Webフォーク村ブログ
吉田拓郎 '70年代フォークソングとともに歩んだ私の青春
     

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント
歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント




  • 拓郎ツアー(02/28)
  • 及川恒平 X'masLive'08 in 前橋(11/24)
  • 猫 ライブ2008 in 前橋(10/23)
  • 四角佳子オンリーライブ’08チケット申込み受付(08/03)
  • 吉田たくろうとミニバンド完全再現ライブ~井上ともやすバンド(07/17)
  • 拓郎オンリーナイトライブ(06/22)
  • 思えば遠くへ来たもんだ~拓郎を探し求めて~(06/18)
  • 緑化ぐんまフェアー~駅前ライブ(05/12)
  • 群馬フォーク村ライブに忠英さん現る!!!(04/29)
  • 久々の軽井沢~君住む街~(04/13)
  • (07/30)
  • 新井コー児 (07/23)
  • みっちゃん (07/19)
  • みっちゃん (06/25)
  • ひま (06/24)
  • BIN (06/23)
  • 新井コー児 (06/22)
  • あこぱらハウス蔵 (04/30)
  • 佐恵子 (04/11)
  • 団塊世代 (04/10)
  • たまりんの気ままなPC日記:結婚しようよ(02/07)
  • 本ナビ!by Tamecom,小説吉田拓郎:たけしの誰でもピカソ(01/10)
  • Newsエンタメ/デジタル,フォーク検定&拓郎検定:オヤジだフォークだ青春だ!熱く語るための検定本出版(01/09)
  • ななのblog:SMAP×SMAP(05/30)
  • たまりんの気ままなPC日記:吉田拓郎が初のバンドツアー 小ホール限定(05/23)
  • たまりんの気ままなPC日記:鈴木ヒロミツさんが死去(03/16)
  • Daily Shit:鈴木ヒロミツさん死去(03/15)
  • Daily Shit:70's フォークの殿堂(03/09)
  • アイドル専科-ポップコーン:野口五郎について-アイドル専科-ポップコーン(02/09)
  • リナの記録:井上陽水(01/12)
  • 2009年02月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (4)
  • 2008年03月 (2)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (14)
  • 2006年09月 (10)
  • 2006年08月 (9)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (11)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (12)
  • 2006年02月 (17)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (11)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (14)
  • 2005年07月 (10)
  • 2005年06月 (3)
  • 2005年05月 (7)
  • 2005年04月 (2)
  • 棚から一掴み (0)
  • 深夜放送 (9)
  • 音楽番組 (3)
  • 吉田拓郎 (66)
  • フォークソング (164)
  • グループサウンズ (9)
  • フュージョン (1)
  • '60年代フォークソング (4)
  • '70年代フォークソング (38)
  • '80年代フォークソング (1)
  • '90年代フォークソング (0)
  • 2000年代フォークソング (0)
  • アーティスト (23)
  • 群馬フォーク村ブログ
  • 同志ってこんなに悲しいんだろう
  • 私の吉田拓郎物語
  • すみれ
  • タクロウマニア
  • よもやまりゅう
  • guitar-column
  • 風景と情景
  • きまま日記
  • 古本のともしび洞-店主の独白
  • 今はまだ人生を語らず
  • たまりんの気ままなPC日記
  • @うまの四方山話(音家日記)
  • 王様たちのピクニック
  • フォーク酒場「落陽」
  • 私設 吉田拓郎ホームページ
  • 吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~
  • TY コンサート事務局
  • IMPERIAL RECORDS
  • 南高節
  • 伊勢正三
  • 山田パンダ
  • 田家秀樹 最新情報
  • 風に吹かれて
  • 管理人へのメールはこちら


  • ブログランキング・にほんブログ村へ


    TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005 Live & His RARE Films



    TSUTAYA online

    楽天トラベル

    標準バナー120x60

    gatewayバナー130-18

    有賀園ゴルフネットトップページ7
    社名ロゴ88×631

    DVD22%OFF120×60

    三井住友VISAカード緑3


    ひま
  • 管理人:ひま
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • *使用方法*





    Just MyShopへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    LIVE'73 by 吉田拓郎
    LIVE'73

    大学生の時、付属の?女子短大の女の子と付き合っておりました。きっかけは大学のサークルが、短大も合同だったので、そこでお互いフォークソングで話が合い、というか別に口説いたわけでもありませんが、当時、アイドルだった「アグネスチャン」のように額が広くて、可愛い娘だなあといつも憧れの眼差しで見ていたら、その年の秋のある日、サークル帰りの駅のホームで、思いがけなく彼女から、手編みのマフラーをプレゼントされたんです。それで、あぁ彼女も自分に好意を寄せていてくれたんだと知り、それ以来、恋人としての付き合いが始まった訳です。
    彼女とは結構いろいろデートしました。ブルース・リーの映画を見に行ったり、金もないのに無理して渋谷のカクテルバーにお酒を飲みに行ったり、また、中野サンプラザへ拓郎の「LIVE'73」を見に行ったり、その帰りにパチンコ屋へ寄ったら、彼女初めてらしくとてもはしゃいでいました。思い出たくさんあります。私のボロアパートの掃除にも来てくれましたし、二人でギターを弾いてかぐや姫を歌ったり、彼女のアパートで夕飯をご馳走になったりもしました。当時彼女はあの有名な田園調布に、姉さんと一緒に住んでいたんです。そんな心うきうきの毎日がしばらく続きました。それがある時、ふとした行き違いで喧嘩となり、私も意地っ張りな方だったので、その後何の連絡もしなかったら、彼女の方からも何の連絡もなく、そのまま12月が過ぎ年が明け、'74年の早春のある日、彼女との共通の友人から、彼女が早稲田大学理工学部の学生と付き合い始めたと知らされ、私も意気がって、「あっ!そう!」とか言いながらも、内心ショックは隠せず、一人とぼとぼと家路に向かう西武新宿線だったのです。
    「LIVE'73」にはそんな思い出がたくさん詰められています。この、コンサートは11/26と11/27の2夜連続のステージでした。私達が行ったのは、11/26の方で、後にLPになったのは11/27の方だったそうです。幕間に拓郎が弾き語りをやってくれて、猫と一緒に「ある雨の日の情景」をお約束通りのスタイルで歌ってくれました。そう言えば、猫の「常富」さんは、早大理工学部でしたよね!まあいいんですけれど。。。
    大学を卒業して、共通の友人の結婚式で、また彼女と会いました。悲しい再会です。実は卒業するまで、彼女のことをずっと引きずっていたのです。しかし、今さらどうしようもなく、つきなみの挨拶を交わしただけで別れました。社会人になってた彼女は、いっそう綺麗になり、とてもまぶしくてまともに目を合わせることができませんでした。しかし、これで本当に彼女から吹っ切れるようなそんな気もしたのです。今ごろどこの空の下でどんな暮らしをしているのでしょう?風のたよりも届いてきません。お幸せであることを願っています。そんな彼女へ「暑中お見舞い申し上げます」。

    <追伸>
    猫の常富さんから、ブログにコメントをいただきました。
    http://hima13.blog11.fc2.com/blog-entry-43.html#trackback
    スポンサーサイト
    【2005/08/04 19:23】 吉田拓郎 | TRACKBACK(2) | COMMENT(3) |
    この記事に対するコメント

    私も参加しました。きよしこの夜も拓郎は、うたいましたよね。今も忘れない素敵な空間でした。
    【2007/06/15 09:34】 URL | 口紅はささない #- [ 編集]


    このライブは最高でした。
    彼女が隣の席に座っていることを忘れるくらい!
    そう、'70年代のアルバムではBEST3に入るね。
    【2005/08/06 22:31】 URL | ひま #Zk/lHUeI [ 編集]


     「たくろうライブ’73」。懐かしいですねえ。
     拓郎のLPの中で,ぼくの好きなベスト3の中に入りますね。
     A面トップの「春だったね」,「マークⅡ」,「野の仏」,「落陽」,「ひらひら」などわくわくするような曲が目白押しですよね。
     
    【2005/08/04 19:31】 URL | やっつあん #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://hima13.blog11.fc2.com/tb.php/47-d781004c

    LIVE’73

    LIVE’73吉田拓郎 '73がついている曲以外は初物のようなので、このアルバムはライブ盤というよりオリジナルアルバムのライブ録音という方が正しいかもしれません。そう考えると10曲をライブ録音で発表したわけで、それだけでもすごいです。 で、それ以上にすごいの anothertrack M【2005/08/07 18:14】

    落陽じいさんをさがして③

    落陽じいさんをさがしに、僕は苫小牧まで来た。午後2時半に苫小牧港に着き、出港の午後7時半まで、落陽じいさんをさがした。(落陽じいさんとは吉田拓郎老師の落陽に出てくるじいさんのこと)いろんなじいさんが、僕の目の前を過ぎていった。一番目のじいさんは、年格好は ??ä?????α??【2005/08/04 21:32】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。