    こればっかりは、仕方がないですねえ
    誰もが最初は、こいつしかいないと信じて一緒になるわけだけれど
    だんだん赤い糸が結ばれてないことに気づく。。。
    「不倫」は「不倫」であるが故に燃えると言うこともあるでしょう
    しかし、その伴侶は悲惨です。
    綾小路きみまろ風に言えば、「返品のきかないからだ」
    ラジオで聞きましたけど、最近は、「妻が浮気をしている」
    という男の身の上相談が多いようですよ!
    女性も、経済的に独立できると見込みが立てば
    あっさり「濡れ落ち葉」なんて、捨ててしまうんでしょうね。
    【2007/03/18 10:24】 URL | ひま #vLDa66Mk [ 編集]

    awakak さんへ
    こうせつのコンサートに行くと
    必ずこの歌を歌ったあとに
    「この会場にも必ず、2~3組不倫をしている人がいる!」
    と断定します。
    その度に、なぜか「ドキッ!」とします。
    【2007/03/18 10:09】 URL | ひま #vLDa66Mk [ 編集]


    不倫の歌と意識したことはなかったです。
    着物屋の宣伝みたいな歌かと思っていました。
    【2007/03/18 07:13】 URL | awakak #- [ 編集]


    せつない恋には心が惹かれます。
    不倫をして、離婚になり、不倫相手と再婚してしまった人が身近にいます。はじめは許せない気持ちで批判的に見ていましたが、この頃は「そうしなければいけなかった、そうするしかなかったのかな。」と、許せる気持ちになりました。その人があまりに純粋に相手を求めていることがわかったからかもしれません。
    阿木耀子さんの詞は艶っぽくて素敵ですね。
    【2007/03/18 01:32】 URL | 佐恵子 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://hima13.blog11.fc2.com/tb.php/290-e42ce862
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。