Webフォーク村ブログ
吉田拓郎 '70年代フォークソングとともに歩んだ私の青春
     

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント
歩道橋の上で/カントリー・バックステージ・ドキュメント




  • 拓郎ツアー(02/28)
  • 及川恒平 X'masLive'08 in 前橋(11/24)
  • 猫 ライブ2008 in 前橋(10/23)
  • 四角佳子オンリーライブ’08チケット申込み受付(08/03)
  • 吉田たくろうとミニバンド完全再現ライブ~井上ともやすバンド(07/17)
  • 拓郎オンリーナイトライブ(06/22)
  • 思えば遠くへ来たもんだ~拓郎を探し求めて~(06/18)
  • 緑化ぐんまフェアー~駅前ライブ(05/12)
  • 群馬フォーク村ライブに忠英さん現る!!!(04/29)
  • 久々の軽井沢~君住む街~(04/13)
  • (07/30)
  • 新井コー児 (07/23)
  • みっちゃん (07/19)
  • みっちゃん (06/25)
  • ひま (06/24)
  • BIN (06/23)
  • 新井コー児 (06/22)
  • あこぱらハウス蔵 (04/30)
  • 佐恵子 (04/11)
  • 団塊世代 (04/10)
  • たまりんの気ままなPC日記:結婚しようよ(02/07)
  • 本ナビ!by Tamecom,小説吉田拓郎:たけしの誰でもピカソ(01/10)
  • Newsエンタメ/デジタル,フォーク検定&拓郎検定:オヤジだフォークだ青春だ!熱く語るための検定本出版(01/09)
  • ななのblog:SMAP×SMAP(05/30)
  • たまりんの気ままなPC日記:吉田拓郎が初のバンドツアー 小ホール限定(05/23)
  • たまりんの気ままなPC日記:鈴木ヒロミツさんが死去(03/16)
  • Daily Shit:鈴木ヒロミツさん死去(03/15)
  • Daily Shit:70's フォークの殿堂(03/09)
  • アイドル専科-ポップコーン:野口五郎について-アイドル専科-ポップコーン(02/09)
  • リナの記録:井上陽水(01/12)
  • 2009年02月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (4)
  • 2008年03月 (2)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (3)
  • 2007年05月 (6)
  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (4)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (14)
  • 2006年09月 (10)
  • 2006年08月 (9)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (11)
  • 2006年04月 (11)
  • 2006年03月 (12)
  • 2006年02月 (17)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (14)
  • 2005年11月 (11)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (14)
  • 2005年07月 (10)
  • 2005年06月 (3)
  • 2005年05月 (7)
  • 2005年04月 (2)
  • 棚から一掴み (0)
  • 深夜放送 (9)
  • 音楽番組 (3)
  • 吉田拓郎 (66)
  • フォークソング (164)
  • グループサウンズ (9)
  • フュージョン (1)
  • '60年代フォークソング (4)
  • '70年代フォークソング (38)
  • '80年代フォークソング (1)
  • '90年代フォークソング (0)
  • 2000年代フォークソング (0)
  • アーティスト (23)
  • 群馬フォーク村ブログ
  • 同志ってこんなに悲しいんだろう
  • 私の吉田拓郎物語
  • すみれ
  • タクロウマニア
  • よもやまりゅう
  • guitar-column
  • 風景と情景
  • きまま日記
  • 古本のともしび洞-店主の独白
  • 今はまだ人生を語らず
  • たまりんの気ままなPC日記
  • @うまの四方山話(音家日記)
  • 王様たちのピクニック
  • フォーク酒場「落陽」
  • 私設 吉田拓郎ホームページ
  • 吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~
  • TY コンサート事務局
  • IMPERIAL RECORDS
  • 南高節
  • 伊勢正三
  • 山田パンダ
  • 田家秀樹 最新情報
  • 風に吹かれて
  • 管理人へのメールはこちら


  • ブログランキング・にほんブログ村へ


    TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005 Live & His RARE Films



    TSUTAYA online

    楽天トラベル

    標準バナー120x60

    gatewayバナー130-18

    有賀園ゴルフネットトップページ7
    社名ロゴ88×631

    DVD22%OFF120×60

    三井住友VISAカード緑3


    ひま
  • 管理人:ひま
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • *使用方法*





    Just MyShopへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    社内旅行
    ここ20年くらい、社内旅行なんぞ行った事がありませんでした。
    一般に娯楽が増えたり、仕事の延長ということもあり
    敬遠してましたね。

    このたび、新幹線で、切符だけ渡されて
    電車内も、自由行動
    宴会は、東京の某割烹料理屋
    9時に解散で
    後は、勝手に、品川プリンスにチェックイン

    上司に、こびへつらうこともありません。
    この辺が気に入って、久々に参加することとしました。

    私は、宴会が終わったら、真っ先に神田に向かい
    フォーク酒場「昭和」に行くつもりです。

    16日(金)の夜ですよ。
    よろしくお願いします。

    【2007/11/13 20:33】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    秋から冬へ
    10月も終わりですねえ
    毎度、時の経つのは早いなどと言っておりますが
    ついこの間、暑い暑いと言っていたのに。。。

    今年の紅葉は色づきがいいようです。

    わが社の、駐車場にある2本のケヤキ(?)も
    ちょうどいい色に染まっています。
    3階の食堂から眺める景色は、毎年感動しています。

    群馬って、皆さん、どこ?って言う人が多いと思いますが
    案外いいところなんですよ。

    ご案内しますから
    この近辺にお寄りの節は是非ご一報くださいませ。

    【2007/10/31 20:36】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
    久々の邦画
    今日『像の背中』という、邦画を見てきました。
    TVドラマにしても映画にしても
    2時間も釘付けにされるのは時間がもったいなくて
    普段あまり見ることはありません。

    今日は、男が泣ける映画があると誘われました。
    それでなくても涙腺が弱くなっていますから
    その手の映画は、家で一人で見るのが一番です。

    案の定、ぼろぼろでしたね。
    特に岸部一徳との兄弟のやり取りは、
    嗚咽をこらえるのに必死でした。

    相棒に教えられましたよ
    こういう映画を見る時は
    マスクをしてみるんだと!!!

    終わった頃には、マスクが鼻水でぐしょぐしょでした。
    【2007/10/27 21:41】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    拓郎ツアー2007全公演中止!!!
    なんということでしょう!!!

    『慢性気管支炎』に『胸膜炎』を併発のため約3ヶ月の加療を要するとのことで
    振り替えも含め最終公演まですべて中止です!

    これは夢ではありません。
    現実です。

    ショックです。
    放心状態です。

    【2007/10/22 18:24】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(7) |
    告知:岡崎倫典アコースティックライブin高崎
    岡崎倫典さんのライブが、高崎で行われます。

    場所:Live&Restaurant De Foret(デュフォレ)
       群馬県高崎市宮元町109 TEL.027-328-0878
    日時:9月24日、開場17:00~開演18:00~
    料金:3500円(ワンドリンク付)


    倫典ライブ

    【岡崎倫典】
    ・1954年、広島市生まれ。 袋町小学校、修道中・高校卒。
    1669年広島フォーク村入門。立教大学在学中よりプロ活動を始める。
    ・杉田 二郎、鈴木 康博、森山 良子、谷山 浩子、尾崎 豊、
     沢田 聖子、ふきのとう、沢田 知可子などのレコーディングや
     コンサート・ツアーに参加。
    ・1990年、自主製作でギター・インスト・アルバム「ベイサイド・
     リゾート」をリリース。
    ・その後、ポニーキャニオンよりアルバム7枚がリリースされている。

    ・現在、日本TV系「遠きへ行きたい」の音楽担当。手掛けている。
    ・東京で「アコースティック・ギター・セミナー」を主宰。
     ギター雑誌への寄稿も数多い。
    ・ギター・インストゥルメンタルの世界をより多くの人に伝えるべく、
     全国でライヴ・コンサートを展開中。

    ■アルバム (ポニーキャニオン)
    '94「夢で逢いましょう」「Bayside Resort」「Bayside Resort」「marble」「marble」
    '94「Bayside Resort」
    '94「若者のすべて」
    '95「marble」
    '95「Acoustic Eve ~The Songs For Couples~」

    【2007/09/18 22:51】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    今日までそして明日から~By中村あゆみ~
    nakamura

    先日、群馬アリーナで行われた
    『サマーフォークジャンボリーin GUNMA』は
    今年で、3回目となり、今後定着しそうな感じです。

    司会も、杉田二郎がメインで、なかなか味のある進行振りでした。

    今回、出演者で異色だったのが『中村あゆみ』でしたね。
    最初、イベンターから名前を聞いた時は
    ジャンルが違うんじゃないの!と思いました。

    『中村あゆみ』の存在は皆さん同様
    『翼の折れたエンジェル』で知り
    独特のしゃがれた声は、ロックだなーと思いましたね。

    85年4月からのNHK教育TVで放送された
    『ベストサウンド』は毎週欠かさず見てました。

    その後、ロックミュージシャンとして
    不動の地位を築いたようですが
    90年代に入ってからはヒット曲に恵まれず
    私も、フォークのほうばかり見ていましたから
    とんとご無沙汰でしたね。

    そんなわけで、久々に見た、あゆみさんは
    見間違うほど、垢抜けて眩しいほど綺麗になっていました。

    今回は、アコースティックバージョンで
    『翼の・・・』~『グレープフルーツムーン』の4曲
    そして最後に、フォークでどうしても歌いたい歌がある
    と言って、高節を呼びました。

    なんと、その唄は
    拓郎の『今日までそして明日から』 だったのです。
    高節のハーモニカ&ギターをバックに
    滅多に聞けない、いや二度と聞けない
    中村あゆみの『今日までそして明日から』!!!

    歌い始めて、しばらくして
    どうも歌い方がおかしいと思ったら
    彼女泣きながら歌っていたのです。

    あとで、高節がもらしたのですが
    彼女は、DVが原因で夫と離婚したらしいんですね。
    おそらく、その辺の苦労を思い出して泣けてきたのでしょう。

    それでなくても
    最近凄くこの歌が自分の人生とオーバーラップしてきて
    しみじみとしている時だったので
    中村あゆみの涙には、すっかりもらい泣きでした。

    このコンサートのおかげで、
    中村あゆみの株が大分上がったのではないでしょうか。
    私も応援したい気持ちになりましたね。


    【2007/07/19 21:58】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |
    青春のやり直しってできる?
    「つま恋2006」は、青春の総決算、
    集大成と拓郎が言ってましたよね。


    Forever Young Concert in つま恋
    テイチクエンタテインメント [アーティスト] かぐや姫 吉田拓郎, [アーティスト] 吉田拓郎BAND
    ASIN:B000JGEX8A /260分/DVD
    発売日:2006-12-20
    ランキング&評価:---位 4.0
    価格:¥ 11,520 [10%off] [2007-06-14 Amache]

    皆さんはどうでしたか?

    青春をやり直したいという気持ちは誰しも
    多かれ少なかれ、持っていると思います。

    現実的には、ほとんど無理な話かと思いますけど

    よしだたくろう 青春の詩(紙ジャケット仕様)
    フォーライフミュージックエンタテインメント [アーティスト] 吉田拓郎
    ASIN:B000EAV8JS /CD
    発売日:2006-04-05
    ランキング&評価:---位 3.5
    価格:¥ 2,185 [5%off] [2007-06-14 Amache]


    肉体的にまず不可能ですからね

    昨日も運転席から後部座席の思い荷物を持ち上げようとして
    横腹に激痛が走りました
    あばらがどうかしたかと思いましたよ
    幸い普段使ってない筋肉を動かしたための
    激痛だったようで、翌日は、痛みは感じませんでした。

    そうなると、やはり、精神的にどうかということになりますね。
    これも難しい問題なのですが

    要は「情熱」の灯火をいつまで灯しつづけられるか
    と言う事だと思います。

    情熱の衰え=青春衰え

    だと思います。

    例えば、私の場合
    70年代にフォークに夢中になり青春を過ごしました。

    会社に入ってからは、そんな灯は消えたかと思っていたら
    20年も経ってから、また火がつき始めました。

    20年間心の隅でずっと燻っていたんですね。

    そんなことで、最近は「フォークソング」と言う形で
    青春をやり直そうとしています。

    「フォーク村」を結成したのも
    自分のような人間がきっと他にもたくさんいると確信したからです。

    このことはライフワーク=生きがいでもあります。

    DREAM PRICE 1000 森田公一とトップ・ギャラン 青春時代
    Sony Music Direct [アーティスト] 森田公一とトップギャラン
    ASIN:B00005NYOI /CD
    発売日:2001-10-11
    ランキング&評価:---位
    価格:¥ 1,050 [2007-06-14 Amache]

    さて、青春と言えば、やっぱり「恋」でしょう。
    青春時代は、いろんな女の子を好きになった
    そして片っ端からふられた。

    でもあの甘酸っぱい、胸を締め付けられるような
    あの青春の思いは素晴らしかった。

    もう一度味わえるなら、味わって見たいもんです。

    しかし「老いらくの恋」は失うと、
    二度と立ち直れないそうです。

    この年になると防御本能が自動的に働いてね
    女性と仲良くなっても
    悲しいかな、若いときみたいに
    溺れるようなことはまずありません。
    自分をそのようにコントロールしてしまうのです。

    大人になるってつまんないですね。
    昔は、早く大人になりたいと思っていましたが
    いざ、なってみると
    昔のようなトキメキ感はありません。

    「みんな丸くなってよかったね!」かどうか
    君はどう考える?


    【2007/06/14 21:25】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |
    宝くじは買わない~by RCサクセション
    夢助
    ユニバーサルJ [アーティスト] 忌野清志郎
    ASIN:B000HOJE1U /CD
    発売日:2006-10-04
    ランキング&評価:---位 5.0
    価格:¥ 2,944 [5%off] [2007-06-12 Amache]


    皆さんドリームジャンボはいかがでしたか
    今日人生が変わった人が、また生まれたのですね。

    私は、先日新宿へ行ったついでに
    連番バラそれぞれ10枚買いました。

    結果ですか
    当たりましたよ!!!3000円(プラス300円2枚)

    これで2回目ですね。
    細かいのばっかり (^_^;)

    takara

    今年はね、3月にサプライズがあり
    30年分くらいの「運」を使い切ってしまったのです。

    だから、3000円でも良しとしなくちゃね V(^0^)

    ところで、忌野清志郎はその後どうなんでしょうか
    元気になったら、ライブに行ってみたいですね。

    この「夢助」ってアルバムなかなかいいですよ。
    お勧めです。
    【2007/06/12 18:28】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |
    話題のシンガー2組ご紹介
    皆さんはもうご存知かもしれませんが
    最近私が知った、話題のシンガーをご紹介します。

    まずは
    40歳のリストラ歌手『馬場俊英』

    人生という名の列車
    フォーライフミュージックエンタテインメント [アーティスト] 馬場俊英
    ASIN:B000EMGHRY /CD
    発売日:2006-04-12
    ランキング&評価:---位 5.0
    価格:¥ 3,059 [2007-06-03 Amache]
    5 - 四十路のリストラ歌手
    4 - まっすぐ生きて いいじゃないか
    5 - 9分で人生をふり返り共感させてくれる。30代後半の男性にオススメのアルバム!
    5 - 最高傑作
    5 - 30代からの音楽


    baba

    日本テレビ系『Theサンデー』で、徳光が大絶賛
    また、コブクロが彼の曲をカバーしたりで
    現在ブレイク中だそうです。
    詳しくは
    ・フォーライフミュージックエンタテイメント公式ページ
    ・馬場俊英公式ブログでんごんさんいらっしゃい

    友人に「拓郎の再来だ!」と勧められ、アルバムを聞いて見ました。

    正直な、私の感想、、、またブーイングを受けそうですが

    まず、拓郎とは全く似ていません。
    佐野元春とコブクロを足して2で割ったような印象です。
    エールを送りたい気持ちはありますが
    特に興味は引きませんでした。
    元気をくれる曲が多いようです。
    とにかく、ブレイク中ということですので
    一度は聞いてみる価値はあるでしょう。

    さて次です。
    中年デュオ『藤岡藤巻』

    hujioka

    昨年夏にデビューした、50代半ばの男性デュオ!
    なんだそれはと、突込みを受けそうですが
    もと「まりちゃんズ」と言えば記憶にある人もいらっしゃるでしょう

    74年にデビュー『ブスにもブスの生き方がある』を出し
    そこそこ話題にはなりましたが、すぐに放送禁止となってしまいました。

    94年にラジオ深夜番組『赤坂泰彦のミリオンナイツ』で、DJの赤坂氏が”敬老の日”に『尾崎家の祖母』(おざきんちのばばあ)を流したところ、大反響?があり、まりちゃんズを再結成、04年に正式に『藤岡藤巻』で再デビュー、詳しくは下記
    ・藤岡藤巻のおやじエンタテイメント

    早速5曲収録のアルバム『よろけた拍子に立ち上がれ!』を購入
    腹を抱えて笑いました。中高年の自虐的ソングです。
    例えれば、サラリーマン川柳とか、綾小路君麻呂のフォーク版といったところでしょうか。
    中高年男性にお勧め!女性は聞かないほうがいいと思います。

    よろけた拍子に立ち上がれ!
    よろけた拍子に立ち上がれ!
    藤岡藤巻

    【2007/06/03 14:52】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |
    まだ間に合うかもしれない!2007年拓郎ツアー予約
    読売新聞のプレミアムサービスで
    ヨリモというイベントの取り扱い窓口?があります。
    今日の新聞を見た方は、お分かりかと思いますが
    拓郎の「Life a Voyage Tour2007」の受付が始まりました。
     
    先行予約で外れた方、是非応募してみてはいかが?

    takurou 2007


    【2007/05/29 21:29】 フォークソング | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。