Webフォーク村ブログ
吉田拓郎 '70年代フォークソングとともに歩んだ私の青春
     

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント
歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント




  • 拓郎ツアー(02/28)
  • 及川恒平 X'masLive'08 in 前橋(11/24)
  • 猫 ライブ2008 in 前橋(10/23)
  • 四角佳子オンリーライブ’08チケット申込み受付(08/03)
  • 吉田たくろうとミニバンド完全再現ライブ~井上ともやすバンド(07/17)
  • 拓郎オンリーナイトライブ(06/22)
  • 思えば遠くへ来たもんだ~拓郎を探し求めて~(06/18)
  • 緑化ぐんまフェアー~駅前ライブ(05/12)
  • 群馬フォーク村ライブに忠英さん現る!!!(04/29)
  • 久々の軽井沢~君住む街~(04/13)
  • (07/30)
  • 新井コー児 (07/23)
  • みっちゃん (07/19)
  • みっちゃん (06/25)
  • ひま (06/24)
  • BIN (06/23)
  • 新井コー児 (06/22)
  • あこぱらハウス蔵 (04/30)
  • 佐恵子 (04/11)
  • 団塊世代 (04/10)
  • たまりんの気ままなPC日記:結婚しようよ(02/07)
  • 本ナビ!by Tamecom,小説吉田拓郎:たけしの誰でもピカソ(01/10)
  • Newsエンタメ/デジタル,フォーク検定&拓郎検定:オヤジだフォークだ青春だ!熱く語るための検定本出版(01/09)
  • ななのblog:SMAP×SMAP(05/30)
  • たまりんの気ままなPC日記:吉田拓郎が初のバンドツアー 小ホール限定(05/23)
  • たまりんの気ままなPC日記:鈴木ヒロミツさんが死去(03/16)
  • Daily Shit:鈴木ヒロミツさん死去(03/15)
  • Daily Shit:70's フォークの殿堂(03/09)
  • アイドル専科-ポップコーン:野口五郎について-アイドル専科-ポップコーン(02/09)
  • リナの記録:井上陽水(01/12)
  • 2009年02月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (4)
  • 2008年03月 (2)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (14)
  • 2006年09月 (10)
  • 2006年08月 (9)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (11)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (12)
  • 2006年02月 (17)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (11)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (14)
  • 2005年07月 (10)
  • 2005年06月 (3)
  • 2005年05月 (7)
  • 2005年04月 (2)
  • 棚から一掴み (0)
  • 深夜放送 (9)
  • 音楽番組 (3)
  • 吉田拓郎 (66)
  • フォークソング (164)
  • グループサウンズ (9)
  • フュージョン (1)
  • '60年代フォークソング (4)
  • '70年代フォークソング (38)
  • '80年代フォークソング (1)
  • '90年代フォークソング (0)
  • 2000年代フォークソング (0)
  • アーティスト (23)
  • 群馬フォーク村ブログ
  • 同志ってこんなに悲しいんだろう
  • 私の吉田拓郎物語
  • すみれ
  • タクロウマニア
  • よもやまりゅう
  • guitar-column
  • 風景と情景
  • きまま日記
  • 古本のともしび洞-店主の独白
  • 今はまだ人生を語らず
  • たまりんの気ままなPC日記
  • @うまの四方山話(音家日記)
  • 王様たちのピクニック
  • フォーク酒場「落陽」
  • 私設 吉田拓郎ホームページ
  • 吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~
  • TY コンサート事務局
  • IMPERIAL RECORDS
  • 南高節
  • 伊勢正三
  • 山田パンダ
  • 田家秀樹 最新情報
  • 風に吹かれて
  • 管理人へのメールはこちら


  • ブログランキング・にほんブログ村へ


    TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005 Live & His RARE Films



    TSUTAYA online

    楽天トラベル

    標準バナー120x60

    gatewayバナー130-18

    有賀園ゴルフネットトップページ7
    社名ロゴ88×631

    DVD22%OFF120×60

    三井住友VISAカード緑3


    ひま
  • 管理人:ひま
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • *使用方法*





    Just MyShopへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    チューリップは熱いぞ!!!
    eitai

    思えば、生チューリップは、、2度目なんですよね。'72年頃だったろうか、日比谷野音で、アリス、オフコース(まだ二人の時)、ばんばん(まだ5人だった頃)、バズ、あとは思い出せないけど、とにかくたくさんのフォーク、ロックグループが出演したことがありました。チューリップもちょうど「心の旅」が売れ出した頃で、かなりの声援があったように記憶しています。
    さて、群馬県民会館は、昔拓郎も来たという、大ホールが2000人弱の会場です。ロビーでは、チューリップのグッズとCDが販売されていました。CDは、紙ジャケットのものがいくつかあり、コレクターにはたまらないものではないかと思いますが、私は、レコード(ほとんど、かみさんのもの)があるので、グッズの方を見てみました。2003年の拓郎コンサート国際フォーラムで購入した、携帯ストラップが、ビニール製で元々しょぼかったのですが、2年も付けていると、大分すれてしまって、そろそろ取り替えようと思っていたところ、今回のチューリップの携帯ストラップが牛革製で、マスコット部分が真鍮製という、とても丈夫そうなので、購入してしまいました。10/2の拓郎フォーラムで、実物が良ければ、また付け替えるつもりです。
    携帯

    大分前置きが長くなって申し訳ありません。
    ライブレポートを書きたいところなのですが、ヒットした曲以外はほとんど聞いたことがないので、特にオープニングで、5人がステージの全面に並び、4曲(5曲かな?)アコースティック風に歌ったのですが、一曲もわかりませんでした。今回のオープニングでは、「ぼくがつくった愛のうた」とか「銀の指輪」とか、どっか~んと一気に、まるでLIVE'73の「春だったね」のように、盛り上げてくれるのか期待をしていたのですが、ちょっと拍子抜けでした。
    1.誰かだれか。。。という歌い出しの曲?MC:安部
    2.冬は白く雪のように。。。という歌い出しの曲?
    3.ローンターンジーマン???。。。という歌い出しの曲?MC:財津
    次は1979年に作ったアコースティックコーナー最後の曲
    4.「悲しみに挨拶を」
    う~ん、まるで、CSN&Yみたいな感じで、このスタイルは元々当時彼らと双璧をなしていたあのガロのスタイルですね。でもコーラスは抜群です。まさにチューリップの持ち味が存分にでています。
    暗転になって、メンバーが各々の持ち場にたち、編成がエレキバンドに変わりました。財津さんギブソンのハミングバードから、リッケンバッカーのエレキに持ち替えました。
    5.ギターをかかえた姿が。。。という歌い出しの曲。これは聞いたことがある。
    6.「夏色のおもいで」
    ・これは、心の旅シリーズでヒットした曲。
    ・前列の方で約10列くらいがスタンディング。姫野の舌っ足らずの声が懐かしさを呼び起こします。
    ・そして、安部のセミアコのリードギター。思えば私は、この安部の赤いセミアコに憧れて、グレコの同スタイルのエレキギターを、当時5万円で、お茶の水の下倉楽器だったか?購入しました。今もしっかり音出ますよ。
    7.胸の高鳴りおさえて。。。という歌い出しの曲。財津MC:
    ・全員が歌いたがり屋。
    ・仲が悪くて解散したバンド「オフ」なんとか「オフ」って名前が悪い。。。
    ・チューリップは「チュウ」ですから。。。
    8.「HOPE」新曲。。。枯れた曲、大人の歌って感じ、財津さんらしい曲と言っておきましょうか。
    9.燃え上がる太陽にたわむれた。。。という歌い出しの曲。聞いたことがあるような「風のメロディー」??

    ここで、10分間のトイレ休憩、まだ、50分しか経っていません。
    せっかく、盛り上がって来たところで、いささか水をさされた感は否めません。中高年ばかりという配慮でしょうか。2003年のフォーラムでは、拓郎は一気に2時間40分歌い続けました。今年のツアーは、「夏休み」のインストがトイレタイムの合図のようなことも漏れ承っております。

    10分が過ぎ、第二部の始まりです。衣装を着替えた5人が再登場。
    10.行ってしまえよ、君なんて、最終電車は。。。という歌い出しの曲?
    ・前列10列くらいまでの観客がスタンディング。この曲はスタンディングのポイントなのでしょうか。私らは座ったまま。でも、チューリップらしいテンポのある曲。
    11.君の握りしめた、その小さな手のひら。。。という歌い出しの曲?姫野のしっとりとしたボーカル。
    12.「僕が作った愛の歌(いとしのエミりー)」
    ・これは定番の曲。会場のりのり。前列20列くらいまでスタンディング。私ら(25列)より後列もまばらにST。
    13.「悲しきレイントレイン」・これは、何度か聞いたことがある。心の旅シリーズですが、とてもいい曲です。
    ・MC:安部・・・次の曲は1979年(S54年)のシングルです。
    niji

    14.「虹とスニーカーの頃」・これも、ヒットしましたねえ。財津らしいいい曲です。シングル買いました。
    ・「わがままは男の罪、それを許さないのは女の罪」と私が歌うと、そんなの女の罪じゃない!と妻から必ずつっこみが入ります。「白いスニーカー」というと、なぜか拓郎の「金曜日の朝」「洗い晒しの運動靴、夏を歩いた白いくつ」とオーバーラップします。今は、靴屋さんに行っても「スニーカー」らしきものは置いてありませんねえ。やたら、スポーツタイプのごっついやつばかりで、あまり好きではありません。
    15.君の心へ続く長い一本道は。。。財津和夫ピアノソロ、名曲「青春の影」思わず、涙がこみ上げてくるのを必死にこらえました。ビートルズで言えば「ザ・ロング&ワインディングロード」でしょうか。財津さんの健在ぶりをアピールする珠玉の一曲です。
    MC:財津・・・デビューして33年が経ちました。思い起こせば1曲目も2曲目も売れなくて最後のチャンスで、この曲を作りました。当然私がリードボーカルと思っていたのですが、この曲は姫野の方が良いと言うことで。。。思いがけず姫野で大ヒットとなり、くやしいですが。。。
    16.ああだから今夜だけは。。。♪あのチューリップを不動のものとした名曲「心の旅」、会場3分の2くらいがスタンディング。大合唱。
    MC:財津・・・次で最後の曲となりました。またどこかでお会いしましょう。
    17.誰かに聞いたよ。。。という歌い出しの曲?一回くらい聞いたような、聞かなかったような。。。
    <当然アンコールの拍手。メンバーはステージにそのままで>
    18.宇宙を・・・流れ星のように・・・という歌い出しの曲?
    <終了後、ステージからメンバー去る。またまたアンコールの拍手。>
    <会場のほぼ全員がスタンディング。メンバー再登場。拍手の渦>
    19.「銀の指輪」。。。これまた、定番。安部のリードギターがディストーションを響かせる。テンポがいい。「君は~」のところで、拍手がパッパパ~とまるで練習でもしたかのように、ぴったりと変則なテンポを刻む。
    20.ドラム上田雅利のリードボーカル。聞いたことはないがロックテンポののりのいい曲だ。
    21.ベース(名前は知らない)のリードボーカル。全く知らない曲。スタンディングの半分以上が着席。私らも疲れたので小休止。やや白けムード。
    22.「夢中さ君に」。。。再び全員スタンディング。合いの手に「財津さん!」とか「姫野さん!」とかさまざま
    <メンバーステージから去る。再びアンコールの嵐。まだ、あの一曲が残っている。アンコールで昔から必ず歌うというあのデビュー曲>
    23.「魔法の黄色い靴」
    全員スタンディング、怒号のような拍手と声援。こうして改めて周りを見回すとさすがに女性客が多い。
    「オーそうだよ、誰にもあげない魔法のくつさ~♪」財津が観客にマイクを向ける。「オーそうだよ、誰にもあげない魔法のくつさ~♪」一回二回三回、会場アカペラで大合唱。完全に一体感のムード。「オーそうだよ、誰にもあげない魔法のくつさ~♪」一体何回繰り返しただろう。やがてエンディング。財津が着ていたTシャツを脱いで観客に投げる。会場から泣き叫ぶような黄色い声。メンバーが袖に消える。拍手が鳴りやまない。この歌が最後のアンコールだということを知っていながら。。。

    チューリップは熱い!!観客も熱い!!感動のステージ、2時間10分。




    スポンサーサイト

    この記事に対するコメント
    青春の影
    こんにちは、青春ヒット記念に、書き込みおじゃまします。私の大好きなCANCIONが歌う(青春の影/交差点)2/1に発売!是非聞いて見てください。
    【2006/01/26 09:51】 URL | まな #- [ 編集]

    つきのみどり さんへ
    ええ、読ませていただきました。
    後で、もう一度曲を聞いてみようと思います。
    80年以降は、すっかり音楽から遠ざかっていたものだから
    他のミュージシャンでも聴いたことのないのが多い。
    【2005/11/14 07:10】 URL | ひま #Zk/lHUeI [ 編集]

    私のライブレポで
    TBありがとうございました。
    読んで下さったと思うのですが、私のレポで
    曲名はほぼお分かりいただけると思います。
    (若干違うところがありますが)

    昔は「ラブ・ジェネレーション」など、
    フォークのイベントがたくさんあって
    活気付いていたようですね。日比谷
    野音にも、我がパートナーはひんぱんに
    出かけていたようです。
    【2005/11/14 00:45】 URL | つきのみどり #- [ 編集]

    とも さんへ
    今年の拓郎コンサートでも、トイレタイムあるようですよ!
    「夏休み」のインストで拓郎が引っ込んでしまうそうです。
    そうすると、客席のそこらじゅうの人がトイレ?に駆け込むそうです。
    その行為を瀬尾バンドに対して失礼だという人もおりますが
    やはり自然の威力には勝てません。
    それよりも、コンサート前にビールを飲むのはやめましょうね。
    【2005/09/23 21:06】 URL | ひま #Zk/lHUeI [ 編集]


    ひまさん、こんばんは~♪
    ライブレポありがとうございます。
    姫野君のあの声は健在だったのですね。「銀の指輪」好きでしたよ。
    でもトイレ休憩には笑ってしまいました。
    拓郎のコンサートでもあるのかしら??なんて・・・(笑)
    【2005/09/21 23:51】 URL | とも #- [ 編集]


    この記事読んで あつーうなりました。

    もうすでに ヤフオクでチケットを探し出している自分がここにいます。
    【2005/09/21 00:42】 URL | π氏 #vPnD42DQ [ 編集]

    オフィシャルサイト
    チューリップのオフィシャルサイトです。
    http://www.tulip-officialsite.com/
    【2005/09/20 22:35】 URL | ひま #Zk/lHUeI [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://hima13.blog11.fc2.com/tb.php/73-d13e945e

    TULIP Live in NHKホール 偉大なる青春の影

    5ヶ月ぶり、TULIPのツアー”hope”を 見に、11/11、NHKホールへ こんにちは、つきのみどりです【2005/11/14 01:21】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。